トウモロコシから作られた筐体

PLA(PolyLactic Acid)>>BioPlastic>>Biodegradable Plastics>>Biopolymer

バイオ・プラスチック>>バイオ系生分解性プラスチック>>ポリ乳酸

でんぷん等のバイオマスを原料として作られるもので、使用時は石油から作られるプラスチック等と同様に使用可能で、使用後は自然界の微生物によって最終的にCO2と水に分解(生分解)されて自然に還る「バイオ・プラスチック」で作られた筐体です。

>> さらに詳細な情報はこちら


Projektitiedote /2000
農林水産省のバイオ生分解素材 植物性素材を用いた製品の規定
ウォークマン WM-FX202
Eden Projectの最終形態予想図
6角形のHexagonalパネル
Eden Projectの完成予想
Eden Projectで建築途中の写真-1
Eden Projectで建築途中の写真-2
Eden Projectで建築中の内部写真-1
Eden Projectで建築中の内部写真-2
Eden Projectで建築中の内部写真-3
航空写真で見た建設中のEden Project
米国のタバコに関する隣接事業報告書
トヨタ自動車が2003年5月12日に発表した「ラウム」
「ユニバーサル・デザイン」の概念で開発した「ラウム」
GAOが2003年7月2日に公開したタバコの輸出に関する情報
ソニーが2004年秋に発売するDVDプレーヤーの筐体見本
2004年3月9日のたばこの規制に関する世界保健機関枠組条約署名報告
三洋マービックメディアの「MildDisc」紹介ページ
MildDisc
Illustrirte Zeitung1851年10月18日に掲載されたライプチッヒの植物園
Ventana Research社のエンジニアDr. John Lombardi
セパレーター
ハードドライブ読出し書込みのヘッダをマウントしている写真
動作しているマシン
6つの磨き上げた読出し書込みヘッダ
左からDr. Donald Zipperian、Dr. John Lombardi、Prof. Srini Raghavan
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載されたProf. Paul Taugott Meissner
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載された植物扶養システム
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載された植物用空気清浄機
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載された植物用炭酸カリ
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載されたZwickauの植物園
蓮の花
シャープが2005年7月11日に開発したと発表した植物系プラスチックと廃プラスチックをブレンドする技術