イギリスの新聞Sunにおける「30年の法則」


Claire Cozensが2004年1月12日に「The Guardian」で、イギリスの新聞Sunの30年前である1974年と、2004年、そして30年後を予測し、コラムで発表した30年周期でくる隆盛の俗称。詳細情報はURL(http://media.guardian.co.uk/print/0,3858,4833196-105414,00.html)で知ることができる。
ADVANCED INTERACTIVE MEDIA GROUPは2004年1月に、デジタル化された新聞と、その他の出版に関する調査研究レポート「Digital Newspapers: What, how and why」の全文をPDFで公開した。詳細情報はURL(http://www.aimgroup.com/FileGallery_Redirect.asp?UID=18257&FileID=1&FileName=1.pdf)で知ることができる。
Editor&Publisherは2004年3月5日に、ノースウエスト大学(Northwestrn University)のMedia Management Center Readership Instituteの新聞読者数調査結果からRBS(reader behavior scores)は2002年が3.24であったのに対し、2003年には3.56と増加しているが、若者の新聞離れが目立ちはじめていると報告した。詳細情報はURL(http://www.editorandpublisher.com/eandp/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1000454563)で知ることができる。
また、Readership Instituteの調査「Readership Behavior Scores, local daily newspapers 2003」はURL(http://www.readership.org/consumers/rbs/data/rbs_2003.pdf)でPDFがダウンロードできる。さらに、URL(http://www.readership.org/)には多くの新聞に関する調査レポートを読むことができる。ブログのオピニオンとして知られるRob EnderleはThechology Newsで2004年3月15日に、スーパー・ブロガーと未来のビッグ・メディについて語った「Superbloggers and the Future of Big Media」を公開した。詳細情報はURL(http://www.technewsworld.com/perl/story/33125.html)で知ることができる。
確かに、新聞の形態はどんどん衰退し、変化を求められ、いずれ「百科事典」がwebで死んだように、「新聞の死(The Death of the Newspaper)」を迎えることが明確になりつつあり、そのニュースの取材ノウハウを現代の技術に生かすことでビッグ・メディアになる可能性を含んでいるが、どんどん変化する技術と環境に何処まで対応できるか?さらに資産を持っている現在のオールド・メディアをどのように取り込むかなど、課題は山積であり、一瞬で取り残される可能性もある。また、現在のスーパー・ブロガーは周囲のブログを利用したリンクで成り立っている部分が大きいことから、そこへの配慮が今後の発展に大きく影響することだろう。
EJC Media Newsは2004年4月7日に、オランダのExpaticaが2004年4月6日にオランダのポピュラーなメディアとして39%がテレビ、37%がラジオ、17%がインターネットで、新聞の9%、雑誌の4%をインターネットが抜いたと調査結果を報告したと伝えた。詳細情報はURL(http://www.expatica.com/source/site_article.asp?subchannel_id=1&story_id=6382)または、URL(http://www.ejc.nl/mn/showresultnews.asp?RecordID=11006)で知ることができる。
イギリスの大衆新聞「The Sun」は2004年7月22日に、Napster UKと提携して5万ポンド 相当の音楽関連賞品が当たる懸賞を紙上で発表し、1000万人にのぼる読者に対し、土曜版に掲載されたコードを入力することで、Napster サイトにある75万曲の中から好きな音楽をダウンロードできるサービスを2004年7月24日から8回にわたって開始した。詳細情報はURL(http://www.thesun.co.uk/article/0,,2004341274,00.html)で知ることができる。
