ナノ・テクノロジー

nano-technology

超微細技術

ナノとは10億分の1の単位のことで、ナノ・セカンドは10億分の1秒で、原子や分子を直接動かして、微小な分子機械や新しい物質を組み立てるような技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら


Sir Joseph John Thomson
Sir Joseph John Thomsonの原子模型
どのようにしてアトム画像を造形するか
1986年のノーベル物理学賞受賞者紹介のページ
世界で初めてナノの世界を視覚化したエルンスト・ルスカと電子顕微鏡
エルンスト・ルスカの電子顕微鏡スケッチ設計図と電子顕微鏡
日立が開発した透過電子顕微鏡と高感度TVカメラシステム
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-1
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-2
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-3
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-4
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-5
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-6
Polaroido社のDigital Microscope Camera
Polaroido社のDigital Microscope Cameraで撮影された画像GIFアニメーション
日立が開発した走査電子顕微鏡S-3500N
液晶の分子配列の模型
原子で書かれたIBM
原子で書かれた人形Carbon Monoxide Man
原子で書かれた「原子」の文字
STMを用いて観測された6つの突出部がある「プロペラ」分子とCGで作られた分子ホール構造
STMを利用した分子ホール構造CG
STMを利用した回転するぼんやりとした環状分子のCG
プロペラ型分子設計構造のCG
プロペラ型の分子回転の解説図
プロペラ型分子ホール構造のGIFアニメーション
Nadrian C.Seeman Lab.がDNAで開発したナノ・ロボットoctahedron
Ken Edwardが作ったDNAで開発したナノ・ロボットoctahedronの活躍想像図
IBMフェローのドナルド・M・アイグラー(Donald M. Eigler)
量子蜃気楼(quantum mirage)-1
量子蜃気楼(quantum mirage)-2
量子蜃気楼(quantum mirage)-3
量子蜃気楼(quantum mirage)-4
量子蜃気楼(quantum mirage)-5
Millipedeの解説図
3mm×3mmの1024個の極小センサーを配置した写真
50μmの極小センサー・アーム
1.7μmの加熱部
Millipedeの基礎技術になった50ナノmのIBMと21の文字
1665年、世界で最初にミクロの世界を紹介したMicrographiaの扉
Deep Space 1のページ
イオン・エンジンの原理
漫画チックなDeep Space 1のポスター
産業革命に影響された1890年にLouis Poyetが描いた「発明する頭」
1908年にLouis Poyetが描いた「Dr.Marageの写真と声」
1900年にCaptain Chevalierが作った「電器の標的」
1919年にRaoul Hausmannが作った「時間のスピリット」
分子レベルで作られたスタジアム
青いニッケルの原子
青いプラチナの原子
立体的な銅の原子
サークルができるまで
共鳴する原子
珊瑚のように形成する原子
原子の珊瑚
実験的に作られたRectangular Corral
実験的に作られたOh Where
実験的に作られた造形物「無名」
実験的に作られたAtomic Teeter-Totter
実験的に作られたStadim Corral
直径2.75μmの世界最小のワイングラス
NTT物性科学基礎研究所が開発した単電子トランジスタ
NASAのJPLが開発した針の先ほどのチップ
Jeff BrinkerとUniversity of New Mexicoが作り上げたnanostructures「mood ring」
NSFが2001年3月に公開したSocietal Implications of Nanoscience and Nanotechnology
Infineon Technologies AG社が公開した技術写真-1
Infineon Technologies AG社が公開した技術写真-2
AFC技術概念図
従来のメディア
AFC技術を採用したメディア
AFC技術のアニメーション
原子顕微鏡によるMagnetic mediaの比較
NASAが1999年に発表した未来に向けた科学
2001年5月にCSISが発表したマイクロチップとスーパーコンピュータ
総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会廃止措置安全小委員会報告書(案)
2001年8月8日付のNature誌表紙になったナノチューブ内の電子の流れ
「Nano Letters」の表紙
Carbon nanotube inter- and intra-molecular logic gates
IBM's Intra-Molecular Logic-Performing Computer Circuit-1
IBM's Intra-Molecular Logic-Performing Computer Circuit-2
(a) Placing the nanotubes in a vacuum converts the p-type nanotube transistors to n-type
(b) The two CNTFETs are then exposed to oxygen
(c) p-type and n-type carbon nanotube transistors are wired as shown in the schematic
(d) characteristics of the resulting inter-molecular inverter
Electrical characteristics of n-type nanotube FETs made (a) annealing the device
Electrical characteristics of n-type nanotube (b) doping with potassiumFETs made
カーボン・ナノチューブを用いた燃料電池
カーボン・ナノチューブ
カーボン・ナノホーン
Imperial Cancer Researchが公開したX線で見た癌細胞
AMDのゲート長15ナノmのCMOSトラジスターを開発リリース
外務省が2001年10月の米国紙からまとめた米国の原子力事情
ノーベル賞の裏側Markets with Asymmetric Information
GAOが2001年12月12日に公開したNNSA報告
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
GAOと教育省が公開した米国における学生の所得とマーケットのメカニズム
イギリスの悲惨なWebサイトを紹介するFTSE 100's Weoful Websites
GAOが2002年2月1日に公開したJim Giboonsによる「School Dropouts」
凸版印刷が制作した0.95ミリ角の超豆本
0.09μm(90ナノm)製造技術によるSRAMチップとダイム硬貨
ダイム硬貨の上に乗ったSRAMチップ
松下電器産業の大面積の微細部をナノ精度で測る超高精度3次元測定機
GAOが2002年5月2日に公開したInformation Securityに関するレポートと宣言書
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
経済産業省による2002年5月13日の発表
IBMワトソン研究所で開発したMOSFETに類似した構造のCNFET
Millipedeプロジェクトで実証された10nmの穴のアニメーション画像-1
Millipedeプロジェクトで実証された10nmの穴のアニメーション-1
Millipedeプロジェクトで実証された10nmの穴のアニメーション-2
Millipedeプロジェクトのコンセプト画像
Millipedeプロジェクトで実証された部分ズーム写真
実際の10nmの穴
Millipedeプロジェクトで開発された1,024tipsエッチングで7mm×14mmのチップ
Millipedeプロジェクトで開発されたチップの顕微鏡写真
Millipedeプロジェクトの解説「pv7201-preprint」
ベル研究所のトランジスタの定義
GAOが2002年7月3日に公開したNNSAのレポート
NSTC/NSET/NSF/DOCが公開したレポート「人間の能力を成長させるための技術」
90 degree Partial Dislocation Structureのこれまでの画像(左)と新しい技術を採用した画像(右)
中央の5ナノmの画像Test Objects
Two-Atom Interaction
Ge 30 Si 70 / Si Quantum Well
Comparison with previous performance for Ge 30 Si 70
Two-Atom Interaction映像
JPL研究所が公開しているナノ・チューブを利用したSpace Transportation
NASAが公開しているナノ星条旗
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
Department of Education Annual Plan 2002-2003
シャープが世界で始めて開発したガラス基板CPU
Forward to the Future--Nanotechnology and Regulatory Policy
IBMが試作した66nmのシリコン製トランジスタの構造
IBMが予測したFPGAの開発とデバイス価格の変化
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室

