インテリジェント・コミュニティー・ビークル・システム

ICVS/Intelligent Community Vehicle System


本田技研工業(ホンダ)が1994年10月にデトロイトで、自家用車や公共交通機関とICVSを組み合せることで、利便性を損なうことなく車による環境への影響の軽減と駐車スペースや渋滞などの交通問題の解消を目的としたコンセプトを発表した、地域の住民や複数の会員がユーザーカードを利用し、超小型EV(Electric Vehicke/電気自動車)を使った地域移動システムの名称。生活圏や限定された地域内で、小型電気自動車や電動アシスト自転車などの低公害車両を会員相互で共同利用する新しい近未来型地域交通システムで、利用者はまず会員登録を行い、ポート端末(専用手続き機)で車両の選択、貸し出し、返却と利用料金の清算などの手続きを行うICVS専用のICカードの発行を受けとり、電動アシスト自転車(ICVS-ラクーン)、1人乗り小型電動車(ICVS-モンパル)、1人乗りハイブリッド車(ICVS-ステップデッキ)、2人乗り小型電気自動車(ICVS-シティパル)の4種類のクルマを目的に応じて利用できるようになる交通渋滞や駐車場不足の解消、大気汚染の緩和などを目指ている。本田技研工業は、インターネットとカーナビゲーションシステムを融合させた会員制の情報サービス「インターナビシステム」を1998年7月10日から開始した。東京都駐車場公社は交通渋滞の解消や違法駐車対策の一環として、 これまで提供してきた駐車場の位置情報を約3,200場に拡充し、2002年3月29日より「s-park」で駐車場の空き情報を提供するようになった。詳細情報はURL(http://www.s-park.jp)で知ることができる。米国のGAOは2003年6月23日に、高速道路のインフラ整備プロジェクトのレポート「Highway Infrastructure: Stakeholders' Views on Time to Conduct Environmental Reviews of Highway Projects. GAO-03-534」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-534)で知ることができる。経済産業省は2003年8月9日に、「次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会」報告書を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004362/)または、URL(http://www.meti.go.jp/report/data/g30808aj.html)で知ることができる。
cellular-newsは2008年11月13日に、ABI Researchからの情報としてM2M (machine-to-machine)コミュニケーションが拡大し、市場での継続的な強い成長が2013年には9,500万増加すると予測したと報告した。
ABI Researchは拡大要因として3つのセグメントを指摘している。
それは、テレマティックス(telematics)、テレメトリー(telemetry)、およびワイヤレス・ローカル・ループ(wireless local loop)をあげ、テレマティックス(telematics)で3900万、テレメトリー(telemetry)で3400万と予測している。
先任アナリストのサム・ルセロ(Sam Lucero)によると「およそ2011年まで、制御アプリケーションを含む広範囲なアプリケーションを包含するスマート計量、POSターミナル、リモート・モニターなどのテレメトリー(telemetry)セグメントの主要な市場で、成長します。」と分析している。
そして、「2011年以降は、テレマティックス(telematics)アプリケーションにおけるスパイクを予想します。」と続けている。
「これらは、現在すでに存在しますが、2011年からは本格的な「OnStar」に向けて北米でのセル接続、ヨーロッパのeCallイニシアチブ(eCall initiative)などの命令で、はるかに強い競合反応が車で起こるでしょう。」と言っている。
実際には自動車メーカーが、OEMテレマティックス・プログラムと共にやって来る。詳細情報はURL(http://www.onstar.com/us_english/jsp/index.jsp)または、URL(http://www.esafetysupport.org/en/ecall_toolbox/faq/)で知ることができる。
「また、フリート・マネージャが燃料コストを削減して、総合的な運営効率を増加させるのにテレマティックスを使用し、ビジネス・テレマティックスは強い成長のためにセットされました。」と報告している。
平均小売価格が2010年から安定かすべきで、べてのエアー・インターフェース規格によって低価格化すると予想されている。
しかし、現在のグローバルな財政的経済の不明確で、否定的にこの市場に影響するか?という質問に対し、
「いくつかの会社が、不安定な経済には直接的な衝撃がある。」とABI Researchに言った。
「私たちの予測が必要であるかどうか評価するために、選択された産業の利害関係者について調査途中である。」とも報告している。
この分野はモトローラが強かったが、その後衰退し、多くの企業に吸い取られていった。
それと同時に、洗練されてきている。
とくにIntel社などが面白いチップを開発している。
この分野でもトヨタが強いように感じていたが、「G-BOOK」以降は発想の軟弱性が表面化している。
現在最悪の米国自動車産業が再生するには、この分野しかないことだろう。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/34630.php?source=newsletter)で知ることができる。


