インターネット広告/2006年


電通は2006年2月20日に2005年の広告費に関する調査結果を公表し、2005年の日本の総広告費は5兆9,625億円で、前年比1.8%の増加になり、新聞広告費は1兆377億円で前年比98.3%、雑誌広告費は3,945億円で前年比99.4%、ラジオ広告費は1,778億円で前年比99.1%、テレビ広告費は2兆411億円で前年比99.9%で軒並みマイナス成長で、SP広告費は1兆9,819億円で前年比101.3%、衛星メディア関連広告費は489億円で前年比111.7%と低成長であったが、インターネット広告費だけは2,808億円で前年比54.8%の増加になったと報告した。2006年には雑誌広告を抜く勢いである。インターネット総広告費2,808億円のうち、モバイル広告費は288億円、検索連動広告費は590億円であった。詳細情報はURL(http://www.dentsu.co.jp/news/release/2006/pdf/2006009-0220.pdf)で知ることができる。中国情報局は2006年2月24日に中国新聞社が2006年2月23日に伝えた情報から、2005年の中国インターネット広告は前年比77.1%増で31.3億元になり、2001年から7.6倍を記録し、初めて雑誌広告の市場を上回ったと報告した。詳細情報はURL(http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0223&f=it_0223_001.shtml)で知ることができる。PaidContent.orgは2006年3月28日に、MediaPostが主催したOMMA Hollywood conference(OMMAハリウッド会議)で、EVP, Digital Media, ABC Television GroupのAlbert Chengがパネルで基調講演をし、さまざまなことについて話したが、その半分は問題発言でほとんど役に立たなかったが、YahooとGoogleのディストリビュータとしての役割についての話しは、面白かったということでMP3で公開した。そのスピーチでは、「これまでのように広告代理店が中間マージンを抜いてきたことを、YahooとGoogleは許さず、広告市場を細かく断片化し、さいの目状態で広告を販売し、コンテンツに広告主が直接広告を掲載することを可能にしたことで、正しい消費者を対象にした広告を提供できるようになった。」「しかし、ここで大きな問題はビデオ広告を可能にすることで、それができなければ広告主にとって救世主にはなれない。だからこそ、YahooとGoogleはブロードバンド・インターネット接続で、参入を求めている。」「しかし、満足できる環境を得るために投資することは非常に高価であり、それら自身を生産する代わりに、彼らはその環境の借りたがっていて、私たちがそのくだらない問題を抱えてしまった理由です。」「広告で支持されたプログラミングサービスでは、私たちは、中抜きするのを許容しないことを好むでしょう。私たちのコンテンツからの広告主。 私は、エンターテインメント媒体の中で包装された広告主が結局検索を支払うより有能であると信じています。」とスピーチしたと解説している。大手広告主の中間マージンを無くし、広告を細切れにして、将来は、ビデオ広告も配信できるようになるということは、大手広告代理店から反発を受けるか?それともテレビの広告に参入したように、それらも大手広告代理店が管理し、やはり中間マージンをむさぼり続けることができるか?が大きなテーマであるが、非常に面倒なことを大手広告代理店が求められるようになり、大手広告代理店が、インターネット広告に参入しないのは、その面倒さを嫌ってのことであるが、これまでと違って、そろそろ明確でない広告から、広告効果にしたがって広告料を支払う時代が求められ始めるようになる。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/audio/albertabc.mp3)で知ることができる。Center for Media Researchは2006年4月4日に、ANA(Association of National Advertisers/米国広告協会)とForrester Researchが実施し、2006年3月22日に公開した調査報告から、過去2年間で、78%の広告主がTV広告の効果がより低下したと感じ、広告の US$200億以上の価値を表した133人の国家の広告主を対象に実施された調査で、広告主の70%はDVRsとビデオ・オン・デマンドが従来の30秒コマーシャルの有効性を減少させるか、または破壊すると答えたと報告した。さらに広告主の55%が、経営者が密接にテレビ広告における変化を見ているが、ほとんどの広告主はDVRsかビデオ・オン・デマンドのときの広告を実験していない。広告主の80%は一層の広告予算をウェブ広告に費やす、そして、68%の広告主はサーチエンジン・マーケティングにあてると報告している。広告主はテレビ番組(61%)、テレビ番組スポンサー(55%)、テレビ番組のインタラクティブな広告(48%)、オンラインビデオ広告(45%)、および製品プレースメント(44%)の中で、一層の広告予算をスポンサー名を付けたエンターテインメントに費やすと予測している。