米国のスパイ・ネットワーク

U.S. Spy Network


ネットワークを活用したスパイ行為はかなり政治色が強く、犯罪捜査という名目で、盗聴結果のデータベース化、 声の認識、言葉の認識の技術などが開発され、 またそのデータを分析する技術も進み、単純に「盗聴」という段階ではなく、個人の プライバシーを侵害するツールとして開発され、同時にさまざまな国でスパイ盗聴が可能になるように暗号政策を世界規模で進めてきているようです。

>> さらに詳細な情報はこちら


兄弟のNicholas Negroponteと米国情報機関の重鎮John Negroponte
ヨーロッパを監視している米国のスパイ衛星
ACLUがCIAに盗聴法に関する問い合わせをしたことが明記されたページ
CIAからの返事-1
CIAからの返事-2
CIAからの返事-3
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
インターネット・ユーザーの生活に関係する不安調査結果
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
西欧のインターネット状況
米国のスパイ衛星が1970年代に撮影したロシアの2N-1月面ロケット
NCLのプライバシー問題報告
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
米国の人種別、年代別現状(2000年10月16日)をグラフ化したデータ
Spycheckerの巻頭ページ
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
米国の14〜17歳の子供が大人向けサイトを訪ねる割合
米国のConsumer Reportsが調査したAOLとフィルタリング・ソフト評価
EP-3の図面
EP-3の装備解説
EP-3の写真-1
EP-3の写真-2
EP-3の写真-3
EP-3の写真-4
EP-3の写真-5
米国のNPRCの個人情報アーカイブ構築タイムライン
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
国別携帯電話を利用したインターネット接続と、多用されるSMS文法
Robo-roach
スパイ衛星KH-11
スパイ衛星KH-11で撮影されたアフガニスタン
同時多発テロ以降のオンラインショップ意識と2001年年末商戦
KH-11 Crystalの図面
KH-11 Kennanの図面
KH-11で撮影された飛行機ミグ-29とSU-27
KH-11で撮影された画像-1
KH-11で撮影された画像-2
USAF MOI/KH-10-1
USAF MOI/KH-10-2
KH-9 Hexagonの図面
KH-8 Gambitの図面
KH-7 Gambitの図面
KH-6Lanyardの図面
KH-5 Argonの図面
Samos Aの図面
Samos Bの図面
世界日報社が1周年を迎えて公開した電子新聞
Effects of a U.S. Presence in Europe on Mobility Requirements
SSC San Diego Centerの案内
SSC San Diego Centerのリソース
SSC San Diego Centerのプログラム
SSC San Diego Centerのその他の技術
SSC San Diego Centerのサマリー
Yankee Groupの自宅パソコン・ユーザーがインターネットを止めた理由調査
ACLUによるCIPAトライアル報告書
サイバー刑事法研究会報告書の概要
欧州評議会サイバー犯罪条約
GAOが2002年4月16日に公開したInformation Security
GAOが2002年5月2日に公開したInformation Securityに関するレポートと宣言書
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
米国の政府情報システムの目的資料の見つけやすさについて調査報告書
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
2002年8月30日に改正されたElectronic Freedom of Information Act
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
U.S. Copyright Law
WIPOが2002年12月16日に公開した「INTELLECTUAL PROPERTY ON THE INTERNET」
米国警察による1992-2000の犯罪報告
Justice Department's Projectの同時多発テロ以降インタビュー
The DI and ''IT''---Failing to Keep Up With the Information Revolution
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
GAOが2003年6月24日に公開した、軍事戦略実施中の現状報告書
米国の目
37周年を迎えたFreedom of Information Actレポート
GAOが2003年8月13日に公開した、未来の戦闘システムとして計画構築案
イギリスの独立系シンクタンクが提供する情報に関する「Open Acces」
GAOが2003年11月6日に公開した、市民権会議の活動と経済的状況レポート
Report to Congress on Implementation of Section 1001 of the USA PATRIOT Act
米国司法省とFBIが2004年3月10日に提出した盗聴要望書
国境警備に関して顔写真の認証だけではリスクが高すぎるとしたRandolph C. Hiteの実証実験レポート
Barbara D. Bovbjergによる顔面認証に関する長期計画としての実証実験レポート
Kevin W. Bowyer教授の顔認識技術とセキュリティ対プライバシーの考察
Kevin W. Bowyer教授がSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2002で紹介したプレゼンテーション
Kevin W. Bowyer教授がSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2003で紹介したプレゼンテーション
David M. Walkerによる米国の国防の将来に向けた経済的支援と管理
GAOが2004年3月29日に公開した米国の刑事事件に関する歴史的動向を調査したレポート
New America Foundationが公開したCommunication Actの経緯
Illustrirte Zeitung1852年2月15日に掲載されたFreudenbergの飛行機モデル図-1
Illustrirte Zeitung1852年2月15日に掲載されたFreudenbergの飛行機モデル図-2
人物調査についてFBIが州や地域に多く移譲するようになったレポート
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT前にEPICがした証言
THE 9/11 COMMISSION REPORT関連サイト
FBIの2004年 2009年計画
米国のGAOが2004年9月7日に公開した在外大使館管理レポート
NICが2004年10月19日に公開したリリース
Tim Kane, Ph.D.による米国の地球規模外交の歴史1950-2003
GAOが2004年11月16日に公開した大使館構築に関する成果と展望
Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004法案
Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004施行報告
FCCのパブリック・コメント募集報告
「Executive Order 13328」
GAOが2005年6月6日に公開した、「USA Patriot Act」に関して追加指導レポート
EU: Data protection and data retention proposals
毎日届く「fbi.gov」「cia.gov」のウイルス付きメール
GAOが2006年6月27日に公開した、海外のスタッフによる適正化アプローチと努力調整に関するレポート
2007年3月に公表された盗聴の司法省内部監査最終報告書
GAOが2007年4月19日に公開した、防衛能力および管理問題について軍事委員会でのMichael J. Sullivan証言
ジェフリー・リチェルソンのCIFAドキュメント
Privacy Internationalの研究「Silencing Sources」
GAOが2008年3月28日に公開した、ビル・ネルソン(Bill Nelson)閣下による報告書
GAOが2008年4月23日に公開した、米国国防総省が将来のISRの開発を監督に対するレポート
Michael Chertoff米国国土安全保障省長官

