ポケットベル

pocket bell/pager

ポケベル/ページャ/無線呼び出しサービス

無線通信サービスの1つとして、1968年7月1日に日本電信電話公社(当時)が自動ダイヤル交換方式でサービスを東京23区で開始した携帯用無線呼び出しで、NTT移動通信網(NTT DoCoMo/NTTドコモ)の登録商標になっている。通信方式は150MHzで、呼び出し機を携帯している人に電話でダイヤルすると、帯電波でブザーを鳴らして呼び出す。国際名称ではページャ(pager)という。また、ポケベル(pager)の愛称として米国の10代の若者たちの間で広く定着している言葉に「Beeper」がある。また、Beeper Lingo(ポケベル語)と言う言葉も登場している。連絡をとりたい人にタバコほどの大きさのポケットベル端末(単にポケットベルが短縮してポケベルとも呼ぶ)を持たせ、連絡をとりたいときに登録されている電話番号に電話をすると、無線でポケットベルに合図を送り呼び出すことができる。最初は合図が「ピッ、ピッ、ピッ」という呼び出し音だけであったが、現在では、光を点滅させたり、振動させたり、文字を表示させるディスプレイ装置付きのポケットベルが登場している。数字や文字を合図として送ることができるため、高校生や大学生の間で暗号化した使用が頻繁に行われている。従来は、日本語の自由文を電子メールで送るには、パソコンとモデムから専用ソフトでセンターに接続して呼び出す必要がある。しかし、1996年10月7日からNTT DoCoMoは、NEXT(FLEX-TD)に対応した漢字表示対応ポケベル「インフォネクスト・シリーズ」を対象に、インターネット・メールからポケベルに自由文を送れるサービスを開始した。このサービスを使うには、宛先と文面を半角文字(1バイト文字)なら100文字、全角文字(2バイト)なら50文字まで、電子メールで指定のメール・アドレス(pagercall@page.docomonet.or.jp)に送ると、相手先のポケベルに文面を送ることができる。将来的は、ポケベル番号をメール・アドレスとして使えるサービスや、メールでなくWWW上からメールが送れるサービスも計画している。詳細は、自動応答の電子メール・アドレス(helpmail@page.docomonet.or.jp)から入手できる。NTT DoCoMoはさらに、パソコンで作成した漢字かな混じりの長文メッセージを、1送信につき漢字で最大50字まで受信でき、電子メール形式でパソコンへのメッセージ送信もできる漢字表示式ポケットベル「インフォネクストC11」を発売した。また、定型伝言文も40文案が登録済みで、電話帳の登録も50件まで可能である。しかし、携帯電話やPHSに押され、最近ではポケットベルの新規契約者が減ってきているのが現状である。そこでポケットベルにOSを搭載し、携帯電話やPHSに頼らなくても、そのまま電子メールをポケベルに取り込んだり、社内データベースを取り寄せるなど、PDAのようなポケットベルが登場してきている。例えばNECはMicrosoft社のWindowsを搭載した「ビーコン」を米国で発表し、注目された。また、ポケットベルで交通情報やチケット情報も入手できるようにもなり、携帯電話、PHS、PDA、ポケットベル、携帯パソコンといった分類ができなくなる可能性は十分にある。インターネット・メディアデザインは、プッフォンさえあれば、ポケベルと同じ操作でインターネットメールが送信できる「IMDぷっしゅメイル」を1996年12月9日からサービスを開始した。NTT DoCoMoは1997年1月から、大容量型ポケットベル「ネクスト」の利用者を対象に、呼び出しエリアが5つまで自由に設定できる「えらベルマッチ」と、家族に対する割引サービス、呼び出し回数の少ない顧客に有利なローコール料金制度の3種類のサービスを開始した。野村総合研究所(NRI/Nomura Research Instiute)は1997年9月に、電子メールをポケットベルに最大で漢字50字まで自動転送するイントラネット・サーバー用のソフトウエアを開発し、発売した。が長野オリンピックに合わせ腕時計型のPHSを発表したが、NTT DoCoMoはカシオ計算機の人気腕時計シリーズ「Gショック」に似た腕時計型のポケットベル「ネクスト・ジークス(NEXT Zi:ks)」を1998年1月22日に発売した。携帯電話の普及でポケットベル利用者が減少する傾向があることから、NTTドコモ系とテレメッセージ系の事業者39社は、着信者側の負担を小さくして利用者の拡大を図るため、1999年1月以降は発信者側が無線区間の費用を全部または一部負担する方式を導入する予定があり、郵政省は1998年4月16日に、このようなサービスを提供できるように「020」から始まる電気通信番号を指定した。