ANAのCEIOで代表のBob Liodiceは、「新しくて伝統的なメディア代替手段が、より積極的にメディアの株を競争するとき、パイ…テレビは積極的に反応しています」「アドレス指定能力における技術ベースの進歩、高められたテレビのオプション、インターネット・テレビ(IPTV)、およびスポンサー名を付けたエンターテインメントの機会で、テレビはマーケティング・ミックスの主要な地域として継続する」と解説している。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060404)または、URL(http://www.ana.net/news/2006/03_22_06.cfm)で知ることができる。IAB(Interactive Advertising Bureau/インタラクティブ広告事務局)は2006年4月20日に、PwC(PricewaterhouseCoopers)を含む2005年第3第 4四半期のInternet Advertising Revenue Reportを発表した。「Classifieds」「Display」「Rich Media」が順調にスピードで成長し、1年の記録が2004年の30%超えて、2005年の米国における総合的なインターネット広告収入は合計でUS $125億になった。 2004年と同期間より34%の増加を表し、Q4 2005インターネット広告収入は合計で過去最高のUS$36億になったと報告した。Interactive Advertising BureauのCEOであるGreg Stuartは、「インタラクティブ広告は、マーケターがブランドを築き上げ、オンライン、そして、オフラインの販売を提供する際に総合的な有効性を体験し、物凄い成長をし続けている」と言い、さらに「私たちは、より多くのマーケターが、インタラクティブな命令であることがわかるとき、この成長傾向が継続すると確信している、そして、広帯域のビデオ、ゲーミング、iPTV、および他のものを含む追加プラットホームは本当の機会として現れ続ける」と解説している。また、PricewaterhouseCoopers社のPartner, Assurance担当のDavid Silvermanは「インターネットは、敏感で変わり続けるチャンネルであり続け、自己のブランドを促進するのに非常に費用効率がよいプラットホームを使用することで、広告主に広い可能性を提供している」といい、「今年の1年のインターネット広告収入記録は全体で媒体に対する永続的な熱意を示している」と表現し、PricewaterhouseCoopersのDirector, Advisory担当のPeter Petruskyは、「オンライン広告における継続的な強い成長は、増加する数の広告主とマーケターが、インターネットで彼らのメディア計画で不可欠なブランドを築くと考えることが報告されている」、さらに「インターネットは適時にすべてのタイプのマーケターのための勝組そして、正しい聴衆に提供している。 私たちは、インターネット広告における継続的な成長を予想している」と報告している。詳細情報はURL(http://info.iab.net/cgi-bin4/DM/y/hvtZ0CziID0Edw0ER8l0ED)で知ることができる。FY 2005 Internet Advertising Revenue Report (1.11MB pdf)はURL(http://info.iab.net/cgi-bin4/DM/y/hvtZ0CziID0Edw0ER8m0EE)でダウンロードできる。Yahoo!Japanは2006年4月20日に2006年3月期の連結決算を発表し、インターネット広告の好調さなどを背景に売上高は前年同期比47.5%増の1736億円、当期利益も28.9%増の470億円と、ともに過去最高を更新した。通期決算ベースで9期連続の増収増益となったと報告した。決算説明会資料の詳細情報はURL(http://ir.yahoo.co.jp/jp/bizres/present/20060420/)で、財務資料はURL(http://ir.yahoo.co.jp/jp/bizres/)で知ることができる。米国のGoogle社も2006年4月20日に、第1四半期決算を発表し、トラフィック獲得コストはUS$7億2300万で、広告収入に占める割合は32%となり、10〜12月期の33%から微減したが、売上高は前年比で79%増えてUS$22億5000万、純利益はUS$5億9200万(1株当たりUS$1.95)となった。Google直営サイトの収入は前年同期比97%増のUS$13億となり、売上高に占める割合は58%だった。AdSenseプログラムを通じたパートナー経由の収入は59%増えてUS$9億2800万となり、全体に占める割合は41%になったと報告した。詳細情報はURL(http://biz.yahoo.com/bw/060420/20060420005952.html?.v=1)で知ることができる。インターネット広告ではないが、Webのアクセス数を驚異的にのばしたローテク掲示板情報として、International Herald Tribuneは2006年4月23日に、オランダの高速道路に沿った最新のローテク掲示板は、ドライバーをUターンさせるのに満足するほど驚異的な効果があったと報告した。そのローテク掲示板は、2006年4月上旬にオランダのオンライン予約会社「Hotels.nl」が、1羊あたり1日1ユーロで借りて、「Hotels.nl」のロゴのあるロイヤル・ブルーの防水毛布を着させた看板で、土曜日になって、Skarsterlanの町は「Hotels.nl」のロゴを付けた毛布を着させた羊に対し、この広告は高速道路に沿った広告にたいする町の禁止令に違反したということで、1日あたり1,000ユーロの罰金を「Hotels.nl」に課し始めた。