本、文字、印刷などに関する貴重な情報/2007年


スウェーデンで1645年から発行されてきたPoIT(Post- och Inrikes Tidningar/Post and Domestic Newspapers)が2007年1月1日で廃刊したと報告しました。ただし、スウェーデン議会法令に従い、これから先はオンラインだけで利用可能になります。PoITは、クリスティーナ女王(Queen Kristina)と彼女のアドバイザーであった(Axel Oxenstierna)がスウェーデンの見解から外国の出来事を覆うため、1645年に創刊しました。18世紀の終わりにGustaf IIIは、スウェーデン・アカデミーとして新聞「PoIT」の発行支援を与え、その原則は現在もスウェーデン・アカデミー事務次官ホラティウス・エングダール(Horace Engdahl)によって固守し、PoITは「官庁機関誌」という立場になりました。

>> さらに詳細な情報はこちら