フォトショップ

Photoshop


米国のアドビ・システムズ(Adobe Systems)社が開発したフォト・レタッチ系グラフィック・ソフトの名称で、正式はAdobe Photoshopといい、画像の加工処理を得意とする。筆や鉛筆、ペンキ缶(ある限定された空間を同一色で塗りつぶすときに便利なツール)など通常のグラフィック・ツールはもっているが、通常のペイント系グラフィック・ソフトのようにこれらのツールで画像作成をすることはあまりない。スキャナなどで取り込んだ画像やIllustratorなどのPostScriptデータによる画像をビットマップに変換し、加工や修正をするのが一般的である。α-チャンネル機能やレイヤー機能、バス機能を備えているので複数の画像の合成を行うことができ、文字の加工や写真家が暗室の中で行っていたような仕事がパソコン上で行える。画像に特殊な加工を施すフィルターもサード・パーティなどにより数多く用意されている。さらに、いろいろなファイルの入出力にも対応していることから、データ・コンバートをするためにアプリケーション・ソフト間を継ぐターミナル的な使い方が便利である。1996年5月30日にAdobe Systems社はPhotoshopの機能を持ちながら、低価格化したAdobe PhotoDeluxe 1.0J Mac版を発売した。Adobe Systems社はMacintosh用、Windows 95/NT用のホームページの画像を作成するための機能が強化されたAdobe Photoshop4.0(英語版)を1996年9月11日に発表した。Adobe Photoshop4.0ではさらに、デジタルカメラから画像をバッチ処理で読み込む機能があり、大量の写真をまとめて読み、色調を補正してファイルに保存する作業が自動化できる。また、解像度を落とす作業やファイル形式の変換、フィルタ処理なども自動化でき、複数のイメージをバッチで一括処理できる。米国のDigimare社が開発した技術で、通常では見ることが不可能な形で、作者と著作権に関する情報が、画像に埋め込まれるデジタルウォーターマーク(Digital watermark)と呼ばれる電子透かし機能も搭載した。1996年11月6日に日本のアドビシステムズも日本語版Adobe Photoshop4.0Jを発表した。また、富士通ビー・エス・シーは、ホスト資産をパソコンで活用するために、汎用機やオフコンなどホスト・コンピュータの標準フロッピー形式と、パソコンのWindows形式ファイルを相互に変換するファイル変換ソフト「F*TRAN95V1.00」を1997年8月に発売した。イギリスのQuantel社が持つ5つの特許をAdobe Photoshopは侵害しているとして法廷で争われていた訴訟問題に関して、1997年にDelawareの連邦裁判所が事実はないという結論を下し、Adobe Systems社も正式に解決したことを1998年10月13日に発表した。Adobe Systems社は1999年6月17日にAdobe Photoshop 5.5を発表した。2000年10月17日にAdobe Systems社は、日本語版PhotoShop 6.0を2000年12月から発売することを発表した。詳細情報はURL(http://www.adobe.co.jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/200010/20001017ps6.html)で知ることができる。PhotoShopには、「PhotoShop」「PhotoShop Deluxe」、機能限定版のLimited Edition「PhotoShop LE」があり、さらに初心者向けの「Adobe Photoshop Elements」まで登場し、1つのアプリケーションを多くのバリエーションで販売する展開をしている。その背景には「PhotoShop」「PhotoShop Deluxe」の機能が広がりすぎ、初心者では使いこなせないという要因がある。ただし、「PhotoShop LE」はYMCKの画像に対応していない。また、「Adobe Photoshop Elements」と「Adobe GoLive 5.0」「Adobe LiveMotion」を1パッケージにした「Adobe Web Specia Pack」という製品が登場したりと、Adobe Systems社の製品の展開が混乱し、ユーザーは整理して購入しないと、一生涯使わない機能を抱き合わせ商品で購入したり、必要と思った機能が無くて、別のアプリケーションを購入するなど、無駄な出費をすることになる。メーカー側の独自展開として商品を提供しているが、ユーザー側からすれば何がどうなったのか、カタログだけでは理解できなくなっているのが現状といえる。米国にはPhotoShopを中心としたツールの最新情報を提供しているDeepSpaceWebや、PhotoShopマニアのためのPhotoshop Cafenなどもある。詳細情報はURL(http://www.deepspaceweb.com/)または、URL(http://www.photoshopcafe.com/)で知ることができる。米国のAdobeSystems社は2002年2月24日に、MacOS Xにネイティブ対応した「Adobe Photoshop 7.0」を発表した。「Adobe Photoshop 7.0」の新機能ガイドはURL(http://www.adobe.co.jp/digitalimag/ps7/nfh/)で知ることができる。TechWebは2006年4月27日に、これまでデジタル・カメラマンは容易に画像を盗まれていたが、ニューヨークのビンガムトン大学(Binghamton University)のJan LukasとMiroslav Goljanによって行われた研究で、各カメラのイメージ・センサーによって引き起こされる特性を分析することによって、カメラマンを特定できる技術を開発したと報告した。この技術は従来、子供ポルノを撮影したカメラマンを特定するために研究していたところ、あらゆるデジタル画像が画素から画素への非の一様性の弱い雑音のようなパターンが存在していることが判り、そのデジタル雑音パターンは同じカメラから取られたすべてのイメージの中で一貫することまで判ったことから、研究者は100%の精度で9種類のデジタルカメラによって撮られた2,700枚の写真を分析し手。成功したと報告した。技術的な問題としては、実際に使われたカメラか雑音パターンの情報を事前に管理し、そのパターンと比較することになり、基本となる写真を調査の前に所有しておく必要があることになる。詳細情報はURL(http://unu-merit.nl/i&tweekly/ref.php?nid=2604)または、URL(http://urel.binghamton.edu/PressReleases/2006/Jan-Feb%2006/Fridrich.html)で知ることができる。米国のアドビ システムズ(Adobe Systems)社は2007年3月6日に、開発チームのブログを通じて、2007年3月27日にニューヨークで次期主力グラフィック編集ソフト「Adobe Photoshop CS3」の発表を予定していることを明らかにし、この新しいPhotoshopには、通常バージョンのほかに3Dグラフィックスとモーショングラフィックの機能を強化した「Extended(上級)バージョン」が用意され、2バージョンの製品が開発されていると報告した。詳細情報はURL(http://www.adobe.com/products/photoshop/ps_psext_info.html)で知ることができる。