倒産確率算定システム


財務データを評価分析し、企業の倒産確率を算出するシステムで、1998年4月から金融機関に導入されることになった「自己査定」のため、保有債権を自己責任原則のもとに分類し、信用リスク管理を定量化して融資先の倒産確率をいかに正確に評価できるかが金融機関の課題になり、その健全性を管理評価するためのツールとして注目されるようになりました。

>> さらに詳細な情報はこちら