北米と南米のニュース・オン・インターネット


米国のサンフランシスコで週5回発行され、40人のスタッフで制作されてきた40ページ(金曜日は70ページ)の新聞「San Francisco Examiner」は2003年2月21日に、巻頭で「FREE!」という「San Francisco Examiner」のアナウンスを掲載し、カリフォルニアで始めて無料新聞にしたとEditor & Publisherが報道した。Editor & Publisherによれば、米国ではこのような無料新聞が、すでにフィラデルフィアやボルチモアで成功している。詳細情報はURL(http://www.editorandpublisher.com/editorandpublisher/headlines/article_display.jsp?vnu_content_id=1823508)または、URL(http://www.examiner.com/news/default.jsp?story=pr022103)または、URL(http://www.examiner.com/news/default.jsp?story=webanc022103)で知ることができる。新聞無料化の流れはヨーロッパで始まり、米国の新聞発祥地フィラデルフィアやボルチモアでも採用され、世界の流れになり始めているが、日本の巨大化し、企業化してしまった新聞社にとって、無料の民間テレビが登場したときにマスメディアが取るべき結論の先延ばしがもたらした悲観的な新聞の未来を予測させる。日本のYahoo!ジャパンは2003年7月25日に、日本テレビ系、TBS系、フジテレビ系の「NNN」「JNN」「FNN」からコンテンツ提供を受け、動画によるニュースを無料で視聴でき、内容を見比べて視聴することができる「動画ニュース」を公開した。詳細情報はURL(http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/)で知ることができる。ニュース内容を見比べることができるサービスは、ドイツのPaperballを皮切りに、Googleニュースなど、新聞社の団体をはじめ多くの検索会社などが実施してきたが、日本の場合は読売新聞のようにタイトルにまで著作権を主張し、さらにDeep Linkを拒否してきたので実現していないが、多分新聞で実現できなかったことをテレビの動画ニュースで実現できる可能性がでてきたことから、これで、新聞離れはさらに加速することでだろう。ただし、ニュースの内容は随時更新され、最大で24時間保存されるが、サービスはWindows Media Playerに限られるということである。また、このサービスの中にテレビ朝日系の「ANN」が入っていないのは、将来、朝日新聞にとって大きな痛手になることだろう。New York TimesとTribuneが2003年10月16日に第3四半期決算を発表し、New York Timesの売上げは前年同期のUS$1820万からUS$2180万へと19.7%増加し、営業利益は前年同期のUS$280万からUS$570万へと2倍以上に増加した。Tribuneは売上が前年同期のUS$13億4000万からUS$13億9000万へと3.4%しか増えていないのに比べ、オンライン広告売上は前年同期比24%増のUS$2500万と急増し、オンライン部門がそろって好調だったことが明確になった。ただし、日本の新聞社は、ディープ・リンクを禁止して、さらに読売新聞はタイトルにも著作権を主張していることから、「Google News」のような串刺しニュース検索ができないため、この未来の有料コンテンツ市場に参入できないのが現状である。もし、新聞社や出版社などでこのリストに掲載を拒否される場合はE-Mail(iiten@jiten.com)でご連絡ください。即刻削除します。詳細情報はURL(http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/)で知ることができる。ADVANCED INTERACTIVE MEDIA GROUPは2004年1月に、デジタル化された新聞と、その他の出版に関する調査研究レポート「Digital Newspapers: What, how and why」の全文をPDFで公開した。詳細情報はURL(http://www.aimgroup.com/FileGallery_Redirect.asp?UID=18257&FileID=1&FileName=1.pdf)で知ることができる。サーチ・エンジンを調査している「SearchEngineWatch.com」は2004年1月27日に、「A Multifaceted Online News and Blog Search Tool」で、ニュース関連サーチ・エンジンが多くのユーザーを引きつけていると報告した。詳細情報はURL(http://www.searchenginewatch.com/searchday/article.php/3304321)で知ることができる。Editor and Publisherは2004年8月8日に、NAHJ(The National Association of Hispanic Journalists)がメディア会社で働くニュース専門家に関する第1次の調査の予備結果調査報告書を2004年8月7日に発表し、その結果から、ジャーナリストの92パーセントおよびマネージャーの87パーセントはスペイン語圏の出身者で、スペイン語が話せ、そのうち半分以上が米国人の市民権を持っていることが判明したと報告した。詳細情報はURL(http://www.editorandpublisher.com/eandp/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1000602536)または、URL(http://www.nahj.org/nahjnews/articles/2004/august/spanish-languagesurvey080704.shtml)または、URL(http://www.nahj.org/professionaldevelopment/Spanish-languageMediaSurvey.pdf)で知ることができる。Washington Postは2004年9月9日に、ビル・ゲイツ(William H.Gates通称Bill Gates)の夫人メリンダ・ゲイツ(Melinda Gates)が、Washington Post取締役(Washington Post Co. as Director)に選出されたと発表した。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A9709-2004Sep9.html)で知ることができる。The State of the News Mediaが617ページの2005年度版「The State of the News Media 2005」を発表した。