CNET Briefsによれな、米国で1993年にパンナムサット(PanAmSat)が打ち上げた衛星「ギャラクシー4(Galaxy IV)」の衛星のアンテナを地球に向ける主システムの中のコンピュータ・プロセッサが故障し、予備のバックアップ・ユニットへの自動切り替え機能も故障していたため、1998年5月19日の夜(米国時間)制御を外れ、全米のポケベル利用者は約4000万人の80 90%が影響を受けた。NTT DoCoMoは、ポケットベルを内蔵した電光表示板を川崎駅前など3カ所に設置し、日本気象協会などと共同で、東京・川崎市でポケットベル網を利用して防災情報や気象情報などを配信する災害情報の配信実験を1998年7月から開始した。表示板には太陽電池を使用しているので、地震などで電気の供給が止まっても作動する。東京テレメッセージ(TTM)は最近の携帯電話の普及で低調傾向にあるポケットベルをパソコンから呼び出せるソフトとして1998年9月からWindows 95対応の「Touch Call」を発売した。中部テレメッセージは携帯電話の利用が多くなり、ポケベル利用が減少し、使用している電波に余裕が発生していることから、ポケットベルに使っている電波の空きを他の事業者にリセールする事業を1999年4月から開始する。NTT DoCoMoは1999年2月1日に、SCOPER(スクーパー)シリーズとして、B56、D56、A17、D17の4機種を発売した。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/98/whatnew102.html)で知ることができる。ポケットベル・サービス事業の東京テレメッセージ(TTM)は、携帯電話の拡張により、経営的に限界がきたことから、東京地方裁判所に会社更生手続き開始の申立を行い、受理された。詳細情報はURL(http://www.ttm.co.jp/index2.html)で知ることができる。東京地裁は1999年8月24日、会社更生法の適用を申請していたポケットベル大手の東京テレメッセージ(TTM)に対する更生手続きの開始を決定した。関西テレメッセージ(KTM)も1999年8月25日午前記者会見し、経営が行き詰まったことから12月末でサービスを停止し、2000年1月をめどに大阪地裁に特別清算を申し立てると発表した。詳細情報はURL(http://www.ktm.co.jp/)で知ることができる。鹿児島テレコールは2000年5月11日に、ポケットベルの新規加入停止を郵政大臣に申請した。現在の契約者に対しては今後、解約かNTTドコモ九州へ移行することになり、ポケット・ベル事業から撤退する。日本では携帯電話の登場でポケット・ベル事業が衰退する一方であるが、米国では電子メール専用端末としてキーボードを装備したビジネス・ユーザー向けのRIM社のBlackberryが人気で、Motorola社も折りたたみ式キーボードを装備したTalkabout T900を発表している。詳細情報はURL(http://www.blackberry.net/home/main.shtml)または、URL(http://direct.motorola.com/hellomoto/index.htm)で知ることができる。NTTドコモは2000年12月19日に、「ポケットベル」というサービスのブランド名を中止して、「クイックキャスト」に変更した。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/00/whatnew1219a.html)で知ることができる。ポケットベルを制作してきたメーカーのRIM(Research In Motion)社などは、パソコンの省エネでスリープした状態のママでも電子メールをやり取りできる双方向通信ツールとして開発が進んでいることから、将来はポケットベルがパソコンやPDAの部品になると予測している。一旦衰退した技術がその基本機能を発揮し、目には見えない部分で再活躍することになる。このような考え方をすると、まだまだ過去に開発された技術で現代に再生すべき技術は多く隠されている。日本ではポケットベルがマーケットからほとんど消えたが、米国ではEメールに加え、Yahoo!の提供するニュースや株価情報、天気なども受信することができる通信機器として、まだ多く利用されていることから、米国の腕時計メーカーTIMEXとYahoo!は、ページャー機能を装備した腕時計「Timex Internet Messenger Watch Model 90102」と「Timex Internet Messenger Watch Model 90091」「Timex Internet Messenger Watch Model 90081」を2001年7月10日に発売した。