インターネット中毒/2008年-


SRGの「Digital Life America」として2006年10月から2008年2月まで実施した調査を紹介し、アメリカ人の68%が世界の技術進化から外されると心配し、その威圧でワイヤレス機器とインターネットを使用していると報告しました。
その中でも、もの凄く心配している人が、27%もいました。

>> さらに詳細な情報はこちら