その中で注目されるのは、FOXはイラク戦争関連情報が73%、MSNBCは29%で、第1次イラク戦争で躍進したCNNはジャーナリストの自己の視点報告を含んで、たった2%だったと報告している。取り上げられている対象は、新聞、オンライン、NetworkTV、CATV、ローカルTV、雑誌、ラジオなどで、非常に興味深い情報が多い。詳細情報はURL(http://www.stateofthemedia.org/2005/index.asp)または、サマリーがあるURL(http://www.stateofthemedia.org/2005/execsum.pdf)で知ることができる。テレビのニュースは垂れ流しで、以前に放送されたニュースを確認できない弱点があったことから、WGBH Media Archives and Preservation Centerが、Institute of MuseumとLibrary Servicesなどから、米国のニュース番組「The Ten O'Clock News」のビデオを収集し、523テープを公開した。詳細情報はURL(http://main.wgbh.org/ton/)で知ることができる。Center for Media Researchは2006年3月10日に、ニュース・コンテンツの視聴者人口統計、広告主、広告サイズ、および配送タイプを含む現象とグローバルなニュースサイトへの関心について報告した。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060310)で知ることができる。New York Timesは2006年3月13日に、米国で2番目に大きな新聞社Knight Ridder社がMcClatchy社に現金と株でUS$45億で売却することに合意したと報告した。売却合意の条件は、McClatchy社がKnight Ridder社の1株あたりUS$67を支払うことで、支払いの約60%が現金になり、McClatchy社は、Knight Ridder社のいくつかの新聞を閉鎖し、経費削減を図ることになる。ただし、Knight Ridder社は、McClatchy社が所有している12紙より約3倍の日刊新聞を所有し、2005年の収入ではKnight Ridder社がUS$30億であったのに対し、McClatchy社はUS$12億と半分以下で、小さなMcClatchy社が大きなKnight Ridder社を買収したことになり、米国の新聞業界も下克上の戦国時代を迎えた。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2006/03/13/business/media/13knight.html)で知ることができる。新聞の不景気は2005年にヨーロッパで起こり、とくにフランスではレジスタンスの旗手として、1944年に正式に創設されたフランスの新聞France Soir(フランスの自由)が倒産したとThe Tocqueville Connectionが2005年10月31日に報告した。詳細情報はURL(http://www.ttc.org/200510311646.j9vgkp911969.htm)で知ることができる。または、jiten.comのブログで紹介したフランスの新聞の大恐慌情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2836)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3225)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2704)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=1402)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=484)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=573)で知ることができる。さらに、「ドイツの新聞はいずれ崩壊する」など、ドイツの新聞の並々ならなお努力の情報があるブログはURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=327)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=652)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=626)で知ることができる。日本の新聞社は発行部数が多く、売り上げも多いからと安心していると、とんでもないことになることだけは確実といえる。Pew Internet & American Life Projectは2006年3月22日に、米国でインターネットを使ってニュースをチェックしているユーザーは、米国の3011人を対象として2005年12月に実施した調査によれば、2005年末の時点で全ユーザーの35%に当たる5000万人に達し、ニュースをチェックする媒体としてインターネットを挙げたユーザーは全体の23%で、ブロードバンドユーザーに限ってみると、筆頭はテレビ(地元向け放送)の57%だが、インターネットを挙げたユーザーは43%になり、地方紙38%、全国紙17%を上回り、テレビ49%、ラジオ49%に迫る勢いとなっていると報告した。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/PPF/r/178/report_display.asp)で知ることができる。米国のcomScoreは2006年8月7日に、米国内のインターネット利用者のうち54%がニュース配信サイトを利用し、米国内でサイト訪問者数が最も多いニュース配信サイトはYahoo! Newsで、訪問者数の33%を占める約3120万人が利用している。また、ニュースサイトの訪問者には高所得者の比率が高いと報告している。詳細情報はURL(http://www.comscore.com/press/release.asp?press=971)で知ることができる。Newspapers and Technologyは9月号で、2007年と2006年の新聞サイトにおけるビデオの影響を調査した結果「Study shows video playing big role for newspaper sites---Newspapers targeting smartphone users as consumers demand more content aimed at portable devices.」を公開した。新聞はますますビデオを採掘し、そして、Bivings Groupは米国インターネット通信からの最近の研究に応じて、オンライン・トラフィックを向上させるのにマルチメディアは重要であると報告している。