ICVSポート端末
ICVS専用ICカード
ICVS-シティパル再配車・隊列走行
ICVS-シティパル自動充電ターミナル
ICVS-ステップデッキ
ICVS-シティパル
ICVS-ラクーン
ICVS-モンパル
ツインリンクもてぎのICVS展開内容
世界と日本の年平均地上気温の変化(1880〜1998年)
1850年からの大気の変化
米国東海岸の公害状況
経済産業省が2001年7月11日に発表した「低公害車開発普及アクションプラン」
保険会社の英Direct Line社が公開した「Mobole Phone Report」
Preliminary Information on the Timely Completion of Highway Construction Projects
GAOが2002年9月26日に公開した、高速道路と精神的なコンディション実験結果
米国内のハイウェイに対する利便性のバランス(2002年8月16日現在)
GAOが2003年1月23日に公開したハイウェイ管理開発税に関する統計調査報告書
GAOが2003年2月16日に公開した、交通安全管理に関する行動計画レポート
米国のアナリストが発表したハイウェイとその管理の限界性に関する意見
GAOが2003年5月8日に公開したハイウェイ建設管理支援に関する実験レポート
GAOが2003年5月14日に公開した、高速道路の安全確保計画レポート
「次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会」報告書の公表について
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書概要図
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書概要
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書表紙・目次
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書はじめに・第1章
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書第2章
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書第2章参考
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書第3章/第4章
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書参考資料1
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書資料2
次世代低公害車の燃料及び技術の方向性に関する検討会報告書資料3等
GAOが2003年12月3日に公開した米国の高速道路建築キャンペーン資料
米国北東部を走るAmtrakのIntercity乗客安全管理に関するレポート
輸送システムにおけるセキュリティ確保規制広報活動に関するCORRESPONDENCE
OnStarロゴ
OnStar搭載事例
OnStar操作事例
eCall initiativeロゴ

ニュープリートシステム
カーナビ
ITS
知的交通基盤
運転中の携帯電話使用で事故
ICカード乗車券実験
ITS
VICS
ITGS
TICS
CACS
ダイナミック・ルート・ガイダンス
CAMP
小電力ミリ波レーダー
カーナビ・インターネット接続
WAP Forum
交通関連のURL(海外)
交通関連のURL(国内)
ASTRO-NT
SHマイコン
50ドル・ルール
インターナビシステム
モバイルウェブ推進協議会
カーナビ・インターネット接続
インターナビシステム
バーチャル・カー
PHS位置情報利用システム
インターネット自動車
国際ワイヤレス/モバイルソリューション展
手回し充電器
WML
セレクフォン
仮想コミュニティ
定期券キセル防止装置
ハイテク道路
蝦夷電網
EV(Electoric Vehicle)
テレマティックス
24.7
RPID
ICES
in-vehicle
車内情報システム
北海道ミレニアムネットワークHII
SUV
AUTOTAB
LINコンソーシアム
ESM
MPC(Mobile Productivity Center)
MobileAria
車載コンピュータ
eHII
WAPの地獄
MobilEye
交通バリアフリー法
スマートクルーズ21
Car.NET
IPCarシステム
松下センター
特定交通情報提供事業
ITS関連のURL
ドライブレコーダー
Smart airbags
コミュニティメディアシステム
パブリックビジネス
EU Transport Research Knowledge Centre
MORANE(Mobile Radio for Railways Networks in Europe)
GSM-R(GSM-Railway)
EVI(Electronic Vehicle Identification)
NTSB(National Transportation Safety Board)
ストックホルム渋滞税計画
SWIMO
Ford sync Microsoft