米国のtweensからteensへのメディア生活変化


Alloy Media + Marketing and Harris Interactiveによって公開されたレポートによれば、10代はますます多くの時間をオンラインで友人とコミュニケートするのに費やし、そして、何人かはそれらの友人が一度も会ったことがない人々で、米国のteens(10代)の75%、tweens(9歳から12歳)の43%はソ−シャルネットワ−キングに参加し、プロフィールを公開していて、10代の子供は平均して75人の友人リストが掲載され、teens(10代)とtweens(9歳から12歳)の間では、オンラインで友人とコミュニケートしながら費やされた時間には重要なギャップがあるのがわかりました。

>> さらに詳細な情報はこちら