インターネット課税

petites taxes>>the Internet Tax

インターネット税制

インターネットの利用者に、財源不足を補うためにインターネット・プロバイダを通じて課税する税金です。

>> さらに詳細な情報はこちら


Topology of a Gnutella
インターネット非課税法の情報サイトのタイトル・ページ
Project Euroのマーク
y2keuroのマーク
EUのホームページ
EUの夢を運ぶこうのとりのGIFアニメーション
EUROが開始されたときに発表されたGIFアニメーション
EUROカード、コイン、紙幣紹介のページ
EURO1ドル・カード
EURO1セント・コイン
EURO2セント・コイン
EURO5セント・コイン
EURO10セント・コイン
EURO20セント・コイン
EURO50セント・コイン
EURO1ドル・コイン
EURO2ドル・コイン
EURO5ドル紙幣
EURO10ドル紙幣
EURO20ドル紙幣
EURO50ドル紙幣
EURO100ドル紙幣
EURO200ドル紙幣
EURO500ドル紙幣
複数言語で表記されたインドの1ルピー紙幣
複数言語で表記されたインドの2ルピー紙幣
EURO紙幣(表)
EURO紙幣(裏)
欧州委員会が開設した独自のインターネットトップレベルドメイン「.eu」
個人ユーザーのインターネット利用目的
米国国民のインターネット利用目的
米国国民で毎日利用している人のインターネット目的
米国国民のインターネット利用者の内訳
米国国民のインターネット内訳別目的
米国国民のインターネット利用率
米国国民のインターネット成長率
米国国民1日のインターネット利用時間
米国国民のインターネット利用者と未使用者の内訳
米国国民のインターネット利用者と未使用者の社会的接触
米国国民のインターネット利用のきっかけ
米国国民の家族と友人のインターネット利用
米国国民の家族間のインターネット利用
米国国民の家族でのインターネット利用環境
米国国民のインターネット利用の場所
米国国民のインターネット利用場所別時間
米国国民の電子メール利用数
米国国民のインターネット利用ベテランと初心者の違い
恋愛電子メールの利用率
日本のインターネット利用者予測
1998年〜2000年の日本人インターネット利用者の伸び
2000年6月7日に発表した付加価値税導入報告書の表紙
1998〜1999年におけるインターネットの経済的重点
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
ドイツのドメイン数の伸び
ドイツの種類別ドメイン数の伸び
ドイツのドメイン数の伸びと、必要な金額
ドイツのホスト数の伸び
ドイツのホスト数の伸びと金額
言語別世界のインターネット・ユーザー
言語別ユーザーの円グラフ
西欧のインターネット状況
意外と多いインターネットを利用しない米国人
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
1998〜2004年のオンラインとダウンロード・ミュージックの売り上げ予測
米国サイトで海外から購入する国々の比率
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
AmExの2000年オンライン購入者の傾向
米国のパソコンユーザーとインターネット環境確保の比率
TeleGeography社の世界の情報通信マップ案内ページ
米国のジャッド・グレッグ(Gregg Judd/R-NH)上院議員
ハーブ・コール(Herb Kohl/D-WI)上院議員
米国の2000年と2001年の第1/4半期パソコン販売比較
米国の電子メール市場動向1
CAIDのインターネットマップCAIDA Skitterのサイト
CAIDのインターネットマップ・ポスター
Ron Wydenの要求
Patrick Leahyの要求
インターネット税自由法(the Internet Tax Freedom Act(P.L.105-277)
インターネット税自由法Section-By-Section Analysis
GAOが2001年11月30日に公開したLeading Commercial Practices for Outsourcing of Services
VAT on e-Commerceのリリース
VAT on e-Commerceで改正される法律案
OECD情報セキュリティガイドライン
2002年8月30日に改正されたElectronic Freedom of Information Act
GAOの新しいマーケットと税金についての資料レポート
米国のコイン・デザイン変更について
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
日本経団連が2003年12月16日に公開した2004年版経営労働政策委員会報告
Net Imperativeが2004年7月に公開したE-tail Report
ブッシュ大統領が2004年12月3日に署名した、インターネット課税を3年間猶予する法案
GAOが2006年1月23日に公開したInternet Access Tax Moratorium
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言
GAOが2007年5月23日に公開した、米国上院商務科学輸送委員会でのJames R. Whiteが行った証言

パソコン消費税免除週間
電子商取引関連のURL
Straight Talk: Internet, Tax and Interstate Commerce
ビル・アンド・キープ
A Framework For GEC
GEC/Legal Issues
GEC/Market Access Issues
マーストリヒト条約
電子商取引ゼロ関税
インターネット非課税法
ビットとアトム
1998年2月26日のクリントン大統領(当時)の演説
ドメイン税
シングル・サインオン
SecureVision
B to C
ECOM国際取引・貿易手続ワーキンググループ
ECOM国際取引・貿易手続ワーキンググループ
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針
大川センター
Internet Bill & Pay Solution
1998年12月31日に発表されたEuroの交換レート
Euro導入ガイド
ECML
NHK放送受信料
偽銀行サイト警報
Napster
Gnutella
CuteMX
Groove
Napster: a review
音声ドメイン
Farsite
OceanStore
分散システム/インターネット運用技術研究会
Carracho
Gnuman
オンライン納税
Media Tracker
New Economy Tax Fairness Act
Virtual Supercomputer
DSL(Design Science License)
インターネットやコンピュータの歴史があるURL
ローテク・ハイコンセプト・テロ-2
cell computing
NIST
EO(Economic Outlook)
EDRC(Economic Development and Research Committee)
CIRR(Commercial Interest Reference Rate)
CL(Concessionality Level)
DAC(Development Assistance Committee)
ECG(Working Party on Export Credits and Credit Guarantees)
EPC(Economic Policy Committee)
G7(Group of Seven)
G8(Group of Eight)
PeerGuardian
EU Transport Research Knowledge Centre
MORANE(Mobile Radio for Railways Networks in Europe)
GSM-R(GSM-Railway)
Simplified Sales and Use Tax Act
日本経済団体連合会
フロリダ代用コミュニケーション法
ILLR(Individual Location Longley-Rice)
This World: One Day of War
E-tail
電子納税
Pharming
インターネット消費税
Wi-Fi税
モバイル・コンテンツ・クリエーターのための4つのプライオリティ定義
無料の無線LANインターネット接続サービスを許可する前に!
コンテンツ・スナック
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
Zune税