インターネット・ゴールドラッシュ

Internet Goldrush


米国のカリフォルニアで1848年に起こった、金に集まる亡者集団騒動のように、1999年に起こったインターネットに群がる金の亡者騒動の俗称。その後バブルははじけ、ネット・バブルやITバブル、IT不況騒動と呼ばれるようになった。1848年に米国のカリフォルニアを流れるアメリカ川の岸に建っている製材所の用水路でホイールを外そうとして、ヨハン・ズッター(Johann August Sutter)に雇われていたJames Marshall(1810〜1885)が1848年1月24日に金を発見し、ドイツのライプチッヒ(Leipzig)で出版されたIllustrirte Zeitungの1848年7月22日号にその情報が掲載され、ジェームズ・ゴードン・ベネット(James Gordon Bennett/1795〜1872)が1835年5月6日から発行していた新聞ニューヨー ク・ヘラルド(NewYork Herald)1848年8月19日号で報道され、その年の年末には金の亡者が危険なロッキー山脈を越え、6000人もカリフォルニアに集まったといわれるゴールドラッシュは、その翌年の1849年が始まりとも呼ばれ、アメリカンフットボール・チーム「49ers」の名称はそこから来ている。ただし、1867年からNewYork Heraldの経営は息子のジェームズ・ゴードン・ベネットJr.(James Gordon Bennett/1841〜1918)に継がれている。一般にジェームズ・ゴードン・ベネットと言えば、息子のことである。Nielsen/NetRatingsは2002年1月24日に、2001年12月のナローバンドとブロードバンドのユーザーが利用するインターネット利用比較を公開した。詳細情報はURL(http://www.netratings.co.jp/press_releases/pr_240102.html)で知ることができる。当時、ドイツ人は金鉱を発見したが、日本人も西部のアリゾナ州で金鉱掘りの仕事をしたが、金も銀も出なかった。ところが良質の水を掘り当て、アリゾナでは砂漠の多い荒地の土地で、水も塩分が入ったりで、中々飲料に適する水が無かったことから、四頭立ての馬車で樽に入れた水を鉱山に配達する仕事を始めて、それが見事に当り、良いビジネスになったという情報が米国からML経由で届いた。この日本人は、米国で一番有名な西部での決闘「OK牧場の決闘」を目撃したただ一人の日本人だということである。Guardian Unlimitedは2003年12月16日に、イギリス政府の通産事務次官(UK Trade and industry secretary)のPatricia Hewittが2003年12月15日に、現在のところ自宅にインターネット環境を構築している人は50%であるが、今後5年間で100%にする計画を発表したと報告した。詳細情報はURL(http://politics.guardian.co.uk/media/story/0,12123,1107904,00.html)で知ることができる。日本政府のIT戦略会議なども、このように具体的な数字目標をあげることが必要といえる。


米国のカリフォルニアで1848年に金を発見したJames Marshallの雇い主Johann August Sutter
1848年当時のニューヨーク
ヨーロッパからの移民を受け付け、後に「自由の女神」が建ったCastle Carder
ジェームズ・ゴードン・ベネット
ジェームズ・ゴードン・ベネットJr.
ジェームズ・ゴードン・ベネットJr.-2
2001年12月のナローバンドとブロードバンドのユーザー比較
ドット・フォースが公開したITの利用度調査報告「Digital Opportunities for ALL」
米国のPIP reportsが公開したブロードバンド革命調査レポート
2000年〜2002年のWebショットダウン
Parks Associatesが2002年8月7日に公開した米国のブロードバンド化予測
米国の専門職におけるITのマネージメント・プログラムの実験報告書
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
GAOが2003年3月18日に公開したITサービスにおける契約書について
GAOが2003年3月18日に公開した中小企業の契約書
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアの金鉱
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアの金採取風景
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアで発見された金の結晶
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア金鉱石
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア金粉
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア石英と金鉱石
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアのWillard Fillmore II
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアのZscharias Taylor I
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアの金が採掘された場所の地図
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたサクラメントにいたインディオ
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたサンフランシスコ沖
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載された金の固まり
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の甲板
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の中で見る米国の地図
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の中で行われた料理
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の昼中の風景
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の朝
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたSolnhosen
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたインディオの供え物
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたナイヤガラの滝
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたナイヤガラの滝遠景
Illustrirte Zeitung1849年3月17日に掲載されたナイヤガラの滝近景
Illustrirte Zeitung1849年3月24日に掲載されたフロリダ沖の嵐で沈没する船
Illustrirte Zeitung1849年12月15日に掲載されたカリフォルニアを取材したFriedrich Gerstacker
Illustrirte Zeitung1849年12月15日に掲載されたカリフォルニア地図
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたサンフランシスコの街
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたサンサクラメントの
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたUS$500の金の固まり
Illustrirte Zeitung1850年8月24日に掲載されたサンフランシスコの大火
Illustrirte Zeitung1851年2月1日に掲載された金分別機
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-1
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-2
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-3
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-4
Illustrirte Zeitung1852年7月24日に掲載された当時のサンフランシスコ全景
Illustrirte Zeitung1852年11月20日に掲載されたニューヨークで開催される工業博覧会計画案
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたニューヨーク工業博覧会場クリスタルパレス
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたサンフランスシスコのDolores湾
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたサンフランスシスコのMission Dolores
Illustrirte Zeitung1853年4月2日に掲載されたニューヨークの地図
Illustrirte Zeitung1853年4月2日に掲載されたニューヨークの鳥瞰図
Illustrirte Zeitung1853年3月26日に掲載されたニューヨークの聖書協会
Illustrirte Zeitung1853年11月5日に掲載されたニューヨークの地下水脈
Illustrirte Zeitung1853年11月5日に掲載されたニューヨークのAmerican Museum
Illustrirte Zeitung1853年8月13日に掲載された世界中で流行りだしたガラスとクリスタルの店
the Great Book of Currier & Ives' Americaに掲載されたNew York-1
the Great Book of Currier & Ives' Americaに掲載されたNew York-2
the Great Book of Currier & Ives' Americaに掲載された1876年に描かれた20世紀の米国技術
the Great Book of Currier & Ives' Americaに掲載されたニューヨーク工業博覧会場クリスタルパレス
1848年1月24日に金鉱を見つけたJames Marshall
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言