インターネットの誕生日

International Internet Day


1969年9月2日にコンピュータを使ったネットワークで最初の会話が実現したことから、インターネット上でBathday Cardサービスを提供しているidayでは、1999年10月1日には30年を迎えたInternational Internet Dayと命名されました。

>> さらに詳細な情報はこちら


長崎の出島(1734年)とその周辺地図(1747〜67年)
1810年頃の長崎
1840年頃に来日したオランダ船
Gutenberg最初の印刷物と言われ、Psalterの活字の見本になったMissale speciale-1
Gutenberg最初の印刷物と言われ、Psalterの活字の見本になったMissale speciale-2
UCLAのSteve Crockerからの解説
個人ユーザーのインターネット利用目的
米国国民のインターネット利用目的
米国国民で毎日利用している人のインターネット目的
米国国民のインターネット利用者の内訳
米国国民のインターネット内訳別目的
米国国民のインターネット利用率
米国国民のインターネット成長率
米国国民1日のインターネット利用時間
米国国民のインターネット利用者と未使用者の内訳
米国国民のインターネット利用者と未使用者の社会的接触
米国国民のインターネット利用のきっかけ
米国国民の家族と友人のインターネット利用
米国国民の家族間のインターネット利用
米国国民の家族でのインターネット利用環境
米国国民のインターネット利用の場所
米国国民のインターネット利用場所別時間
米国国民の電子メール利用数
米国国民のインターネット利用ベテランと初心者の違い
恋愛電子メールの利用率
日本のインターネット利用者予測
1998年〜2000年の日本人インターネット利用者の伸び
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
意外と多いインターネットを利用しない米国人
米国のパソコンユーザーとインターネット環境確保の比率
Larry Robertsが描いたARPAnetの概念スケッチ(The Computer Museum History Center)
A Brief History of the InternetのTimeline
グーテンベルグ
世界の最新情報を日本に持ち込んだ角倉船(角倉了次と玄之の表紙より)
歴史的地理であるメソポタミアとエジプトのNOAAデータ
日本最初のホームページ
日本最初のホームページを紹介したページ
CACMの記事用に撮ったWorldWideWebのスクリーンショット
Conteburgo(Gutenberg)とFustoの名前が登場する1491年に印刷されたページ
インターネット・ユーザーの生活に関係する不安調査結果
Johannes Fust
Peter Schoeffer
1999年と2000年の10月、11月、12月のウイルス比較とその種類
米国の14〜17歳の子供が大人向けサイトを訪ねる割合
米国における人種別インターネット犯罪とその種類
Vint Cerf-1
Vint Cerf-2
Vint Cerf-3
Vint Cerf-4
Vint Cerf-5
Vint Cerf-6
Vint Cerf-7
米国のIDカード
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2002
Illustrirte Zeitung1845年10月4日号に掲載されたイギリスのビクトリア王女のグーテンベルグ銅像見学図
グーテンベルグ銅像
グーテンベルグ銅像にある印刷風景のレリーフ-1
グーテンベルグ銅像にある印刷風景のレリーフ-2
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言