ハイパー・キーホルダー

hyper keyholder


電子回路を組み込んだキーホルダーの総称。一時は、コンピュータ擬音を発するキーホルダーが主流であった。最近では、何処にあるか判らないキーホルダーを探すときに、口笛などを吹くとキーホルダー側から音を発信し、場所を知らせるキーホルダーやRAMに短い音声メッセージが録音できるキーホルダー、一時期話題になったテレビ・ゲームのテトリスが楽しめるキーホルダーなどが若者の間で好まれて使われている。これらは安価なため、マーケットで飽和状態になり、値崩れしたソフトやICを利用して開発されることが多い。そのような状況で誕生したのがたまごっちである。ただし、このように値崩れしたICなどを使った場合、安定した商品供給が困難になり、絶えず商品不足になる可能性が高いというリスクがある。また、児童誘拐が多発するようになり、防犯ブザーが付いたキーホルダーやGPS機能が付いて。半径30m以内を特定できるキーホルダーも登場するということである。