ビットキャッシュシート

BitCash sheet

BitCashシート

ビットキャッシュが1998年7月28日に発表した、コンビニのサンクスやローソン、ミニストップの店内に設置されたマルチメディア端末「マルチメディア・ステーション(MMS)」で、ビットキャッシュカードと同じ価値を持つ情報をレシート上に印刷して提供するサービスの名称。1998年10月から販売を開始する。詳細情報はURL(http://www.bitcash.co.jp/)で知ることができる。岐阜県と岐阜県内のコンビニエンスストアは2002年3月から、県立図書館所蔵本の貸し出し、返却がコンビニでできるサービスの実験を開始した。