100の最も大きい米国新聞サイトを対象にした調査によれば、ビデオを提供している新聞サイトは、2006年が31%であったのに対し、2007年には92%になっている。39カ所では、オリジナル・ビデオを提供し、26カ所ではAP通信からのビデオストリームを使用し、13カ所では、ローカル・ニュースアウトレットからビデオを提供し、103カ所が2つの異なったタイプのビデオを混在して使用していると報告している。Bivings Groupが調査したのは、2007年6月31日のFas-Fax reportでAudit Bureau of Circulationsが提供した「top 100 highest circulation newspapers」をベースに分析し、2006年には各サイトはWeb2.0機能の存在が不足していると評価されていた。この調査結果によって、2006年からのレポートと比べて、インタファクティブの特徴使用があらゆるカテゴリで増やしていること判った。97カ所でRSSを提供し、95%では少なくとも1つのレポーター・ブログを提供し、88%の新聞でブログのコメントを許容している、とレポートには書かれている。ところが新聞社はまだ著作権を重要視しているのか、ほとんどのビデオを他のブログなどに張り込めなくなっている。つまり、なぜ「YouTube」が多くのユーザーを集めているかと言うことが理解されていないようである。詳細情報はURL(http://www.newsandtech.com/issues/2007/09-07/ot/09-07_video-study.htm)または、URL(http://www.bivingsreport.com/2007/american-newspapers-and-the-internet-threat-or-opportunity/)で知ることができる。

[国別ニュース/米国]
●画像加工した大嘘ニュースを紹介しているFrEAKING NeWSのURL(http://www.freakingnews.com/)
●19,000の新聞切り抜きがある米国北西部の歴史データベース「The Northwest History Database」のURL(http://content.wsulibs.wsu.edu/pncc/pncc.htm)
●米国で発行されている新聞リンク集US NewspapersのURL(http://www.usnpl.com/)
●ニュース関連のインタラクティブ博物館NewseumのURL(http://www.newseum.org/)
●ABCNews.comのURL(http://abcnews.go.com/)
●The American ReporterのURL(http://www.american-reporter.com)
●Anchorage Daily NewsのURL(http://www.adn.com/iditarod/)
●Anniston(Alabama) StarのURL(http://www.annistonstar.com)
●AOL NewsのURL(http://my.aol.com/)
●Arizona NewsFlashのURL(http://aznewsflash.com/)
●Arizona Newspapers onlineのURL(http://arizona.onlinenewspapers.net)
●Broadband VideoのURL(http://www.broadbandvideo.com)
●Broadcasting&CableのURL(http://www.broadcastingcable.com/)
●BtoBonline.comのURL(http://www.BtoBonline.com)
●Business WeekのURL(http://www.businessweek.com/)
●Chicago TribuneのURL(http://www.chicagotribune.com/)
●Chicago Sun-TimesのURL(http://www.suntimes.com/index/)
●CNN InteractiveのURL(http://www.cnn.com/)
●CNNfn InteractiveのミラーサイトのURL(http://Japan.CNNfn.com/)
●Columbia University's Graduate School of JournalismのURL(http://www.jrn.columbia.edu/)
●The Denver Newspaper AgencyのURL(http://www.denvernewspaperagency.com/terms.html)
●Denver PostのURL(http://www.denverpost.com/)
●Discovery Channel OnlineのURL(http://www.discovery.com)
●Dow Jones & Co.のURL(http://www.dowjones.com/)
●editorandpublisher.comのURL(http://www.editorandpublisher.com/)
●Electronic NewsのURL(http://www.e-insite.net/electronicnews/)
●米国娯楽ニュース番組「Entertainment Tonight」のURL(http://www.etonline.com/)
●Financial timesのURL(http://www.ft.com)
●ForbesのURL(http://www.forbes.com/)
●Fort Worth Star-TelegramのURL(http://www.Star-Telegram.com)
●Fox News NetworkがVDOLiveやRealAudioを使った24時間体制で提供するニュースサイト「FOX News」のURL(http://www.foxnews.com/)
●全米向け情報誌を発行しているUS Frontline News社の情報発信サイト「USFL.COM」のURL(http://www.usfl.com)
●米国・マフィアの情報を提供しているGangLandNews.comのURL(http://GangLandNews.com/)
●Gannett online propertiesのURL(http://www.gannett.com/)
●IFEX Action Alert ServiceのURL(http://www.ifex.org/alert/)
●Kansas City StarのURL(http://www.KansasCity.com)
●Kentucky Monthly MagazineのURL(http://www.kentuckymonthly.com)
●Lawrece Journal WorldのURL(http://www.ljworld.com/)
