フィラデルフィアの全市Wi-Fi計画

Philadelphia's city-wide wireless network plan project>>Wireless Philadelphia


WNN Wi-Fi Net Newsは2005年2月3日に、new millennium researchのWi-Fiレポート「Not In The Public Interest - The Myth of Municipal Wi-Fi Networks」を紹介し、フィラデルフィアで巨大Wi-Fi計画が推進されていると報告していたことから判明した、米国文化発祥の都市フィラデルフィア市のほぼ全市をカバーするWi-Fiネットワークを構築する計画の名称。詳細情報はURL(http://wifinetnews.com/archives/004776.html)または、URL(http://newmillenniumresearch.org/archive/wifireport2305.pdf)で知ることができる。New York Timesは2005年2月17日に「Philadelphia Hopes to Lead the Charge to Wireless Future」を公開し、John F. Streetフィラデルフィア市長が2005年2月11日に、2006年までには135平方マイルの大都会を1つの巨大な高速無線ホットスポット構築を実現すると約束したと報告した。これは米国のインターネットのサービスで最大の実験になる。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2005/02/17/technology/17wired.html)で知ることができる。Philadelphia Daily Newsは2005年7月14日に、フィラデルフィアの街全体をワイヤレス・ネットワークにする計画は当初の見積もりでUS$1800 万だったが、US$2000万になることが明らかになったと報告した。この計画に市の公金は一切使われず、基金は課税できる債券、交付金、および低利銀行ローンで構築される計画である。詳細情報はURL(http://www.philly.com/mld/dailynews/news/local/12128426.htm
)で知ることができる。EETIMESは2005年8月17日に、AP(Associated Press)からの情報として米国の巨大都市San Franciscoがすべての市内居住者にWi-Fi環境を提供する計画を発表したと報告した。オランダのアムステルダム、大学都市ライデン、米国の文化発祥の都市フィラデルフィア、ポートランド、チャールストン、およびオーランドなどが全都市Wi-Fi化を発表し、どんどん実現するか、実現に向かってまっしぐらであるが、大都市ではいろいろ問題があることから停滞していたが、ギャヴィン・ニューサム市長(Mayor Gavin Newsom)は街全体のWi-Fi化に向けた計画を、実現優先権リストの上部に置いたことから、巨大都市San Franciscoが全都市でWi-Fi環境を構築することになった。次に、フラー(Buckminster Fuller)が作ろうとした大都市ニューヨークにドームをかける計画のように、無線通信環境のドームが巨大都市San Franciscoで実現する可能性が高くなった。東京で街全体のWi-Fi化ができないのは、単に石原都知事の能力不足と言うことになるだろう。低価格で提供しても、石原都知事が考えた、銀行構想やカジノ構想より、安定収入になり、実現すれば、世紀の事業として都民は喜ぶことだろう。詳細情報はURL( http://www.eetimes.com/news/latest/showArticle.jhtml?articleID=169300314)で知ることができる。San Jose Mercury Newsは2005年9月15日に、全米で新しいバブルが起こり、そしていくつかのバブルがしぼみ初め、バブルは都市のWiFiに一撃を与えようとしているが、フィラデルフィアで行われているWiFiの実験に暗雲が立ちこめ初め、Mike Langbergがコラムで警告をした。それは、高価なCATVやDSLブロードバンド・プロバイダによって提供されているインターネット環境をWiFiで一気に解決しようという夢のようなプロジェクトとして開始されたが、1年以上たった後にも、プロジェクトがいくらがかかるか、あるいは、それがどのように融資されるかなどの詳細がまだ決まっていないことを指摘している。フィラデルフィアのプロジェクトが失敗するか、私企業に所有されてしまった場合、市債無線泡は突然より小さくなり、壮大な夢が財政現実で無力にされ、費用的に妥当とされたプロジェクトになってしまうことだろう。詳細情報はURL(http://www.mercurynews.com/mld/mercurynews/business/technology/12642309.htm)で知ることができる。