「Hotels.nl」は罰金を支払うために用意ができていたが、「Hotels.nl」のチーフエグゼクティブは広告戦略が始まったばかりで、「Hotels.nl」の販売も15%も上がり、会社のウェブサイトへの訪問も増えているので、「Hotels.nl」は法廷で羊のシャツ広告への禁止令と戦うことを計画していると報告している。Easy Green Promotionsプロジェクト議長をしているJozef Mazereeuwは、「Hotels.nl」が1カ月あたり5から20ユーロの料金のシェアを羊にあたえると飼い主に約束して、オランダで羊と商標を付ける数を2万5000に広がるという目標を立て、Easy Green Promotionsとして、より多くの農業者との取引を結ぼうとしていると報告し、Mazereeuwは、「Hotels.nl」グループが、この数カ月で毛布をオランダの馬と牛にも広げるのを準備していると報告した。しかし、彼には、さらに広い野心があり、すでにフランスとイギリスの潜在的パートナーと交渉まで開始していると報告した。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2006/04/23/business/sheep24.php)で知ることができる。Jozef Mazereeuwが推進している羊を使ったローテク掲示板の情報はURL(http://www.leaseasheep.org/en/Leaseasheep_Sales.pdf)で知ることができる。Center for Media Researchは2006年5月7日に、comScore qSearch dataとNielsen//NetRatings AdRelevance, sponsored links by industry in March, 2006からの情報を元にした、GoogleとYahooの検索エンジンについて2005年3月と2006年3月の比較レポート「Sponsored Clicks Increasingly Important」を公開した。サーチエンジンの総合比較では、Googleが2005年3月の2,013から2006年3月の2,736と35.9% の上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の1,460から2006年3月の1,578と8.1%の上昇にとどまり、スポンサー付きの検索では、Googleが2005年3月の968から2006年3月の1,448と49.6%の上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の726から2006年3月の942と29.8%の伸びであった。スポンサー付きの検索の割合では、Googleが2005年3月の48.1%から2006年3月の52.9%と4.8 ptsの上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の49.7%から2006年3月の59.7%と10.0 ptsも伸た。また、スパンサー・サイトのクリックでは、Googleが2005年3月の196から2006年3月の322と64.0%の上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の139から2006年3月の180と29.9%の伸びで、スパンサー・サイトのクリック率では、Googleが2005年3月の9.7%から2006年3月の11.8%と2.0 ptsの上昇であったのに対し、Yahooが2005年3月の 9.5%から2006年3月の11.4%で1.9 ptsの伸び率で、GoogleとYahooではほとんど差がなかったと報告した。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060505)で知ることができる。Center for Media Researchは2006年5月12日に、人口統計、広告主、広告タイプ、サイズ、および配送を含む放送メディアサイトと放送エンターテインメントへ関連統計レポート「オンライン放送メディアサイトとビューアー人口統計(Online Broadcast Media Sites and Viewer Demographics)」を公開し、「オンライン放送メディアサイトTop 10」「放送エンターテインメント・カテゴリー別統計」「オンライン放送メディアサイト広告主Top 15」「オンライン放送メディアサイト広告サイズ統計」「オンライン放送メディアサイト広告タイプ別統計」を公開した。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060512)で知ることができる。イギリスのファイナンシャル・タイム(Financial Times)は2006年5月29日に、イギリスのインターネット広告は2007年に広告媒体としてイギリスの全国紙に追いつき、3番目に大きな広告媒体になると予測した。さらに2007年の終わりまでには、地方新聞も追い抜き、2番目に広告媒体になり、テレビに近づき、120億ポンド市場になると予測している。