トークン・パッシング

token passing


複数の端末がデータを送信して発生する「衝突」を避けるため、「トークン」と呼ばれる「送信権」データがネットワークを常に周回し、これを取り込んだ端末だけがデータを送信することが許されて制御している方式です。

>> さらに詳細な情報はこちら