イギリスの大衆新聞「The Sun」ではSun Online Shopで、バイクやMP3プレイヤー、旅行代理店、庭道具、健康道具、Tシャツから下着、おもちゃなどあらゆるモノを通販で販売を開始している。新聞はあらゆる情報を提供していることから、日本でも広告だけではなく、オンライン・ショップの入り口としての代行業や直販ショップは十分ビジネスになる。今まで新聞社や出版社が、このような情報内容と商品販売を連携した徹底的にビジネス展開してこなかったことの方が不思議といえる。Sun Online Shopでは「iPod」も販売している。詳細情報はURL(http://www.edirectory.co.uk/thesun/pages/index.asp?cid=1214&afid=91214)で知ることができる。
ドイツのBDZV(Bundesverband Deutscher Zeitungsverleger/ドイツ新聞社連合)は2004年9月1日に、新聞を読む365の理由をリスト化し、公開した。365の理由をリストには、「14歳以上のドイツ人の75%は頻繁に新聞を読む。」「2003年に新聞は4,450億Euroの広告収入を得た」「政治家の読書習慣としてドイツの政治家の90%が地方紙を読んでいる。」などの記事が掲載されている。詳細情報はURL(http://www.bdzv.de/365/argumente.htm)で知ることができる。
Press Gazette/ The Heraldは2004年9月2日に、イギリス新聞Telegraph newspapersのボスでメディア男爵(media baron)と呼ばれるConrad Blackが2005年1月に会社と共謀して数億Euroの金をだまし取ろうとしていると、イギリス新聞界のスキャンダルとして報道した。詳細情報はURL(http://www.pressgazette.co.uk/News.aspx?Action=View&ID=48354)で知ることができる。
イギリスのTimes Onlineのビジネス情報として2004年9月3日に、全国紙が衰退している中で、Audit Bureau of Circulationsがこの6ヶ月の統計結果を公表し、地方の週刊誌や小規模夕刊紙の80%が売り上げを伸ばしていると報告した。成功の理由についてそれらのエディターは、徹底した地方情報の提供が興味を持たれたと分析している。詳細情報はURL(http://business.timesonline.co.uk/article/0,,9071-1244298,00.html)または、URL(http://www.abce.org.uk/cgi-bin/gen5?runprog=abce/abce&noc=y)で知ることができる。
ドイツのNewsroom.deは2004年9月3日に、ドイツの全国版新聞「Welt(世界)」がタブロイド判新聞を発行し、急激に売り上げを伸ばしたことから、ケルンでは2004年10月6日にタブロイド新聞が発行され、続いてミュンヘンでもタブロイド判が発行される予定で、出版社のAxel Springerもベルリンとフランクフルトでタブロイド判の発行実験を開始していると報告した。詳細情報はURL(http://www.newsroom.de/news/display/index.cfm?id=256259)で知ることができる。
フランクフルトにはFrankfurter Allgemeine(フランクフルト一般新聞)、ミュンヘンにはSued Deutche Zeitung(南ドイツ新聞)という、ドイツの2大新聞があり、この2社がタブロイド判を出すことのであれば、ドイツの新聞はタブロイド判が中心になりそうです。ちなみに1800年代に発行が開始されたイギリスのLondon Illustrated NewsやドイツのIllustrirte Zeitungもタブロイド判で、それ以前に出版された新聞Neue Zeitungenなどは文庫本サイズでした。大きな新聞である必要性が現代社会で求められなくなってきているのかもしれない。
インターネットの登場で経営的に苦しい立場になった新聞で、WAN(World Association of Newspapers)は2004年10月21日に、成功した新聞コンテンツ事例を紹介した報告書「shaping the Future of the Newspaper」を750Eurosで発売した。詳細情報はURL(http://www.wan-press.org/article5585.html)で知ることができる。
イギリスの新聞the TIMESは2004年10月29日に3月から9月までの新聞販売実績を公開し、編集長Robert Thomsonが「216年の歴史で重要な革命の瞬間を向かえた(This is a significant moment in the 216-year history of The Times.)」と前置きして、2004年11月1日からタブロイド版になることを宣言した。ただし、日曜版のThe Sunday Timesはそのまま継続される。詳細情報はURL(http://www.perssupport.anp.nl/cgi-bin/perssupport/poc_anp.cgi?2004110129_EO9.4V.DVD.out35)で知ることができる。