詳細情報はURL(http://news.ft.com/cms/s/fa2642b6-ef33-11da-b435-0000779e2340.html)で知ることができる。IAB(Interactive Advertising Bureau)は2006年5月30日に、PwC(PricewaterhouseCoopers)に委託した調査結果から、1〜3月期のインターネット広告販売額は推計US$39億となり、前年同期比38%、前期比で6%増えて過去最高を更新したと報告した。詳細情報はURL(http://www.iab.net/news/pr_2006_05_30.asp)で知ることができる。PricewaterhouseCoopers社が2005年に公開した2009年までの広告の伸びが平均5.9%で、US$432億になるという予測を修正し、2009年までの広告が平均7.1%の伸び、US$488億になり、2010年にはUS$520億になると予測した。コンサルタントのエンターテインメントとメディア習慣のパートナーであるマイク・ケリー(Mike Kelley)は、「上質のコンテンツがテレビを見る人を引きつける」と解説し、その考えを反映するように、2005年の予測では2009年に1,500 万の家庭にHDセットが設置されると予測されていたが、現在では2009年に2,000万の家庭にはHDセットが設置されると予測修正され、2010年には2,500万の家庭にはHDセットが設置されることになるが、すでに2006年の早い時期に米国の各家庭ではDVRsが1,300万台を達成し、 2006年の年末までに1,500万台になり、このペースでいくと2010年には3,500万台になると予測している。PricewaterhouseCoopers社の「Global Entertainment and Media Outlook: 2006-2010」はURL(http://www.pwc.com/extweb/pwcpublications.nsf/docid/5AC172F2C9DED8F5852570210044EEA7?opendocument&vendor=none)で知ることができる。Center for Media Researchは2006年7月24日に、Dun & Bradstreet, Ad Audit Services, Borrell Associatesが7月に公開した最新レポート「ONLINE REAL ESTATE ADVERTISING: 2006 UPDATE 」は、インターネットを利用した住宅広告は12ヵ月で41%上昇し、過去4年最高になり、全体の不動産広告US$110億の4%になったと報告したと紹介し、過熱した住宅販売市場は、とくに家を見つけるためにインターネットを使っている大多数の家庭用シーカーで最近失速し始め、インターネットの「無料」リストサイトの激増により、レポートはUS$60億の印刷広告ビジネスで崩壊を予告し、家庭の売上高が鈍ったので、インターネットは家を売る最も使い古した方法になり、定番になってきていると報告している。調査は、この「臨界点」が今年のUS$20億レベルにインターネット不動産広告が推進し、2010年までにUS$30億になり、広告市場占有率の観点から新聞印刷広告ビジネスで崩壊すると結論づけている。概要では、インターネット上ですでに広告展開しているエージェントとブローカーの宣伝にもかかわらず、61%のエージェントは、インターネット上で広告していないことから成長のための巨大なマーケットがあると報告している。さらに87%のエージェントは、まだGoogleまたはYahoo!ーでキーワードを買っていない。しかし、不動産の大成功は、新しい顧客と連絡をとるためにインターネットを使うつもりでいるようで、新しいエージェントの流入をもたらしはじめている。535人のエージェントの調査では、家を10年以上売っているエージェントのわずか36%がオンラインで広告を展開し。残りの64%のエージェンはオンラインで広告を展開する計画である。残りの調査結果は、インターネット-マーケティングの隙間がより新しくて長年のエージェントの間に存在することを示した。そしてレポートは、Trulia、edgeio、OodleとCityCribsのような新しいサイトは、「古い」ビジネスモデルへ新しいかく乱反応を起こさせる要因で終わるかもしれませんと結論づけている。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060724)または、URL(http://www.borrellassociates.com/report.cfm)で知ることができる。Ofcomは2006年8月10日に発表した年次報告「The Communications Market 2006」で、イギリスでは2005年にオンライン広告がUS$24億8000万(19億5000万ユーロ)を記録し、これはラジオ広告の3倍で、野外広告、ビジネス、および消費者雑誌市場を追い越し、イギリスで新聞、テレビ、ダイレクトメールに次ぐ4番目に大きい表示広告媒体に成長したと報告した。オンライン広告の2つの大きい利点は、対象とされた本質と広告主が密接に結果を追跡する能力で、クリックあたりのコスト・パー・サウザンドや費用のように、本質がインターネットの適所本質に合っていることで、それは、さまざまな専門化している広告アレンジメントにつながり始めたと分析している。詳細情報はURL(http://www.ofcom.org.uk/research/cm/cm06/)で知ることができる。