米国の暗号政策とスパイ・ネットワーク
Big Brother
CALEA
FCCのVチップ規則
グローマー応答拒否
Internet war
UKUSA
FISA
Key Escrow
クリッパー・チップ計画
KES
ワイヤー・タップ
盗聴法案
米国のワイヤー・タップ・レポートの98年版
フィルタリング・システム
クリッパー・チップ計画
EFF
サイバーポン
ネット・ヘイト
ネットワーク上のプライバシー侵害問題
インターネット
ネチズン
ネット世話役
video vigilante
電子自警団
ブラインド・ファキシング
サイベリア
MUD(Multi User Dungeons)
インターネット上のワイセツ画像摘発
メガ・キャリア
米国内の通信改革法案
NetNanny
ネチケット
インターネット暴動
サイバースペース独立宣言
倫理綱領抗議文
電子ネットワーク協議会
倫理問題に係る自主ガイドライン
電子ネットワーク協議会の倫理綱領
「『倫理綱領』に抗議します」
倫理綱領とルール&マナー集の要点
電子ネットワーク協議会のルール&マナー集
モラルハザード
ドイツ新テレコミュニケーション法案
ドイツ・マルチメディア規制法
電子取引法制に関する研究会
黒いリボン
黒いリボン
SafeSurf
SurfWatch
コンピュータ不正アクセス対策基準
コンピュータ緊急対応センター
サイバー・テロ
マッド・サイエンティスト
組織的な犯罪に対処するための刑事法の整備について
マルチメディア・スーパー・コリドール
ムミア・ルール
ゴア副大統領(当時)の暗号化キー関連政策
KES
フィルタリング機能の検討案
W3C
PICS(the Platform for Internet Content Selection)
Safety-Net
RSACi
性とメディア
Cyber Patrol Coporate
自由の疫病
WIPO
WIPOの課題リスト
バーチャル・アイデンティティ
バーチャル・セックス
仮想現実タレント
デザイナー・リアリティ
「組織犯罪対策」に反対する刑法学者の声明
ネットパス
CA
メリーランド州のネットハラスメント防止法案
Telecommunications Act of 1996
ワイヤー・タップ
「大阪わいせつリンク」事件について
リンク 猥褻物陳列罪 プロバイダの責任
国際暗号協定
CDA
サイバー法
OECDの暗号政策ガイドライン
個人情報の保護に関するガイドライン
暴力ゲーム
Kids GoGoGo
映画Ratingシステム
インターネット風俗画面研究会
クリントン大統領(当時)のワイセツ情報規制策
CESA倫理規定
フィルタリング機能の構築
京都・わいせつ画像データ裁判
Privacy Assured
NCSA(National Computer Security Association)
情報システム安全対策指針
盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会
日本国憲法とマルチメディア
不健全指定を受けた出版物
インターネットの危機
フューチャーネットワーク
レイティング・データベースの稼働
インターネット上の情報流通ルール
情報流通ルール-1/はじめに
情報流通ルール-2/必要性
情報流通ルール-3/議論の状況
情報流通ルール-4/イギリス
情報流通ルール-5/ドイツ
情報流通ルール-6/フランス
情報流通ルール-7/オーストラリア
情報流通ルール-8/シンガポール
情報流通ルール-9/EU
情報流通ルール-10/OECD
情報流通ルール-11/APEC
情報流通ルール-12/自己責任の原則
情報流通ルール-13/情報発信への対応
情報流通ルール-14/プロバイダーの責任
情報流通ルール-15/発信者情報の開示
情報流通ルール-16/受信者の選択を可能とする技術的手段
情報流通ルール-17/事後的措置
情報流通ルール-18/脚注1〜25
情報流通ルール-19/まとめ
情報流通ルールに関する意見募集(終了)
情報の自由化宣言
レイティング・データを知るための方法
風営法改正
米国の過激な学校のフィルタリング規制法案
静岡県インターネットプロバイダー生活安全協議会
ネットワーク犯罪防止法
プライバシーマーク制度
ネチズン保護法
ネットに必要な10の法案
成長する鍵
WIPO MEMBER STATES APPROVED PROGRAM AND BUDGET FOR 1998-1999
ebase
IBMご利用ガイド
メール脅迫者
CHALK
FTCのインターネット・プライバシーに関する提案
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-1
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-2
盗聴法案の国会審議入りに抗議します
1998年5月14日のゴア副大統領(当時)の講演
データベース保護法案