●Los Angeles TimesのURL(http://www.latimes.com)
●一般では公開しない映像や写真でも公開してしまう「The Memory Hole」のURL(http://www.thememoryhole.org/)
●The Miami HeraldのURL(http://www.herald.com)
●Microsoft社と米国3大テレビ放送網の一つNBCが始めたニュース専門のサーバーMSNBCのURL(http://www.msnbc.com)
●Minnesota Public RadioのURL(http://www.mpr.org/)
●米国ゴシップ誌NATIONAL ENQUIRERのURL(http://www.nationalenquirer.com/)
●Newsday.comのURL(http://www.newsday.com/)
●米国全般のスポーツニュースがあるNetsportのURL(http://www.netsports.com/)
●NewsPageのURL(http://www.newspage.com/)、FreeLoaderのURL(http://www.individual.com)など、ユーザーのニーズに合わせた電子情報サービスで知られる米国のインディビジュアル(Individual)社が設立したNewsOage Network社が提供する2500以上のジャンルにわたる情報ページのURL(http://pnp.individual.com/network/summary.html)
●Newstream.comのURL(http://www.newstream.com)
●Newsweekのオンライン版Newsweek.comのURL(http://www.newsweek.com)
●New York Times (CyberTimes)のURL(http://www.nytimes.com/)
●NewYork Timesが開設したニューヨークを中心にした生活、観光情報、ビジネス情報などを提供するNYtodayのURL(http://www.nytoday.com/)
●NHCN(National Home Center News)のURL(http://www.homecenternews.com/)
●Neilsen/Net RatingsのURL(http://www.nielsen-netratings.com/)
●嘘ばかりの不思議なニュースを提供している「The Onion」のURL(http://www.theonion.com/)
●Time Warner関連の雑誌、映画など75媒体の情報を網羅しているPathfinderのURL(http://www.pathfinder.com)
●Philadelphia EnquirerのURL(http://www.philly.com)
●Potomac Tech Journal (cease of publication note)のURL(http://www.potomactechjournal.com/)
●RedEye TabloidのURL(http://www.redeyeusa.com/)
●Red Streak TabloidのURL(http://www.chicagoredstreak.com/)
●Reuters GroupのURL(http://www.reuters.com/)
●Rocky Mountain NewsのURL(http://www.rockymountainnews.com/)
●世界で最初のマルチメディア新聞SAN JOSE MERCURY NEWS(http://www.sjmercury.com/)
●サンフランシスコの地元日刊紙San Francisco chronicleとSan Francisco examinerの過去4年文の記事が検索でき、全文記事がすべて引き出せるURL(http://www.sfgate.com/)
●Salon.comのURL(http://www.salon.com/)
●The Salt Lake TribuneのURL(http://www.sltrib.com/)
●USA TodayのURL(http://www.usatoday.com/)
●Washington Business ForwardのURL(http://www.bizforward.com/)
●Washington PostのURL(http://www.washingtonpost.com/)
●Washington Postの「Tell Me About It column」のURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/style/columns/tellmeaboutit/)
●Washington StarのURL(http://www.washingtonstar.com/)
●ZDNetのURL(http://www.zdnet.com/)
●Wausau (Wis.) Daily HeraldのURL(http://www.wausaudailyherald.com/)

[国別ニュース/カナダ]
●Canadian PressのURL(http://www.cp.org)
●Canadian Corporate NewsのURL(http://www.cdn-news.com)
●Toronto StarのURL(http://www.thestar.ca)
●globetechnology.comのURL(http://www.globetechnology.com/)
●CanWest がオーナーになり、カナダの10大新聞からニュースを提供しているNational PostのURL(http://www.nationalpost.com/)
●カナダの新聞からニュースをチョイスして提供しているCanada.comのURL(http://www.canada.com)

[国別ニュース/ペルー]
●La RepublicaのURL(http://ekeko.rcp.net.pe/LaRepublica/)


まぐまぐの読者登録数の推移
150,000社以上の出版社、8000紙以上の新聞が検索できるPublist.comのホームページ
電子メールマガジン広告表
MRIのブロードキャストニュースとOnlineニュースの比較
MRIのニュースを見る年齢比較
MRIの生活に影響を与えるニュースの提供手段
1998〜2000年におけるブロードキャストニュースとOnlineニュースの比較
Onlineニュースで注目されたニュース比較
1999〜2005年のオンライン広告成長予測
米国における2000年1月〜2月のオンライン広告ターゲット
家庭向けオンライン広告Top18
2000年になって登場したオンライン・ビジネス
どれだけ正確な情報をインターネット経由で得ているか?