ナノ・テクノロジー2003年〜
ナノ・テクノロジー2004年〜
ナノ・テクノロジー2005年〜
ナノ・テクノロジー2006年〜
ナノ・テクノロジー2007年〜
シンクタンク
ナノ・テクノロジー関連のURL
単位
センサー・フュージョン
アトムクラフト
STM
遠心偏光顕微鏡
インナースペース
コンピュータ外科
Six Step Lesson Plan
ワクチン君
デジタル顕微鏡
DC06
量子蜃気楼
Robot-ism 1950-2000
Millipede
PONG
マイクロマイクロ
Deep Space 1
米国映画芸術科学アカデミーの新規約
TNTY 2000
利己的な遺伝子
Palm Pilot Robot
hopper
リアルタイムLinux協議会
アクアロイド
MicroscopyU
直径2.75μmの世界最小のワイングラス
X線顕微鏡
経団連が発表したナノテクが創る未来社会
単電子トランジスタ
単電子CCD
カーボン・ナノチューブ・トランジスタ技術
スーパーパラマグネティック効果
Strained Silicon
HBT(Heterojunction Bipolar Transistor)
ビデオ顕微鏡
JPL(Jet Propulsion Laboratory)
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
燃料電池
SPM(Scanning Probe Microscope)
デジタル・バーサタイル・ディスク
UHF-ECRプラズマ生成技術
Robo-roach
NANO CUBIC
レスキューロボットコンテスト
リバース・エンジニアリング
ペタ・コンピューティング
0.09μm製造技術
FOVEON X3イメージセンサー
SRAM
デジタル・バーサタイル・ディスク
電子粉流体
シンギュラー・ポイント
アモルファス・カーボン・ナノチューブ
スーパーコンピュータ
単分子トランジスタ
SGT(Surrounding Gate Transistor)
GeneIndex Delivery
ガラス基板CPU
AND演算
OR演算
NOT演算
XOR演算
NOR演算
NAND演算
FPGA
DVDオーディオプロモーション協議会
VSC(VectorStream Cipher)
通信総合研究所
JDSF
バイオ・センサー・チップ
ガラガラヘビ作戦
ナノテクノロジービジネス推進協議会
EUVリソグラフィ技術
情報システム安全対策指針
プライバシー情報管理システム
変身型LSI
リバーシブル・コンピューティング
スーパーSTEM
情報通信研究機構
SpinAps
スピントロニクス
NanoWalker
Mobion
光配線
冷凍「方舟」プロジェクト
SiC(Silicon Carbide)チップ
カーボン・ナノチューブHDディスプレイ
昆虫サイボーグ
ガンマ女性