ウルトラATA

ultra ATA


ハードディスクをパソコンに接続する規格の1つで、これまでパソコン搭載用に採用されてきた標準インタフェース「ファーストATA-2」の転送速度が毎秒16.6Mバイトであったのに対し、パソコン本体やHDDの大幅な変更を必要としないで毎秒33Mバイトを確保できる接続方式です。

>> さらに詳細な情報はこちら