イエロー・ジャーナリズム

yellow journalism


英語で「yellow」とは、陰湿な、嫉妬深い、疑い深い、臆病な、卑怯なという意味もあり、新聞などで使われる場合は、利益優先型の大企業のようになり、センセーショナリズムで読者獲得競争を繰り広げ、一般大衆が喜びそうな、俗っぽい煽情的な記事で読者を引きつける場合に利用されることから、醜聞や猟奇事件、スキャンダラスで俗っぽい、誇大に書き立て不正確な扇情主義の野次っぽいジャーナリズムのことです。

>> さらに詳細な情報はこちら