うるう秒調整


天文時と原子時の誤差が0.9秒以上にならないように全世界一斉に実施される調整です。時間単位となる1秒の基準は、昭和47年1月1日の午前9時(世界標準時午前0時)に従来の地球の自転に基づいた「天文時」から、セシウム原子の振動を基にした「原子時」に切り換えられました。

>> さらに詳細な情報はこちら