「ボン宣言」の概要の日本語訳


堀之内久男郵政相(当時)が「グローバルな情報ネットワークに関する欧州閣僚会合」に参加するためにドイツまで出かけた外遊報告には、何に合意したかという報告がなかった「ボン宣言」の概要の日本語訳です。「ボン宣言」のサイトでは、日本語以外は参加各国が母国語でその合意内容を全文公開していました。

>> さらに詳細な情報はこちら


1998年と1999年の中小企業のインターネット利用方法比較
中小企業のインターネットへの影響
インターネットユーザーのオンライン金融の利用率
1998〜1999年におけるインターネットの経済的重点
米国におけるビジネスで必要になるため、勉強する分野の比較
米国の中小企業がインターネットを使う時代の流れ
米国の中小企業がインターネットを使う目的
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
米国の小規模企業が利用するインターネット・サイト
小規模企業と中小企業、大企業が取ったe-Commerceの契約数の伸び
2000年になって登場したオンライン・ビジネス
2000年5月〜6月のオンライン・ショップの数と売り上げの伸び
オンライン・ショップで衣類を購入する理由
オンライン・ショップの衣類購入トラブルの原因
世界のオンライン・ショップ利用目的の割合分布
国別オンライン・ショップ利用率ランキング
テネシー大学のDonald Bruce助教授の1979〜2003年個人税収計算
E-Commerceによる価格と税収の変化
E-Commerceの発達による税収の変化
オンライン・ショップ・リピーターの意識
イギリスのNCCが発表したオンライン・ショップの拒否原因
米国のインターネットを使う子供と、使わない子供の比較
子供達がよく使うソフト
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
E-Commerceの形態と経験年数の比較
米国の学校に接続されたインターネットの数と利用環境
親と学生による教育に必要な要素比較
世界における1999年と2000年年末のオンライン小売り予測
米国の年齢別インターネットユーザーの利用時間
米国の13〜24歳がオンラインで購入する商品の傾向
NCLのプライバシー問題報告
米国における8〜12歳の子供とインターネット
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
米国サイトで海外から購入する国々の比率
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
AmExの2000年オンライン購入者の傾向
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
TeleGeography社の世界の情報通信マップ案内ページ
Modalis Research Technologiesの中小企業調査報告
E-Mailと著作権
米国の電子メール市場動向
オンラインで支払う不安と問題
MSNBCが2001年6月に調査したオンライン上で有害といわれるサイトへの反応
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
Pew Internet & American Life ProjectのThe Internet and Educationレポート2001/09/01
e-Learningとして利用されているツールや状況
GAOが2002年2月1日に公開したJim Giboonsによる「School Dropouts」
日本政府が制定した新しい情報流通ルールと米国のFOIAの比較
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
オランダのDr.Jan GrijpinkとDr Corien Prinsが公開した匿名電子情報交換の新ルール
米国警察による1992-2000の犯罪報告
第58回国連総会第3委員会 議題117(b)及び議題117(c)関する原口国連常駐代表演説(仮訳)
世界人権宣言の55周年日本政府国連代表部小澤敏朗大使ステートメント
戦略的な国際標準化の推進に関する提言(概要)
戦略的な国際標準化の推進に関する提言
NCESがまとめた教師追跡調査結果2000-01
外務省が2005年5月10日に公開した、地球規模問題に関する意識調査

Global Information Network Minister Conference Bonn
「ボン宣言」-1
「ボン宣言」-2
「ボン宣言」-3
「ボン宣言」-4
「ボン宣言」-5
「ボン宣言」-6
インターネット上の情報流通ルール
情報流通ルール-1/はじめに
情報流通ルール-2/必要性
情報流通ルール-3/議論の状況
情報流通ルール-4/イギリス
情報流通ルール-5/ドイツ
情報流通ルール-6/フランス
情報流通ルール-7/オーストラリア
情報流通ルール-8/シンガポール
情報流通ルール-9/EU
情報流通ルール-10/OECD
情報流通ルール-11/APEC
情報流通ルール-12/自己責任の原則
情報流通ルール-13/情報発信への対応
情報流通ルール-14/プロバイダーの責任
情報流通ルール-15/発信者情報の開示
情報流通ルール-16/受信者の選択を可能とする技術的手段
情報流通ルール-17/事後的措置
情報流通ルール-18/脚注1〜25
情報流通ルール-19/まとめ
情報流通ルールに関する意見募集(終了)
リンク 猥褻物陳列罪 プロバイダの責任
情報通信サミット
富山県立近代美術館裁判
警察の組織犯罪を告発するネットワーク
教育の情報化
教育の情報化(本文)-1
教育の情報化(本文)-2
教育の情報化(本文)-3
教育の情報化(本文)-4
電子メールと著作権法
ネット文化
e-learning
DSL(Design Science License)
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
Creative Commons
2001年9月11日以降の世界のデータ規制
中国インターネット・アクセス規制チェック
NIFL(National Institute for Literacy)
自由利用マーク
EYEマーク
CATaC(Cultural Attitudes towards Technology and Communications)
マニフェスト
オンライン・コンテンツ
Digital Cultural Institutions Project
毎日jp
MSN産経ニュース
ANY