インターネット対応ワープロ


ワープロに通信機能が付いてパソコン通信を可能にした商品は多く登場しているが、それに画像データを呼び出せる機能とブラウザ機能を加え、パソコン通信経由でインターネットに接続できるワープロの総称。東芝は、カラー液晶を搭載したルポJW-V610を1996年4月に発売した。その後、富士通やNECなどからも同様の機能を持ったワープロが販売された。


Pierre Jaquet-DrozとLeschotが1771年に作った文字を書くロボット
Pierre Jaquet-DrozとLeschotが1771年に作ったロボットが書いた文字
タッチおじさんロボット
ソニー・ワンダー・テクノロジー・ラボのロゴ
ソニー・ワンダーの入り口とロボット
ソニー・ワンダーのロボットのGIFアニメ
医療ロボットZeusの操作風景
Nadrian C.Seeman Lab.がDNAで開発したナノ・ロボットoctahedron
Ken Edwardが作ったDNAで開発したナノ・ロボットoctahedronの活躍想像図
ハローキティズのマスコットロボット
1880年に描かれた植字ロボット
Boris Artybasheffが1966年に描いた自動人間
19世紀に作られた自動人形
Poyetが19世紀に考えた万能コンピュータThe Forget-Me-Not Computer
個人ユーザーのインターネット利用目的
米国国民のインターネット利用目的
米国国民で毎日利用している人のインターネット目的
米国国民のインターネット利用者の内訳
米国国民のインターネット内訳別目的
米国国民のインターネット利用率
米国国民のインターネット成長率
米国国民1日のインターネット利用時間
米国国民のインターネット利用者と未使用者の内訳
米国国民のインターネット利用者と未使用者の社会的接触
米国国民のインターネット利用のきっかけ
米国国民の家族と友人のインターネット利用
米国国民の家族間のインターネット利用
米国国民の家族でのインターネット利用環境
米国国民のインターネット利用の場所
米国国民のインターネット利用場所別時間
米国国民の電子メール利用数
米国国民のインターネット利用ベテランと初心者の違い
恋愛電子メールの利用率
日本のインターネット利用者予測
1998年〜2000年の日本人インターネット利用者の伸び
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
産業革命に影響された1890年にLouis Poyetが描いた「発明する頭」
1908年にLouis Poyetが描いた「Dr.Marageの写真と声」
1900年にCaptain Chevalierが作った「電器の標的」
1919年にRaoul Hausmannが作った「時間のスピリット」
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
意外と多いインターネットを利用しない米国人
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言