ウイルス戦争

Virtuous War


リアル・ワールドの病原菌ウイルスを利用した攻撃と、サイバースペースのコンピュータ・ウイルスを利用した攻撃による戦いがあり、また、その両方を利用した攻撃まで含んだ戦争です。

>> さらに詳細な情報はこちら


James Der Derian著の「Virtuous War」の表紙
2003年4月9日19時49〜50分の約1分間で61本の着信があったウイルスのリスト
GAOのパイロットと航空関係者に対する炭疽菌種痘レポート
外務省が2002年11月20日に公開した「生物兵器禁止条約(BWC)強化のための作業計画に関する合意(概要と評価)」
Medical and Public Health Managementからの炭疽菌とバイオテロ情報
M. FRIEDLANDER, M.D.の炭疽菌情報
天然痘とバイオテロリズム
結核菌とバイオテロリズム
イベント前のBED-IN AND FAST FOR WORLD PEACEサイト
Henry L. Hinton, Jrによる「化学生物兵器に対応する軍備」
IFJは2001年10月1日に公開した「No Story is Worth Your Life」
「米国の同時多発テロ」における炭疽菌等汚染のおそれのある封筒等の取扱い方法について
生物兵器テロの可能性が高い感染症について
国内における生物テロ事件発生を想定した対応について
FBIの日本語翻訳ポスター
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book表紙
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録a
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録b
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録c
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録d
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録e
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録f
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録g
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録h
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録i
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録j
米国陸軍感染医療研究所のBlue Book付録k
米国陸軍感染医療研究所の生物兵器ハンドブック
炭疽菌の歴史年表
米国国防総省が定義している情報戦争
米国海兵隊が公表した、機密扱いでない情報作戦に関するマニュアル
炭素菌に対応する米国郵政公社対応に関するレポート
2005年3月2日に公開した、生物化学兵器に対する陸軍と海兵隊の対応状況レポート
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
GAOが2005年4月5日に公開した炭疽菌検出レポート
GAOが2005年4月5日に公開した実証実験レポート
GAOが2005年5月26日に公開した、78ページのサイバーセキュリティ・レポート
第8空軍指揮官ロバート・エルダー
第8空軍指揮官ロバート・エルダーの経歴とレポート
Airforce cyber commandのマーク
Panda SoftwareのPandaLabs調査チーム・レポート
「ANNUAL REPORT TO CONGRESS Military Power of the People's Republic of China 2007」