インキュベーター

Incubator


小回りがきき創造性に富む起業家が立ち上げる小ビジネスを支援する投資家団体、またはそれらの投資家が提供する起業家が集まる施設の総称。急速な技術革新と情報化が進む今後の社会では、小回りがきき創造性に富む起業家経済の役割が大きくなると言われていることから、NBIA(National Business Incubation Association/全米事業インキュベーター協会)の調査によれば、すでに米国ではインキュベーターが500以上あり、毎年50程度のインキュベーターが誕生しているという。そのインキュベーターが提供する施設には、7000以上の起業家が小ビジネスを立ち上げ、4600社以上が揺籃期を卒業して独立したビジネスを始めていると言われている。起業家として夢を持った若者が1カ所に集まることで、互いに刺激を求め、協調し、想像できない事業が生まれる空間として、熱気を感じることだろう。詳細情報はNBIAのURL(http://www.nbia.org/)で知ることができる。また、米国気質からか、米国白人だけを優先することもなく、都市中心部の貧しいアフリカ系、ヒスパニック系アメリカ人地域での地域振興インキュベーターや、外国系アントレプレナーを支援するインキュベーターとして有名なIBI(International Business Incubator/インターナショナル・イン キュベーター)なども登場し、日本の若者にもチャンスを与えるためにシリコンバレーでは、スマートバレー・ジャパンが1999年6月10日に、BusinessCafeをオープンした。詳細情報はURL(http://www.svj.or.jp)で知ることができる。日本の場合、通産省のマルチメディア・コンテンツの公募のように、起業家いじめ、ばらまき予算などとも呼ばれ、実際にはNHK関連など、すでに国民に「たかり癖」が付いた団体に予算配分され、本当に求めるべき若いSOHOが参加しにくい政府主導が多くなるのは、国民性だけではないような気もする。大企業よ!自己保護だけでは、自らも滅びることをすでにこの平成不況で感じ取ったのではないのか?純粋培養はなにも生み出さず、破壊への一途であり、新しい情熱が世界を活性化し、潤滑な経済効果を生み、それが企業の底を持ち上げることを忘れたのではないか?頭脳流出が日本をだめにする。その一端を大企業が支援していたのでは、それほど夢を抱くなと強制しているようにも取れる。経済的数字や将来の成果などといったくだらない計算は、もう過去の経営者、政治家として引退する時代がきている。失敗してもいいではないか 、その中からまた新しいエネルギーが誕生し、ほかを活性化することを知るべきである。時代に付いていくのではなく、引っぱり出すエネルギーが求められている。NBIAでは、起業を支援する専門家として、インキュベーション・マネージャーを育成している。ドット・コム企業が全盛だった時代にはインキュベーター企業がもてはやされたが、バブルがはじけた後は投資家が急速に逃げ去り、マーケット環境が大きく変化したことから、2000年10月に新規株式公開(IPO)を計画していたIdea.lab!も株式公開を中止した。また、ニューヨークで開催されている2002 Biennial Exhibitionで、Josh on & Futurefarmersが、コンピュータとインターネットを利用してPepsi、Coca-Cola、Microsoftなど米国主要各企業の周囲にはそれぞれの経営陣が並ぶ。各経営者が持つ書類ケースをクリックすると、Googleなどを使って経歴や寄付など様々な情報を検索できる力関係を表現した「They Rule」という作品を公開した。インターネット上にはシリコンバレーでの成功とサバイバルの民族学について書いた「Success and Survival in Silicon Valley: An Ethnography of Learning Networks」がPDFで公開されている。詳細情報はURL(http://www.sjsu.edu/depts/anthropology/svcp/svcpcepr.pdf)で知ることができる。米国の市場調査会社Insight Research社は2004年4月12日に、「Hispanics and Other Ethnic Markets To Spend One Out of Three Telecom Dollars by 2009, says Insight Research」を発表し、今後5年間のテレコミュニケーション・サービスには、ヒスパニック系の米国人をはじめ、アフリカ系米国人およびアジア系米国人のコミュニティの増加により、US ethic communitiesからの影響が大きく、2009年にはテレコミュニケーション・サービスにUS$2880億の予算の内、US$940億以上が費やされると予測するレポートを発表した。詳細情報はURL(http://www.insight-corp.com/pr/04_07_04.asp)で知ることができる。経済産業省は2005年6月29日に、今後にインキュベーション施設に関する方向性と戦略を発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20050629001/20050629001.html)で知ることができる。

[BusinessCafe情報]
Suite 1000, 111N. Market Street., San Jose, CA 95113
ビジネス・カフェ連絡先:Tel:408-971-7940 Fax:408-971-7941
hoshino@business-cafe.com
スマートバレー・ジャパン:
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-50-11 明星ビル5階
Tel:03-5771-5594 FAX:03-5410-4940
URL(http://www.svj.or.jp)