詳細情報はURL(http://www.timex.com/bin/detail.tmx?item=650044900318)または、URL(http://docs.yahoo.com/docs/pr/release793.html)または、URL(http://mobile.timex.com/)で知ることができる。World Network社は腕時計型ブラウザとして、3,000サイトの情報と100,000キャラクターを搭載したWeb@nywhere Watchを販売している。詳細情報はURL(http://www.webanywherewatch.com)で知ることができる。RIM社はイギリスのBTセルネット社と契約し、2001年8月14日にヨーロッパで初めて2001年9月から登場することを発表した。さらにRIM社フランスのSFR社、アイルランドのイーサット・デジフォン(Esat Digifone)社、オランダのテルフォート(Telfort)社、イタリアのDADA社とも契約が完了していることから、今後立て続けにヨーロッパ全土で無線電子メール・サービスを展開することになる。米国のDigital Cyclone社は2001年10月から、個人向けの衛星気象情報サービスMy-Cast Personal Satelliteを発表した。詳細情報はURL(http://www.My-Cast.com/)で知ることができる。今では放映できなくなった、美女を使ったタバコの広告を使ったWebアート「xena」がQuickTimeで公開されている。詳細情報はURL(http://www.computerfinearts.com/xena/index1.html)で知ることができる。カナダのRIM(Research In Motion/リサーチ・イン・モーション)社は2002年1月29日に、米AT&Tワイヤレス(AT&T Wireless)社と提携し、AT&T Wireless社のGSM/GPRSネットワークを利用して、電子メール対応ポケベル「ブラックベリー(Black Berry)」に音声通話機能を追加した新機種を企業顧客向けに提供すると発表した。詳細情報はURL(http://www.rim.net/news/press/pr-29_01_2002-02.shtml)または、URL(http://www.rim.net/news/press/pr-29_01_2002-03.shtml)で知ることができる。日立製作所システムソリューショングループは2002年2月28日に、コンサートや演劇等のチケットをインターネットで予約、決済を行い、当日、劇場に設置されたマルチメディア端末で発券を行うASPサービス「チケット予約・決済サービス」を興行主向けに2002年3月1日から販売開始することを発表した。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews-m/2002/0228/index.html)で知ることができる。NTTはポケベルのサービスを2007年3月31日で終了すると発表した。


1987年4月1日に発売されたのポケットベル
NEXT Zi:ks-1
NEXT Zi:ks-2
SCOPER B56
SCOPER D56
SCOPER A17
SCOPER D17
香川県多度津市にある地震振動実験多度津工業試験場外観
世界最大(最大1000t)の油圧式振動試験機
振動試験に使う原子力発電機の1/2、1/3の模型
本体を駆動させる油圧ポンプ
巨大な油圧ジャッキ部アキュムレーター
振動台とアキュムレーターで縦横垂直の揺れを実現する連結ジョイント
RIM社のポケットベルBlackBerry
RIM社のワイド画面のBlackBerry
両方にBlackBerryサイズ比較
Motorola社のTalkabout T900
Motorola社のキーボード付きポケットベルの機能スペック
QUICKCASTのロゴ
ポケットベルの名称が消えたリリース
各パソコン・メーカーの初期不良率と故障率
Despair.com社のロゴ
Despair.com社のパロディ・ページ
Despair.com社のパロディ写真
Despair.com社のパテントページ
Despair.com社の登録商標認証書類
SunTower
SolarDisk
SolarClipper
火星で活躍することを目的にNASAが制作しているSolerRobots
Timex Internet Messenger Watch Model
Timex Internet Messenger Watch Model 90102
