ネットワーク・アーキテクチャと価格


インターンネットで通信回線を利用することに通信事業者が設備投資した見返りとして、ユーザーに請求する金額と通信環境の発達のスピードの間で、米国で矛盾とジレンマとして始まっている、未来を見据えた問題で、Telephony Online2006年3月7日にEd Gubbinsのコラム「OFC: BellSouth Chief Architect warns of HD VOD costs」を公開し、ベルサウス(BellSouth)のChief Architectヘンリー・カフカ(Henry Kafka)が一般住宅ブロードバンド・ユーザーは1カ月あたりデータ通信で約2ギガバイトトを消費すると予測し、ISPは約US$1.-必要になると計算したと報告した。その場合、今後、映画をオンラインでダウンロードすることが一般化すると、1カ月あたり平均9ギガバイトを消費し、キャリヤーにUS$4.5を払うことになる。普通のIPTVユーザーはおそらく1カ月あたりおよそ224ギガバイトを消費することになり、毎月の費用はUS$112になり、インターネット使用の結果と考えられたUS$5未満からの巨大な飛躍をすることになり、そのコンテンツがハイビジョン・ビデオ(high-definition video)であるなら、普通のユーザーは1カ月あたりの1テラバイトに以上を消費することになり、1カ月あたりUS$560を支払うことになる。Henry Kafkaは、「Clearly that''s not what the average user is going to pay per month for their video service,(明確に、もうこの金額は一般ユーザーがビデオサービスのために1月あたりで支払う金額ではありません)That's why we need help.(これが私たちに助けを必要とする理由です。)」と言い、コンテンツへの新しいアプローチは、インターネット・サービス自体の潜在的ソリューションの中にある金額のジレンマとして、新しいネットワーク・マネージメント・コントロールと新しいビジネスモデルが必要であると推測している。しかし、Henry Kafkaにとって最も重要であるのは、通信事業者の1バイトあたりの費用を劇的に削減する解決策、または彼が「大規模な量の、より安い帯域幅 8massive amounts of cheaper bandwidth.)」と呼んだものであり、通信事業者が要求しようとした金額では、全てが成り行かなくなるということで、現在使用しているガス、電気などの生活必需品と同じようにインターネットを考え、対応していかなければ、インターネットの発達とともにどんどんお金が通信業者に集まるだけで、一般ユーザーの生活が崩壊することになる。しかい、インターネットをはじめた頃は、一般電話回線しか利用できず、ダイヤル・アップでもの凄い金額を支払っていたことを考えると、現状のまま通信利用のふくらみと、利用料金の加算方法をそのまま拡大させることは、すでに大きな問題を含んでいるともいえる。さらに、スペクトルの豚を発見し次第、屠殺場に回し、肉にして一般ユーザーに無料で配布することだろう。詳細情報はURL(http://telephonyonline.com/iptv/news/BellSouth_VOD_costs_030706/)で知ることができる。さらに、時間軸と環境のバランスを十分に考え、現状のままのかけ算では行かなくなることを予測し、政府が監視して、全国民が安定した通信環境を安価で利用できるようなパブリック強制権が必要なのかもしれない。そこで問題になるのが、政治家や通信業者の癒着によるなれ合い決定での金銭の動きで、ここでも利権に関するとんでもない大きな問題が発生することが予測され、現状の法律が、そこまでサポートできるのか?どの法律が問題発生時に有効なのかを今から考えておかないと、この問題はすぐに発生しそうで、泥縄問題に発展する可能性も含んでいる。米国の下院司法委員会(House Judiciary Committee)は2006年5月25日に、20対13で高速インターネット・ネットワーク・プロバイダが属しないサービス、コンテンツ、およびアプリケーションを差別するのを防ぐ法律「Internet Freedom and Nondiscrimination Act」を承認したと発表した。詳細情報はURL(http://judiciary.house.gov/media/pdfs/Ifreedomcmtepass52506.pdf)で知ることができる。