そういえば、先日もTechnology Dailyが2005年8月17日に、ソルトレイク・シティのユートピア構想「2002 UTOPIA」が空中分解状態であると報告していた。詳細情報はURL(http://www.njtelecomupdate.com/lenya/telco/live/tb-JLQZ1124223622523.html)で知ることができる。米国も自治体が絡むと、政治家の私利私欲まで絡んで、そこの企業との関係でぐちゃぐちゃになるようで、フィラデルフィアは、米国で最初に新聞などが発行されるなど、歴史的に有名な文化都市だけに期待していたのですが、活動している政治家は、他の都市と同じなのかもしれない。EarthLinkは2005年10月4日に、「フィラデルフィアの全市Wi-Fi計画」で、無線ブロードバンド・ネットワーク提供企業に選ばれたと発表した。詳細情報はURL(http://www.earthlink.net/about/press/pr_wireless_philly/)で知ることができる。Mike LangbergはSan Jose Mercury Newsで2005年10月19日に、Googleがサンフランシスコで無料で提供するというWi-Fiサービスについて、そこにBig Brotherが潜む可能性を指摘した。つまり、Googleが無料で提供するというWi-Fiサービスは、そのネットワークであなたがいる場所を正確に知り、そのちょうど2、3のブロックの中で関連する広告を掲載する新しいオンライン環境を構築し、その広告費で運営費を捻出すると言う、そこまでは了解できるが、その逆も可能と言うことであり、誰が今どこにいるかというデータを蓄積し、分析することで個人の行動を監視する不正使用も可能になるということにもなり、Big Brotherとして活動する要素を含んでいる。これからは、一見便利で無料だからと飛びつくと、全ての行動が企業や政府に筒抜けになる可能性がある。詳細情報はURL(http://www.mercurynews.com/mld/mercurynews/business/technology/12939855.htm)で知ることができる。任天堂は2006年1月26日に、2006年3月2日に「ニンテンドーDS」の上位モデルにあたる「ニンテンドーDS Lite」を発売すると発表し、ロイターやWashington Postは2006年2月15日に、任天堂が日本語版「ニンテンドーDS」向けとしてWi-Fiを視野に入れた「ニンテンドーWi-Fiコネクション」をオープンすると同時にOpera Software社と提携し、、デジタルTVやWebブラウジングを楽しめるようにしたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nintendo.co.jp/n10/news/060126.html)または、URL(http://go.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=technologyNews&storyID=11220742&src=rss/technologyNews)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/02/15/AR2006021500383.html?nav=rss_technology)で知ることができる。「ニンテンドーWi-Fiコネクション」はURL(http://wifi.nintendo.co.jp/)にある。ABCニュースのローカル番組6abc action newsは2006年5月4日に、フィラデルフィアの無線インターネットイニシアチブは2006年5月3日に、市のブロードバンドで主要な都市エリアが最初に始めることが妥当であることを決定し、重要なハードルを越えたと報告した。しかし、完全な展開は数カ月遅れ、2007年の第3四半期までになった。詳細情報はURL(http://abclocal.go.com/wpvi/story?section=sci_tech&id=4141478)で知ることができる。プロジェクトは、市議会の投票前に、都市技術、情報サービス、公共財産、および公共事業委員会から許可を受けて、最終決定を市議会にゆだねることになった。