Timex Internet Messenger Watch Model 90091
Timex Internet Messenger Watch Model 90081
Timex Internet Messenger Watchの機能
Timex Internet Messenger Watchのインターネット機能
Timex Internet Messenger Watchのページャー表示例
気象図制作システムCLIMVIS(Climate Visualization system)
CLIMVISサンプル画像
CLIMVIS Palmer
CLIMVIS複合情報
Web@nywhere Watch
Web@nywhere Watchの解説映像
国別携帯電話を利用したインターネット接続と、多用されるSMS文法
アイルランドの子供達と世界のインターネット利用比較
2001年10月31日の近畿地方の携帯電話とPHSの現状
道路交通情報高度化検討会の道路交通情報ビジネスの現状と今後の展望
EUの調査による、ヨーロッパの15〜24歳のメディア対応率
米国のGAOが2001年11月8日に公開したオリンピック計画
米国のeTForecasts社が予測したPDAの未来シェア予測
イギリスの悲惨なWebサイトを紹介するFTSE 100's Weoful Websites
今では放映できなくなった美女を使ったタバコの広告を使ったアート
eTForestsによるPDAを利用した無線インターネット接続予測
RIM社の電子メール対応ポケベル「Black Berry」
GAOが2002年8月9日に公開したインターネット上のタバコ販売に関するレポート
PIPが公開した米国の大学生が利用する生活でのインターネット・レポート
米国のタバコに関する隣接事業報告書
GAOが2003年7月2日に公開したタバコの輸出に関する情報
Illustrirte Zeitung1846年9月19日号に掲載された8月14日にトスカーナで起こった地震-1
Illustrirte Zeitung1846年9月19日号に掲載された8月14日にトスカーナで起こった地震-2

地球科学関連のURL
GSM
フレックス方式
言知Be
P×P
インターネット・ページ・サービス
ポケベル一体型携帯電話
インフォネクストC11
ロータス・ノーツ・ポケットベル・ゲートウェイR2
空気亜鉛電池
PAGE
メール転送ツール
きゃらメール
Beeper Lingo
インフォネクスト G31
VirtualPager
イリジウム計画
データ通信専用料金体系
NTT DoCoMo R&Dセンター
Ruputer
ウェアラブル・コンピュータ
AgentAction
通信衛星事故
ベルからメール
地震防災情報ネットワーク
IBM eNetwork/1
Europe★Star
RTTs
02・DO
携帯電話インターネット接続
ドコモ2010年ビジョン
オート・レスポンダー
FESTIA 2000
Sun StorEdge Instant Image
ES@SCHOOL
オリンピックとメディア
Land Warrior計画
ポケットベルが消えた日
echarpe communicante
SunTower構想
ビジョン・パッド・アイデンティファイア
太陽発電と風力発電に関するURL
防災関連のURL
スーツ型コンピュータ
モバイル・キックボード
CLIMVIS
衛星データ配信サービス事業
特定交通情報提供事業
EarthLink Airmanager
BlackBerry
PowerMizer
WatchPad
電子チケット
FlexTicket
bodynet
地盤データ統一
Multi-University Research Laboratory
聯通新IT
AidMatrix
IRiS(Vayusphere Instant Response Server)
リモート・コンストラクション
@6
モバイル電子チケット・会員証サービス基盤
クイックキャスト
02・DO
クイックドゥ
クイックケー
クイックジー
るすベル
メッセージ再送サービス
ベルからメール
親子ベル
えらベルマルチ
地球温暖化問題
地球温暖化問題/2004年
地球温暖化問題/2005年
地球温暖化問題/2006年
地球温暖化問題/2007年
地球温暖化問題に関するURL
地球科学と気象関連のURL
Globe Eye
GEF(Global Environment Facility)
VMDT(Video Mobile Data Terminal)
防災情報提供センター
UNEP(United Nations Environment Programme)
ESMF(Earth System Modeling Facility)
レインボー・セル
津波計
ロハス