電子投票システム-2


公職選挙法を改正して、電子投票による不在者投票を可能とする法案が2003年6月4日に、参院本会議で可決、成立しましたが、電子投票トラブルを理由に住民グループらが選挙の無効を求めて異議申出があり、ACMも2004年9月27日にリスクについてクレームをつけました。

>> さらに詳細な情報はこちら


世界で最古のコンピュータ科学者専門家連合ACMが2004年9月27日に公開した電子投票システムへのコメント
ACMが2004年9月27日に公開したリリース
New Scientistが2004年10月13日に公開した、州によっ て違う投票技術とトラブル
GAOが2004年10月15日に公開した、過去の選挙に関連する投票の不規則を調査した米国司法省のレポート
Annenberg's Lear Centerとthe NewsLab at the University of Wisconsin, Madisonが公開した、2004年11月の米国大統領選におけるニュースの影響について調査結果レポート
上院議員のJohn McCainの地方放送法見直しとその反応
Norman Lear Centerが公開した「A study of local news during the last election」
総務省が2005年5月27日に公表した、「電子投票の手引き」
厚生労働省が2005年7月5日に公開したと畜場法施行規則の一部改正について
厚生労働省が2005年7月5日に公開した牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則の対象を1ヶ月以上に改正した情報
イギリスの漫画雑誌Punchに登場した政治家を風刺するMad Bull
厚生労働省が2005年9月13日に公開した「牛海綿状脳症対策基本計画の変更案」
Estonian National Electoral Committeeが公開した電子投票資料
GAOが2006年4月7日に公開した、不在者投票システムの改善に向けたレポート
アイルランド政府が公開した「Commission on Electronic Voting released its second report」
プリンストン大学が2006年9月13日に公開したリリース
プリンストン大学が2006年9月13日に公開した電子投票マシン「AccuVote-TS」3万3000台についての研究報告レポート
GAOが2007年3月7日に公開した、電子投票システムに技術的な問題があり、修正する必要があると報告したレポート
「THE LITHUANIAN CONCEPT OF VOTING VIA INTERNET FOR ELECTIONS AND REFERENDA」
イギリス選挙監視団体Electoral Commissionが公開したガイダンス
イギリスのORG(Open Rights Group)による2007年5月の電子投票レポート
the Student PIRGの「新投票プロジェクトと効果(New Voters Project and Working Assets)」
ネプロジャパンとネプロアイティが2007年10月26日に公表した「携帯電話とネット投票」のアンケート結果