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-1
NetAction
スウェーデンのElectronic Bulletin Boards
PGP
FBI長官の不安と願望
クラッカー
Online Privacy Alliance
Digital Kids
コンテンツのタブー
Malicious Mobile Code Consortium
ポートスキャン
ネットワーク上の人格
米政府の暗号輸出規制緩和
プライベート・ドアベル方式
Emily Postal's Netiquette Q & A
KIDSPLAZA
国際ジャーナリストの仕事と技術
大川センター
郵政省の不正アクセス対策法制への意見募集
1999年1月7日に郵政省から発表された募集結果
IFJ
CPJ
ICIJ
プロテクト外し規制
米国の法律関連のURL
POSTA
SAFe-mail
EUが1999年3月15日に発表した盗聴規制ドラフト
日本のスパイ衛星打ち上げ計画
テンペスト技術
EPICが1999年12月2日にNSAを提訴したリリース
EPIC(Electronic Privacy Information Center)
インターネット利用のルールとマナー集
GCHQ
CCIPS
Foreign Intelligence Surveillance Act
米国映画芸術科学アカデミーの新規約
オーストリアの新スパイ法
盗聴法を直ちに廃止することを強く訴える(声明)
犯罪捜査のための通信傍受に関する法律
バーチャルタレント・オーディション2001
chatterbot
Cold War II
NISM推進協議会
米国司法長官に共同で出した電子スパイ問題書簡
米国司法長官に共同で出した電子スパイ問題書簡
人権擁護推進審議会
ログ
インターネット協会
DSL(Design Science License)
In-Q-Tel
CATT(Cyber Attack Tiger Team)
経団連の「今後のメディア制度の課題(中間報告)」-1
Robo-roach
スパイ衛星KH-11
スパイ衛星KH-11
通信傍受法国家公安委員会規則
レスキューロボットコンテスト
MI5
Milstar
ローテク・ハイコンセプト・テロ
対テロ特別法
Corona project
RMA(Revolution of Military Affairs)
Robo-reporter
人権擁護法案に対する共同声明
「人権擁護法案(仮称)の大綱」に対する民放連のコメント
メディア規制3法案
.kids.us
アクセス権
米国エネルギー省の冷戦サイト・クリーン大作戦
ACLU(American Civil Liberties Union)
Digital Pearl Harbor
FBIによるKGBハッキング・ハッカーズ
EUのデータ保存とアクセス権ルール
2001年9月11日以降の世界のデータ規制
中国インターネット・アクセス規制チェック
seven dirty words
CAPPS 2
CAPPS 2
CTEA(Copyright Term Extension Act)
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
CSRDA(Cyber Security Research Development Act)
Internet warに関する参考文献
統計関連情報があるURL
デジタル演技賞
サイトトレーサー動線くん
NDIIPプログラム
アカウンタビリティ
H2ロケット
Operation E-Con
Talon
FOIA
Library, Bookseller, and Personal Records Privacy Act
CIA(Central Intelligence Agency)
ドクトリン
FIA(Future Imagery Architecture)
This World: One Day of War
CALEA
Rbot-GR
自由の要塞
Intelligence Reform Act
Def Tech
CIP(Customer Identification Program)
NAF(National Arbitration Forum)
EU data retention laws
昆虫サイボーグ
NSLs(National Security Letters)
CRI(Customer Respect Index)
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
Global Text Project
US$100 PC project
the Communications Opportunity, Promotion, and Enhancement Act of 2006
ハニートラップ
JUNIOR net
お母さんの四分の三は、スパイ!