Newsroomは2004年10月30日に、ドイツのメディア学教授ミヒャエル・ハラー(Michael Haller)がライプツィッヒで80人の新聞社の編集長やメディア科学研究者が集まった会議で、ドイツの新聞がテレビ、ラジオやインターネットと競争し続けた場合、いずれ崩壊すると予測した。つまり、テレビ、ラジオやインターネットで知った情報を毎朝新聞で確認する作業は、情報量が肥大化し、いずれその作業が不可能になり、新聞は読まれなくなると、死刑宣言ともとれる意見を発表した。詳細情報はURL(http://www.newsroom.de/news/display/index.cfm?pid=$CQHTGQGOKQFJ)で知ることができる。
International Herald Tribuneは2004年11月29日に、フランスの新聞Le Mondeの編集長として世界的に知られるEdwy Plenelが辞職したと報告した。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2004/11/29/news/paris.html)で知ることができる。
Washingtonpostは2004年12月2日に、2004年12月末で印刷されたLos Angeles Timesの国内版を中止すると報告した。Los Angeles Timesはすでにシカゴが本拠のTribune社に買収され、Los Angeles Timesの全国版はボルチモアで印刷され、ワシントンとニューヨークで発行されている。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A30277-2004Dec2.html)で知ることができる。
International Herald Tribuneは2004年12月13日に、Le Mondeの新しい編集長に55歳のGerard Courtoisが就任したと報告した。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2004/12/13/business/france.html)で知ることができる。
Media Week2005年3月3日に、イギリスの全国紙の最近の2005年2月売り上げ高を公開し、注目されるのはタブロイド判の市場、とデーリー・ミラーが急激に減少し、イギリスの日刊タブロイド判の市場は2004年2月に総合的な市場不振で-5.6%で、12カ月前の670万部と比べて、633万部に減少している。それに比べ、フリーペーパーのMetro (UK-wide)は1,006,568部で、12.68%上昇していると報告した。詳細情報はURL(http://www.mediaweek.co.uk/articles/folder2005/Mar03/natpressABCs-feb05)で知ることができる。
米国新聞協会NAA(Newspaper Association of America)と Audit Bureau of Circulation Fas-Faxは2005年5月2日に、新聞が4,831万1,581から4,737万4,033へと1.9%減少したと報告した。新聞の購読率1.9%減少はたいしたことはないように受けるが、現実は厳しく、全米の新聞814紙の中で2005年3月31日までに前年比を確保したのはたったの29%だけで、もっとも大きな変化を見せたのが643紙の日曜版で、5,239万8,158から5,107万3,104へと2.5%減少したと報告している。詳細情報はURL(http://www.naa.org/utilartpage.cfm?TID=NR&AID=6941)で知ることができる。
Editor&Publisherは2005年5月31日に、ニュース編集室(Newsroom)の多様性に関するレポートから、このところ新聞が打ち出しているアイディアは1990年代のアイディアで、新聞のピークはすでに5〜10年前に過ぎていたというレポート「Newsroom Diversity: Was It Just a 1990s Ideal? - Are daily newspapers over diversity?」を紹介した。
レポートは、より大きい新聞の中で現象を例証するのにボルチモアの新聞SUNを使用し、 2000年の米国国勢調査によると、少数がトリビューン社の新聞の流通領域で人々の33.9%を占め、レポートには「新聞SUNのニュース編集室では、ジャーナリストの雇用が1991年に監修者、レポーター、原稿整理編集者、および写真家の19.6%でピークに達した。」と書かれ、その割合が翌年に14.2%落下し、1996年までに18.0%までになり、「さらに低下は続き、2005年ではスタッフの15.9%で決着し、漂流した」と述べている。詳細情報はURL(http://www.editorandpublisher.com/eandp/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1000939249)で知ることができる。