Center for Media Researchは2006年8月29日に、Analysys Internationalが中国のインターネット広告市場2008年の予測としてレポート、「China Internet Advertising Market Annual Report 2006(中国インターネット広告市場年次報告2006)」を公開したことから、そのレポート情報から、2008年に68億7000万に達すると予測し、それは現在の米国のインターネット広告US$8億6000万と同額になると報告した。レポートによると、ブランド広告とサーチエンジン広告を含む中国のオンライン広告は2005年に32億2900万人民元に達し、年間59.83%の増加で、インターネット広告市場は絶え間なく成長すると予想され、サーチエンジン市場は2007年に減速するが、オリンピックの2008年までに中国市場は刺激され、市場は新しい局面を迎え、市場は68億7000万人民元に達すると予測している。Universal McCann社のBob Coenは、米国のインターネット広告はは2005年から25%の増加し、2006年にはUS$97億500が費やされると予測している。それは775億人民元に匹敵し、中国の人口1,306,313,812人は、米国の人口295,734,134人と比較して、約4.5倍になる。2005年に、中国のブランド広告市場は23億200万中国人民元に達し、総市場の71.3%を占め、年間で54.91%拡大した。検索エンジン広告市場は2005年に9億2700万中国人民元に達し、総市場の28.7%を占め、年間で73.52%拡大した。広告主がインターネット広告への支出を増強して、サーチエンジン・マーケティングの重要性の認識を改良したとき、サーチエンジン広告市場は2005年に急展開した、2005年の中国のインターネット広告市場の集中度合いがさらに増加した。4億中国人民元以上で総市場の59.75%のベンダーのシェアがあり、。 サーチエンジン広告の急速現像によると、ブランド広告のシェアは2006年に67.63%まで減少すると予測している。米国の総人口の4.5倍ある中国の市場は、あらゆることで世界に影響している。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060829)で知ることができる。Analysis Internationalの「China Internet Advertising Market Annual Report 2006」はURL(http://english.analysys.com.cn/home/index.php)にある。
中国のインターネット広告の推移
2004年が20億2,000万人民元
2005年が32億2,900万人民元
2006年が43億8,700万人民元
2007年が53億1,700万人民元
2008年が68億7,000万人民元
Source: Analysis International 2006
US$1 = 7.97979中国人民元
1中国人民元 = 0.12532US$
日本1円=0.06820中国人民元
1中国人民元 =14.66374日本円
Veronis Suhler Stevenson社による調査によれば、伝統的なメディア会社のオンライン広告が、GoogleとYahooのオンライン広告のより速く、オンライン広告市場のシェアを増強していると報告した。2006年の伝統的なメディアのオンライン広告はUS$220億で、シェアは37%を獲得し、2000年から23%上昇する予測ている。 2010年までにはUS$440億を確保し、総市場で35%かUS$170億上昇すると予測している。これは、従来からのプロによる広告営業がきつい仕事を行うことで確実に成果をあげ、これまで頭脳と最新技術で得ていた広告素人のGoogleとYahooのオンライン広告をしのいだということになる。ただし、そのようなきつい仕事をしてきたプロの広告営業担当者が、ヘッドハンティングでどんどん引き抜かれはじめていることから、2010年の予測がそのまま延長線レポートで現実になるという考えは、非常に危険とも言える。私の周囲にもプロの広告営業担当者が居て、彼らの営業能力を高く買っているが、伝統的なメディア会社はそれだけ評価していないという矛盾を聞いたことがある。そこに頭脳と最新技術を使った企業が、ヘッドハンティングを仕掛けたら---義理と人情で得た広告営業が今後どうなるのか?同時に、そのような営業マンが2007年問題でリタイヤする時期もどんどん近づいてきている。詳細情報はURL(http://www.vss.com/pubs/pubs_home.html)で知ることができる。IAB(Interactive Advertising Bureau)は2006年9月25日に、2006年上半期のインターネット広告売上高が調査結果を発表し、前年同期比37%増の約US$79億で、第2四半期の売上高は約US$41億ドルと、前年同期から36%拡大したと報告した。種類別で見ると、検索広告が最も多くて2006年上半期の売り上げの40%を占め、次に多かったのはバナー広告の21%、求人や不動産などの三行広告が20%で、ビデオなどのリッチメディア広告は7%にとどまった。詳細情報はURL(http://www.iab.net/news/pr_2006_09_25.asp)で知ることができる。AdAgeは2006年10月2日に、年に1度のメディア企業100のリストを公開した。