イラク民主化運動の活動家に対する小学館の名誉毀損裁判


、旧フセイン政権や米軍の占領統治に反対しているアブデル・アミール・アル・リカービに対して、学館の週刊ポストの2004年2月6日号で「イラクに派遣された自衛隊の安全を守るかわりに日本政府から100億円の供与を密約された」と誤った記事を掲載したことから、名誉毀損で訴えた裁判の判決です。

>> さらに詳細な情報はこちら