米国のCenter for Media Researchは2005年8月2日に、IFPP(The International Federation of the Periodical Press)が公開した、雑誌・新聞とWebサイトに関する調査報告書「Routes success for Consumer magazine websites」を紹介し、84%のWebサイトが新しいオンライン視聴者をつくることによって印刷物ベースに目を向けさせ、出版物の販売を拡大させたいと報告した。詳細情報はURL(http://www.fipp.com/assets/downloads/ConsumerMagWeb.pdf)で知ることができる。
BurrellesLuceは2005年11月11日に、米国で発行されている日刊新聞トップ100の2005年度版「Top 100 Daily Newspapers (U.S.) 2005」を公開した。詳細情報はURL(http://www.burrellesluce.com/top100/2005_Top_100List.pdf)で知ることができる。New York TimesのRichard Silkosは、この100年間で米国の新聞界で起こっているとてつもない変化の歴史を紹介し、米国の新聞界を作り上げた2大巨塔の近未来を紹介した。20世紀の前半に発行した、ロサンゼルスタイムズ(Los Angeles Times)のハリー・チャノドラー(Harry Chandler)と、シカゴトリビューン(The Chicago Tribune)のコーネル・ロバートR.マコーミック(Colonel Robert R. McCormick)は新聞界の巨塔であった。
そして、多くの新聞要人のように、2人はともに、彼らが造った新聞とそれらを擁護し、保護するために信用を生み出した。2人の時代で彼らの財産と影響を広げていった。しかし、彼らが死去した何10年間も後に、チャノドラーとマコーミックの遺産はトリビューン会社(Tribune Company)の委員会であからさまに対比され、今日、タイムズとトリビューンを含む11の日刊新聞を発行して、26のテレビ局を所有している巨大メディアになった。
約100年前には切磋琢磨した新聞は、トリビューン会社(Tribune Company)に統括され、論争で危機にひんするのは、お金だけではなく、ことによると会社の方向をコントロールことにもなる。米国の新聞界は、10年後にどうなっているのか。どこが残り、どこが消え、すでに多くの大手新聞社は先が見え始めました。そして、日本の新聞界も---もうすぐ結論が出されることになる。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2006/06/14/business/media/14tribune.html)で知ることができる。Local Moguls Express Interest in Buying L.A. TimesはURL(http://www.latimes.com/business/printedition/la-fi-tribune14jun14,1,6476891.story?coll=la-headlines-pe-business)また、ロサンゼルスタイムズ(Los Angeles Times)の歴史はURL(http://www.latimes.com/news/printedition/la-me-power26mar26,1,357834.story?page=1&ctrack=1&cset=true)また、McCormick Tribune FoundationはURL(http://www.mccormicktribune.org/mtf/mtfinfo.htm)で知ることができる。
イギリスのMedia Guardianは2007年10月22日に、新聞The Sunがイギリスで最初に「.mobi」ドメインを取得し、携帯電話ユーザー向けにサービスを開始したと報告した。新しいサイトでは、新聞The Sunのウェブページ簡易型バージョンがあり、読者が携帯電話かモバイル機器でアクセスが可能になっている。このサービスは、サラリーマンなどが通勤時にパソコン操作ができないことから、携帯電話でアクセスを可能にしたと報告している。
例えば、Wednesday 24 Octoberとして、
「News」--Kids orphaned by the ocean
「Bizarre」--Cate's regal on the red carpet
「Sun Woman」--Our plan to stop killer stalkers
「Mystic Meg」--Daily Horoscopes(占い)
「Page 3」--Today's Page 3では着メロなどがダウンロードできるようになっている。
