フリーOS


インターネットなどのネットワーク上でリソースなどまで公開されているOSの総称。フリーOSとして有名なものには「Linux」や「FreeBSD」があり、ネットワークに相性いがいいことから多くのユーザーが利用している。但し、一般に販売されているWindowsやMacOSのようにサポートがないことから、ユーザーはリスクを負うことになる。フリーOSとしてLinuxを提供している税金対策用の協会としてFSF(Free Software Foundation)がある。FSFの詳細情報はURL(http://www.gnu.org/)で知ることができる。また、RSA DES Challenge IIでは、フリーOSを利用したDistributed Networkが世界最高速の分散ネットワークを駆使して40日間で解読に成功したことで話題になった。ドキュメンタリー映画「レボリューションOS(Revolution OS)」の2枚組DVD版が、オープンソースの精神にならってCSSなし(CSS-Encryption Free and Region Free and includes the following features)のUS$24.99で、2003年3月28日にリリースされた。詳細情報はURL(http://www.revolution-os.com/store1.html)または、URL(http://www.thinkgeek.com/books/nonfiction/5dd5/)で知ることができる。イギリスのBecta(イギリス教育情報技術局/British Educational Communications and Technology Agency )は2005年5月13日に、「 Open Source Software in Schools」を公開し、オープンソース・ソフトウェアを学校に導入したら、小学校のパソコンで費用が半減したと報告した。詳細情報はURL(http://www.becta.org.uk/corporate/press_out.cfm?id=4681)で知ることができる。