バーチャル・ボーイ

Virtual Boy/VB


任天堂が1995年7月21日に発売したゴーグル型ディスプレイ・ゲーム・マシンの名称。LED(発光ダイオード)のディスプレイを搭載し、テレビや液晶、特殊眼鏡を使用しない32ビット・マシンで、ステレオグラムで立体的な動く画像を使ったゲームが楽しめた。以前、任天堂はテレビに写った画像をシヤッター式のゴーグルで楽しむファミコン版のステレオグラム対応付属品を発売したが立体的に見るにはある程度訓練を必要とした。バーチャル・ボーイは、ゴーグル型ディスプレイ装置を使用したので誰でも立体的に見える。ただし、色が黒と赤だけを使用したワイヤー・フレーム画像の絵が多いことから、今後フル・カラー版の発売を期待したい。1995年7月21日、ハドソンはバーチャル・ボーイ用のソフト開発ツール/HuVBシステムを発売した。これで、任天堂はソニーやセガの32ビット・ゲーム機を迎え撃つ計画であったが、発売から1カ月で期待はずれの結果に終わり、開発が遅れていた任天堂の64ビット・ゲーム機NINTENDO64が出るまでのつなぎ的な話題だけのマシンに終わった。