[全国のビジネス・バレー]
一過性として、「全国・東京のビットバレー」「北海道の札幌バレー・BIZ CAFÉ」「中部地区のセントラルバレー」「関西のbetaバレー」「神戸のビットブリッジ」などもできたが、その後消えた。
●東北のフォレストアレーのURL(http://www.forestalley.org/)
●岐阜のスイートバレーのURL(http://www.sweetvalley.jp/)
●関西のビジネス・バレーのURL(http://www.business-valley.co.jp/)
●関西のbetaバレー
●京都の京<みやこ>バレーのURL(http://www.kyoto-venture.net/miyako/index.htm)
●神戸マルチメディア・インターネット協議会のURL(http://www.kmic.gr.jp/)
●中国・広島の五空のURL(http://www.gocoo-net.com/)
●九州・福岡のD2KのURL(http://www.d2k-net.com/)
●沖縄のノースバレーのURL(http://nvokinawa.net/)


SOHO YOKOHAMA インキュベーションセンターの外観
IBIの地図-1
IBIの地図-2
IBIの地図-3
IBIの地図-4
International Business Incubatorが19997年1月に発行したニュースレター
韓国の企業が入居したことを知らせるSan Jose and Silicon Valley Business Journal
米国の情報通信産業集積地
企業サイトから判断する投資家の眼
どの業種と何処のドット・コム企業が脱落したか
ドット・コム企業が1999年から広告で得た収入
ドット・コム企業の閉鎖の流れ
ドット・コム企業に対する米国の男女の考え方の違い
ヒスパニック系米国人とアフリカ系米国人、その他の米国人の情報比較
米国のヒスパニック系インターネット・ユーザーの流れ
米国のカリフォルニアで1848年に金を発見したJames Marshallの雇い主Johann August Sutter
アフリカの情報会議 Bamako 2002 Conferenceの内容
米国エレクトリックシティ・マーケット動向情報調査報告書2002/05/24
Success and Survival in Silicon Valley
GAOが2003年3月18日に公開したITサービスにおける契約書について
GAOが2003年3月18日に公開した中小企業の契約書
平成15年度事業:起業家育成プログラム等導入促進事業に係る選定結果
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアの金鉱
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアの金採取風景
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアで発見された金の結晶
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア金鉱石
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア金粉
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア石英と金鉱石
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアのWillard Fillmore II
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアのZscharias Taylor I
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアの金が採掘された場所の地図
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたサクラメントにいたインディオ
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたサンフランシスコ沖
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載された金の固まり
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の甲板
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の中で見る米国の地図
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の中で行われた料理
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の昼中の風景
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の朝
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたSolnhosen
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたインディオの供え物
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたナイヤガラの滝
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたナイヤガラの滝遠景
Illustrirte Zeitung1849年3月17日に掲載されたナイヤガラの滝近景
Illustrirte Zeitung1849年3月24日に掲載されたフロリダ沖の嵐で沈没する船
Illustrirte Zeitung1849年12月15日に掲載されたカリフォルニアを取材したFriedrich Gerstacker
Illustrirte Zeitung1849年12月15日に掲載されたカリフォルニア地図
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたサンフランシスコの街
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたサンサクラメントの
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたUS$500の金の固まり
Illustrirte Zeitung1850年8月24日に掲載されたサンフランシスコの大火
Illustrirte Zeitung1851年2月1日に掲載された金分別機
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-1
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-2
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-3
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-4
Illustrirte Zeitung1852年7月24日に掲載された当時のサンフランシスコ全景
Illustrirte Zeitung1852年11月20日に掲載されたニューヨークで開催される工業博覧会計画案
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたニューヨーク工業博覧会場クリスタルパレス
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたサンフランスシスコのDolores湾
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたサンフランスシスコのMission Dolores
Illustrirte Zeitung1853年4月2日に掲載されたニューヨークの地図
Illustrirte Zeitung1853年4月2日に掲載されたニューヨークの鳥瞰図
Illustrirte Zeitung1853年3月26日に掲載されたニューヨークの聖書協会
Illustrirte Zeitung1853年11月5日に掲載されたニューヨークの地下水脈
Illustrirte Zeitung1853年11月5日に掲載されたニューヨークのAmerican Museum
Illustrirte Zeitung1853年8月13日に掲載された世界中で流行りだしたガラスとクリスタルの店
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載されたミュンヘンのカフェ
我が国の今後のBI施策の方向性と戦略について(概要)
我が国の今後のBI施策の方向性と戦略について
1848年1月24日に金鉱を見つけたJames Marshall