などが公開されている。新聞The SunののオーナーAndrew Bagguleyはどんなに少なく見積もっても毎月モバイルニュースと情報サービスには800万人が以上の消費者がイギリスにいて、The Sunはブランドをモバイルスペースに広げ、新しい聴衆に届け、有利なスタートができることを切望していると言っている。
「.mobi」ドメイン名の版権を管理する会社dotMobiの主要なマーケティング役員デヴィッド・ライダー(David Ryder)は、「彼らがたまたまバスに乗ってどこかへいくときでも、Thesun.mobiへのアクセスすれば、情報を読者に与えます。ビーチ、サッカーの試合会場、The Sunはいつも彼らのポケットにある携帯電話にあります」と言った。詳細情報はURL(http://media.guardian.co.uk/presspublishing/story/0,,2196788,00.html?gusrc=rss&feed=4)または、URL(http://mtld.mobi/node/845)で知ることができる。
NNN(Newspaper National Network)が2007年6月18日に、最新の新聞読者調査レポート「New Study Finds Significant Crossover in Newspaper Readership and Usage of Newspaper Websites」を公開し、新聞ウェブサイトを頻繁に利用する読者が、印刷版新聞の読者としてもっとも大きなセグメントを占めていたと報告したことから明らかにした。詳細情報はURL(http://www.nnnlp.com/PDFsForDownload/NNNPrint_061817.pdf)または、URL(http://www.mediainfo.com/eandp/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1003600101)で知ることができる。また、「2007 NNN Integrated Newspaper Footprint Study」はURL(http://www.nnnlp.com/PDFsForDownload/Study_NNN_Footprint_6-18-07.pdf)にある。
Nielsen/NetRatingsによって提供されたデータを引用してNAA(Newspaper Association of America)が2007年10月31日に公開した「Newspaper Footprint: Total Audience in Print and Online」で、1年前の四半期の間で訪問した数5690万と比較して、2007年第3四半期には、すべての活発なインターネットユーザーの37.1% にあたる5900万人以上が新聞のWebサイトを訪問していたと報告している。「Newspaper Footprint: Total Audience in Print and Online」はURL(http://www.naa.org/docs/TrendsandNumbers/NAANewspaperFootprint.pdf)で知ることができる。
ロイターは2007年10月30日に、印刷版新聞広告が低迷してきたと言われたが、米国の新聞Webサイトを訪問する人々の数は2007年第3四半期に3.7%上昇したと報告した。また、インターネット・ユーザーは新聞Webサイトに1カ月あたり平均を約43分費やしたのを示し、それは1年前の同じ期間より4%上昇していた。これは人々が頻繁に訪問をして、すぐに他に移るよりむしろ、それらの広告を含むウェブページで時間を過ごしていることを確実にしたがっている広告主にとって、重要な分析結果であると報告している。その結果は、その傾向が高いTribune Co、Gannett Co Inc、McClatchy Coなどを含んだ新聞社で確認されている。
Scarborough Researchからのデータを編集し、分析したレポートによると、新聞と新聞Webサイトの訪問者は、大人達の77%に達していた。家計所得に従った総新聞購読者層の上昇と、さらに教育を授けた人々がより高い新聞読者である傾向がもレポートには書かれていた。
ここまでは、データに従って分析した結果であり、真実かもしれないが、それはあくまでも傾向であり、問題は、真実を確認する勇気であり、Webサイトの収入の拡大と、新聞販売と印刷版広告の収入減少の縮小による比較した結果であり、そこで出た数字が、そこで働くことができる人の数に反映され、そこから新聞という業界の傾向を見た場合、結果的に新聞業界全体の縮小傾向を隠すことになる。それでは、マスコミの情報操作といわれても仕方がないことで、そこまですべてを公開する必要がある。つまり、新聞のWeb訪問者は増えたが、そこからの収入はまだ、新聞販売と印刷版広告の収入減少をカバーできる状態ではないと言うことになる。そこで、「なぜだ!」と叫んでも、何も解決していない!詳細情報はURL(http://uk.reuters.com/article/technologyNews/idUKN3053797620071030)で知ることができる。