当然ながら、インターネット企業とケーブル企業は2005年に米国のトップ100の会社のメディア収入を6.6%の増加に導く原動力であったと報告している。タイム・ワーナー(Time Warner)社は、US$337億3000万で前年比0.9%上昇させ、コムキャスト(Comcast)社もUS$220億8000万で0.9%に上昇させた。次点として、コムキャスト社を追いかけるのはヴァイアコム(Viacom)社で、今年早々に分割されたメディア・エンターテインメント会社の後任になった。インターネット広告では14社が入り、US$169億2000万と20.5%上昇した。19位のGoogleと21位のYahooは、それぞれ収入でUS$37億1000万ドルとUS$36億7000万の首差で、検索広告でトップを保持した。
しかし、タイム・ワーナーのAOLは概算でUS$63億2000万と、米国のインターネット広告収入でトップを確保していると報告している。詳細情報はURL(http://adage.com/mediaworks/article?article_id=112235)で知ることができる。U.S. Public Interest Research GroupとCDD(Center for Digital Democracy)は2006年11月1日に、Microsoft社や他のオンライン広告業者がユーザーの行動を分析するのに利用している技術は、プライバシーを脅かすものであって規制されなければならないとの見解を明らかにし、FTCに苦情申立書「Complaint and Request for Inquiry and Injunctive Relief Concerning Unfair and Deceptive Online Marketing Practices」を提出した。詳細情報はURL(http://www.democraticmedia.org/PDFs/FTCadprivacy.pdf)で知ることができる。OPA(Online Publisher Association)は2006年12月11日に、総括として2007年の広告について複数のメディアからの情報を分析し、オンライン広告はばら色に見えるが、それはオールドメディアの広告を犠牲にして成り立つと報告した。多くの情報から2007年の全体の広告は1〜2%の上昇になり、eMarketerはインターネット広告が18.9%、ZenithOptimediaが29%上昇すると予測している。TNS Media Intelligenceによると、米国の一流の広告主トップ50社の過去9ヶ月における調査から、2007年はネット広告が過去2年間と比較してはるかにわずかである30%の成長を予測している。ニューヨークタイムズ(New York Times)は、「テレビと新聞のようなオールド・メディアは、広告支出におけるほとんどの予測が、せいぜい同じ伸び率であると聞いた後に、間違いなく顔をしかめるでしょう。他方では、ウェブサイトに関する広告を販売する人々はそれらのために予測される高い二桁の割合利得で発していそうです。」と報告し、 オンライン成長のスローダウンにもかかわらず、可能性の世界がまだある。フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)紙は、3つの最も大きい市場である米国、日本とイギリスに注目し、「消費者は現在、オンラインで彼らのメディア時間の21.9%を費やしますが、広告主の予算は6.8%だけを媒体に割り当てます。 」と報告している。これは、同率になるこtが広告主にとって、もっともベストな数値であり、将来に向けた可能性を暗に指摘しているとも言える。詳細情報はURL(http://www.online-publishers.org/ir_print.php?dt=121106)または、URL(http://publications.mediapost.com/index.cfm?fuseaction=Articles.showArticle&art_aid=52132)または、URL(http://www.emarketer.com/Article.aspx?1004345)または、URL(http://www.adweek.com/aw/national/article_display.jsp?vnu_content_id=1003494104)または、URL(http://www.clickz.com/showPage.html?page=3624125)または、URL(http://www.nytimes.com/2006/12/05/technology/05adco.html?_r=1&ref=technology&oref=slogin)または、URL(http://www.ft.com/cms/s/b6e3452c-83c0-11db-9e95-0000779e2340.html)で知ることができる。つまり、今さら言うまでもなく、オールド・メディア企業は、オールド・メディアで減少した広告収入をどのようにカバーするかと言うことになり、単純に言えば、その分をオンライン広告で稼ぐという図が最も簡単ですが、オンライン広告ではすでに先住民がオールド・メディア市場をむしゃむしゃ食い荒らし、オールド・メディア企業は参入に乗り遅れてしまっている。さらに、そのオールド・メディアはの中には、今もオンライン広告まで拒否している企業が存在しているのも現状といえる。