ヘッドエンド設備


CATVなどで番組を送出する設備で、これまではヘッドエンド設備を各事業社が独自に持たねばならないという規制があり、事業者に負担になっていました。1997年12月24日に郵政省(当時)は複数の事業者間で共用できるように規制を緩和しました。

>> さらに詳細な情報はこちら