版下

block copy


台紙上にレイアウトにしたがって文字や図版の入る位置にアタリケイやトンボなどを入れた文字原稿や線画原稿で、写真製版する直前の状態の原稿の総称。また、イラストなど線画、図形に烏口や筆などで墨入れをして写真製版用原稿としたものも版下という。最終原稿ということから、フィニッシュとも呼ばれる。DTPの発達で、版下はパソコンのディスプレイ上で実現できるようになり、写真のはめ込みから分解まで可能になったため、最近ではDTPデータを印画紙などに出力したものも版下と呼ぶようになった。