報道の自由とプライバシー

Free speech and privacy>>Free speech over privacy

発言の自由がプライバシーを侵害した場合

情報の公開は民主主義の基本理念であるが、同時にパパラッチのような、個人の生活空間にまで踏み込んだ取材があり、それをも「報道の自由」として扱うかどうか?が問われるところで、そのプライバシーに公共性があるかどうかと言うことになります。

>> さらに詳細な情報はこちら


Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
Riptech社が2002年1月28日に公開した世界のAttackレポート
世界40カ国の「報道の自由」に対する政府別対応の比較
RSFが公開した「World press freedom index」
The Right To Tell/The Role of Mass Media in Economic Developmentの目次とChapter 1
U.S. Copyright Law
WIPOが2002年12月16日に公開した「INTELLECTUAL PROPERTY ON THE INTERNET」
Unpacking ''Privacy'' for a Networked World
民放連が2001年12月20日に公開した集団的過熱取材への対応策
37周年を迎えたFreedom of Information Actレポート
OMBによる情報システムとプライバシー法のレポート
経済産業省の日刊工業新聞社産業再生法認定リリース
UNCTADの「E-Commerce and Development Report 2003」
Strategy Analytics社が2004年2月12日に公開した2001年と2003年を比較したレポート
日刊工業新聞社の産業活力再生特別措置法に基づく事業再構築計画の変更認定
外務省が公開した2004年5月17日の日米首脳電話会談内容
Make way for The Mobile
経済産業省が2004年6月11日に公開した産業活力再生特別措置法の計画達成状況
日韓友情年2005
Court TVのロゴ
Court TVのコントロール・センター
GAOが2006年5月17日に公開したプライバシー保護に向けた情報管理実証レポート
ドイツのBildが公開している読者レポーターの写真募集ページ
読者レポーターの写真募集アイコン
Nielsen//NetRatingsが2007年3月29日に発表した情報
GAOが2007年4月30日に公開した、プライバシー管理レッスンのレポート
Privacy Internationalの研究「Silencing Sources」
BBC World Serviceが2007年12月10日に公開した「World Divided on Press Freedom」
Prof. Barabasi Discusses Groundbreaking Research on Human Mobility in Nature Cover Story 06-06-2008
「A Decade Under Chavez: Political Intolerance and Lost Opportunities for Advancing Human Rights in Venezuela」

ジャーナリストのためのURL
アラブにおける報道の自由運動100年
報道の自由の判例
CMF MENA
Timothy Baldingが2000年3月5日に発表した要請文-1
Timothy Baldingが2000年3月5日に発表した要請文-2
WAN(the World Association of Newspapers)
世界プレス自由の日
20世紀最後の世界プレス自由の日の共同声明文-1
20世紀最後の世界プレス自由の日の共同声明文-2
アラブ女性の自由!
中東教育情報リサーチ研究所
日本国憲法とマルチメディア
コンテンツのタブー
新聞記事の公共性と著作権
声明・情報の自由と匿名発信を守れ
IFJ
CPJ
ICIJ
パパラッチ
マック・ペーパー
ビデオジャーナリスト
メディア・アクティビスト
video vigilante
TMN
E-Wire
DV STUDIO1394
CPJ
NetAction
Cut'n'Mix
AiR
ピーピング
米国の法律関連のURL
メディア最前戦の戦死と殺人
メディア最前戦の戦死と殺人/2000年
メディア最前戦の戦死と殺人/2001年
メディア最前戦の戦死と殺人/2002年
メディア最前戦の戦死と殺人/2003年
メディア最前戦の戦死と殺人/2004年
メディア最前戦の戦死と殺人/2005年
メディア最前戦の戦死と殺人/2006年
メディア最前戦の戦死と殺人/2007年
記者クラブ
告発の歴史
インターネット告訴
インターネット裁判
コンテンツと歴史から成り立つMuseum Europe
Webify
Teacher Review
教授への批判や個人攻撃は名誉毀損にならない
警察の組織犯罪を告発するネットワーク
Viral Marketing
ペンタゴンのない日
仮想被告
CIMI(Consortium for the Interchange of Museum Information)
Dot-Museum
サイバー探偵
ラナム法
レッツフォト
Directable Characters
Denial of Service attack
NIPCのNew Year's DDOS Advisory
国境なき記者団
ComedyCentral
DSL(Design Science License)
サーバーモンキー
世界・報道の自由の日
CTEA(Copyright Term Extension Act)
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
MRE(Military Reporters and Editors)
ARTF(Afghanistan Reconstruction Trust Fund)
CAS(Country Assistance Strategy)
IBRD(International Bank for Reconstruction and Development)
IDA(International Development Association)
IDB(Inter-American Development Bank)
IFIs(International Financial Institutions)
著作権保護とプライバシー保護
自由利用マーク
EYEマーク
統計関連情報があるURL
カメラ付き携帯
ブログ
FOIA
XBRL(eXtensible Business Reporting Language)
携帯電話ジャーナリスト
イエロー・ジャーナリズム
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
ONI(OpenNet Initiative)
Web壁紙新聞時代
世界・報道の自由の日
テロ捜査とプライバシー
This World: One Day of War
フレーマー
ハードディスク搭載携帯電話
フォト・ブログ
TADO(Terrorist and Disruptive Activities Ordinance)
報道被害
ローテク・ハイコンセプト・テロ-15
ローテク・ハイコンセプト・テロ-16
フランスで残っている最古の新聞Le Figaroの再生
EU press agency
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
1414@bild.de
Annual report on American Journalism
巨額なオンライン・プライバシーに関する方針