軟判定回路


通常、デジタル情報ビットは1か0で区別されるが、0に近い1や1に近い1など、確からしさ情報を併せ持つようにビットを判定する回路で、これにより「ターボ符号」の性能を飛躍的に向上させることができるようになりました。

>> さらに詳細な情報はこちら