インターネット上の情報流通について


郵政省(当時)が、インターネットで実施される情報流通に対する姿勢と対応について平成8年12月に公開した資料の「はじめに」です。

>> さらに詳細な情報はこちら


インターネット上の情報流通について/本文-1
インターネット上の情報流通について/本文-2
インターネット上の情報流通について/本文-3
インターネット上の情報流通について/本文-4
インターネット上の情報流通について/本文-5
インターネット上の情報流通について/本文-6
インターネット上の情報流通ルール
情報流通ルール-1/はじめに
情報流通ルール-2/必要性
情報流通ルール-3/議論の状況
情報流通ルール-4/イギリス
情報流通ルール-5/ドイツ
情報流通ルール-6/フランス
情報流通ルール-7/オーストラリア
情報流通ルール-8/シンガポール
情報流通ルール-9/EU
情報流通ルール-10/OECD
情報流通ルール-11/APEC
情報流通ルール-12/自己責任の原則
情報流通ルール-13/情報発信への対応
情報流通ルール-14/プロバイダーの責任
情報流通ルール-15/発信者情報の開示
情報流通ルール-16/受信者の選択を可能とする技術的手段
情報流通ルール-17/事後的措置
情報流通ルール-18/脚注1〜25
情報流通ルール-19/まとめ
情報流通ルールに関する意見募集(終了)
情報通信サミット
マーストリヒト条約
コンサート
Global One
ワールド・パートナーズ
アトラス
情報インフラ
企業向け国際電話
電子サミット
GROUP OF SEVEN STATEMENT ON ECONOMIC
デンヴァー・サミット7ヵ国声明
Global Information Network Minister Conference Bonn
「ボン宣言」の概要の日本語訳
インターネット国際電話
「ボン宣言」の目次
リンク 猥褻物陳列罪 プロバイダの責任
ネチズン
ネット世話役
ネチズン・ドル
インターネット上のワイセツ画像摘発
ネット・ヘイト
ネチケット
「大阪わいせつリンク」事件について
リンク 猥褻物陳列罪 プロバイダの責任
CDA
OECDの暗号政策ガイドライン
映画Ratingシステム
インターネット風俗画面研究会
クリントン大統領(当時)のワイセツ情報規制策
フィルタリング機能の構築
京都・わいせつ画像データ裁判
日本国憲法とマルチメディア
不健全指定を受けた出版物
インターネットの危機
フューチャーネットワーク
レイティング・データベースの稼働
インターネット上の情報流通ルール
レイティング・データを知るための方法
静岡県インターネットプロバイダー生活安全協議会
スパム・メール
ジャンク電子メール
Eudora
ダイレクト電子メール
CIACの無差別宣伝電子メールの対策
NOICからAOLへの抗議
Denial of Service attack
CIAC
Blue Window
通産省経由のスパム・メール
チェーン・メール
電子メール署名運動
反スパム法
CAUCE
USC法
ネットに必要な10の法案
ebase
データベース保護法案
NetAction
郵政省の迷惑メールの苦情処理機関
Emily Postal's Netiquette Q & A
新聞記事の公共性と著作権
COPA
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針
富山県立近代美術館裁判
オーストラリア1999年放送サービス修正法案
電子メールと著作権法
インターネットやコンピュータの歴史があるURL
迷惑メール防止法案
Creative Commons
seven dirty words
自由利用マーク
EYEマーク
TCPA(Telephone Consumer Protection Act)
CATaC(Cultural Attitudes towards Technology and Communications)
フレーマー
ネット書き込み殺人事件
JUNIOR net