ヘッドハンティング・バブル


外資系企業が日本に進出するときに、ヘッドハンターが実際の実力に関係なく、語学力などと同時に米国の大学が提供するMBAなどを対象に選択してきたことから、MBAさえ持っていれば高収入という神話まで生まれ、猫も杓子もMBAを求めて、通信教育まで登場しています。

>> さらに詳細な情報はこちら