何が重要な情報ソースであるか?
Communications Industry Forecastのオンライン広告1999〜2004年予測
意外と多いインターネットを利用しない米国人
インターネット広告のカテゴリーとタイプ、歴史
米国のインターネット広告掲載タイプ要求と提供タイプの比較
米国のパソコンユーザーとインターネット環境確保の比率
電子メールを利用したeZine
Clientizeの500電子メール・ニュース調査
米国の博物館と図書館レポート2002
mcgraw-hillが提案している新聞デザインの案内
RSFが公開した「World press freedom index」
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
「San Francisco Examiner」の巻頭アナウンス
「San Francisco Examiner」のリリース
ESRB Game Ratings
調査研究レポート「Digital Newspapers: What, how and why」
Illustrirte Zeitung1847年7月27日号に掲載された新聞配達
Illustrirte Zeitung1847年8月14日号に掲載された裕福な家庭と新聞
Illustrirte Zeitung1847年8月14日号に掲載された不幸な新聞と健康的な新聞
NAHJが公開した第1次の調査の予備結果調査報告書
ドイツのBDZVが公開した新聞を読む365の理由
2005年度版「The State of the News Media 2005」のサマリー
Center for Media Researchが2006年3月10日に公開したニュース・コンテンツのインターネット視聴者レポート
Pew Internet & American Life Projectが2006年3月22日に公開したインターネットのニュース利用者調査
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言
comScoreが2006年8月7日に公開した、米国内のインターネット・ニュースサイト利用者レポート
米国の新聞サイトトップ100の2006年/2007年のWebサイト比較
State of the News Media 2008

ジャーナリストのためのURL
ニュース・オン・インターネット
アジアのニュース・オン・インターネット
ヨーロッパのニュース・オン・インターネット
オセアニアのニュース・オン・インターネット
アフリカのニュース・オン・インターネット
アラブのニュース・オン・インターネット
コンピュータやインターネット関係のニュース
マルチメディア新聞
オンライン・マガジンのホームページ
グローバル・リサーチ
インターネット
WWW
ホームページ
AMC(AMERICAN MUSIC CENTER)
MEDIA TOWER
インターネット効果指標データ
Business Browser
サイバー都市ケースバンク
企業ホームページ・インデックス
CD-ROM Web Magazine
ZAKZAK
INTERNET Watch
MacWEEK Online Japan
TidBITS Japanese
Newsbytes
DNA(Digital News Archives)
E-NEWS
毎日150文字新聞
GyroScoop
JustNetパーソナライズド毎日デイリークリック
パーソナライズド・ウォッチ
台湾のコンピュータ業界のニュース
ニュース・オン・デマンド
インフォマーケット・ニュース・チェッカー
朝日ニュースター
PCWEEK WIRE
毎日デイリークリック
Y.O.M.I
BizTech
J-Site
Webpublisher
c|net
NETSCAPEのプラグイン
RealAudio
キーナビ
FIRSTNEWS
Macintosh WIRE
E-Wire
NewsTracker
INN
Corporate Watch
ZDNet
Clue
DigiNews
Online News Salaries and Staffing
NCN(New Century Network)
WAN(the World Association of Newspapers)
IAA
paperball
プレスネットワーク
NewsReleaseNavi
電子メール新聞のURL
Mercury CenterのDEAR READERS
MHTML(Multilingual HTML)
ASCII24電子メールサービス
News Trek
Windows関連のURL
Macromedia Generator
新聞記事の公共性と著作権
富山県立近代美術館裁判
シェアメール
メディア資産管理
HP Instant Delivery
Eyetrack2000
米国映画芸術科学アカデミーの新規約
UCLAが2000年8月15日に公開した調査報告
Cafe Digital
電子メールと著作権法
World Press Freedom Day
国境なき記者団
ComedyCentral
インターネットやコンピュータの歴史があるURL
Creative Commons
デジタル新聞
ピューリッア賞
自由利用マーク
EYEマーク
統計関連情報があるURL
電子メール出版は死んだのか?
潰れる雑誌、残る雑誌
CDMA 1X WIN
オンライン・コンテンツ
フリー・ペーパー
Major U.S. Newspaper Digitizing Project
10×10
EU press agency
yorimo
Annual report on American Journalism
毎日jp
MSN産経ニュース
ANY