市議会は早ければ来週Wi-Fiイニシアチブを承認する。EarthLink Inc.は10年の契約で、フィラデルフィアの135平方マイルに無線インターネットネットワークを構築し、運用、維持することになる。完全な展開は2007春に初める予想であったが、プロジェクト委員会は2カ月間、女性と少数派ビジネスの参加などの問題について話し合った。委員会はWirelessフィラデルフィアの非営利について、Wi-Fiプロジェクトのより多くの見落としを監督するために都市が依頼した議会メンバーを市に与える修正を加えた。無線のフィラデルフィアは、高速インターネット網サービスを提供するためにアトランタベースのEarthLinkとに契約した。変化は、EarthLinkがネットワークを構築のために雇ったMotorola社は、少なくともビジネスの1/4を女性、少数派、および障害がある事業主に与えるのを確実にする多様性監視委員会を任命することになった。無線フィラデルフィアも定期的に市議会によって任命されたメンバー、市長、および他の職員で構成されている顧問団と会議する義務を負うことになった。San Francisco Chronicleは2006年5月10日に、プライバシー擁護派である北カリフォルニアACLU(Northern California ACLU)、電子フロンティア財団(the Electronic Frontier Foundation)、および電子プライバシー情報センター(the Electronic Privacy Information Center)が、野心満々のSmart Valley Initiativeに参加している34のシリコンバレー自治体へ、無料の無線LANインターネット接続サービス計画に関して警報を発したと報告した。無料の無線LANインターネット接続サービスを囲む熱狂でしばしば無視されて、何かに軽く打ち込んでいるが、これまでにサービスを提供するためにひつようなビジネスの大部分には、ビジネスモデルがあり、そこで登場する通貨は、ユーザーの個人情報になる。私たちは物凄い機会で、行方不明にさせられるかもしれない。Smart Valley Initiativeは、少なくとも、活発に公衆のユーザーが何であるかに関する議論に引き込むことが必要であり、無料の無線LANインターネット接続サービスの提供のお返しとして、個人情報を引き渡すことを望んでいまないということを、入札者に知らせる必要がある。米国中の都市と町は熱心に無料の無線LANインターネット接続サービスを追求している。湾岸地区は責任を持って、前向きなモデルを提供すべきといえる。無料の無線LANインターネット接続サービスは多くの自治体のための地図にない地域になり、そして、どんな業者もプライバシーと、収益性とセキュリティの間でバランスをとることは、簡単でない。しかし、これは公衆のためのサービスであるべきで、そして、私たちのプライバシーは優先順位リストの下部に動かすことができないと警告している。つまり、地図にない地域を作り、その中でしか生活できなくすることによって、オープンな環境という名目で閉鎖空間を作り、その中で個人の行動をすべて管理し、すべての収益を吸い上げることで無料の無線LANインターネット接続サービスを実現すると言うことになりかねない。それを拒否すると、拒否した人は地図にない地域に入れなくなり、個人としての存在を消されることになる。もう少し、自由な空間を作るべきだと言うことで、冷静に考える必要がある。ただだ!自由だ!といって、現実はすべての生活が管理され、吸い取られる空間ができあがる可能性は、実に高い!詳細情報はURL(http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/chronicle/archive/2006/05/10/EDGDOIJKE11.DTL)で知ることができる。TelephiaのNew ProductsのVPであるKanishka Agarwalは、「所得水準、民族のミックス、および平均年齢を含んだ、いくつかの要素が大都市の市場で異なって、無線の代替の速度に影響を及ぼしています。」と分析している。デトロイトとミネアポリスでは、それぞれ19と15.2%の家庭で無線電信代替率を掲示した。タンパ都市エリアは、約17万7000の家庭を代表して、15.1%トのレートを保証した。アトランタの約21万9000の家庭とワシントンDCの22万の家庭が有線を止めた。サンフランシスコはリストの下部で、レポートによると、サンフランシスコの都市エリアは5.5%(約10万5000の家庭)が無線の代替率を掲示した。Kanishka Agarwalは、「サンフランシスコ市民は伝統的に先進技術の初期採用者です。トポロジーと帯状になる理由で、サンフランシスコのモバイル・ネットワークは他の先頭を行く都市と比べるほど信頼できません。そして、それはそれほど魅力的でない代用品です。」と言い足しました。米国など、有線を確保するには土地が広すぎる場所では急速にWi-Fiへ移動している。1年前には、こんな馬鹿げたことで悩んでいたのかと思うほど、時代は急速に変化している。このスピードに対応できない企業や政治家は、早く引退すべきで、多くの携帯電話事業者は、まだ携帯電話にこだわっていることから、ソフトバンクは、良いタイミングで無線環境に参入したのかもしれない。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=061103)で知ることができる。