街角無線インターネット

公衆エリアにおける無線インターネット接続

モバイルインターネットサービス(MIS)が世界で初めて2001年6月7日に発表した、屋外移動中にも利用可能なハンドオーバー性能(モビリティ)と、ユーザー認証(セキュリティ)を兼ね備えた独自のIEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers,Inc/IE3/I triple E/電気通信技術者協会/電気電子学会) 802.11b、 最大11Mbpsを確立した技術の名称。障害が生じた場合はインターネット本来の経路制御機構で迂回し、負荷の集中や障害への耐性があるということである。モバイルインターネットサービスは、無線基地局は独自ネットワークを持たずに、インターネットと専用線接続するため、イニシャル、ランニングともに非常に低いコストで実現している。各種の実証実験はすでに2001年3月末から4月にかけて福岡で成功し、2001年5月末より渋谷、三軒茶屋などの都内数箇所でスタートし、2001年6月下旬よりオフィス街などへ地域を拡張すると同時に、数1000人規模の機器貸与を含む無料モニターの公募など都内数箇所で実施する。すでにCATVは多くのコンバーターが町中にあることから、街角無線インターネットと協業することが望まれている。無線通信規格であるIEEE 802.11xの虚弱なセキュリティを利用したサイバー戦争が起こる可能性をRich Santalesaが「The War Over 802.11x Security」というタイトルで2001年7月10日にZDNETで報道した。2001年8月13日にMISは、第1次モニタに選ばれたユーザーと街角無線インターネットの実証実験を三軒茶屋1 2丁目、太子堂2丁目と4丁目の1部で開始し、さらに第2次ミニターの募集を開始した。詳細情報はURL(http://www.miserv.net/miserv/news/20010813_1.html)で知ることができる。空港、ホテル、カフェ、コンベンション・センターなどで「WPANs」を提供している米国のBoingo Wirelessは2002年11月14日に、「プロファイル・マネジャ」機能を使って、さまざまな無線LANネットワークの設定を保存して、PDAから802.11bネットワークに簡単に接続できるソフト「Pocket Boingo」を発表した。 詳細情報はURL(http://www.boingo.com/pr/pr24.html)で知ることができる。メルコは2003年7月28日に、岐阜県のの道の駅「白川郷(国道156号線 岐阜県大野郡白川村大字飯島411)」 、道の駅「明宝(国道472号線 岐阜県郡上郡明宝村大谷1015)」、道の駅「平成(主要地方道関金山線 岐阜県武儀郡武儀町下之保2503-2)」、道の駅「クレール平田(主要地方道北方多度線 岐阜県海津郡平田町野寺2357-2)」の4ヵ所で提供される公衆無線LANサービスに、FREESPOT協議会が推進する「FREESPOT」が採用されたと発表した。詳細情報はURL(http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/new/2003/035_1.html)まで知ることができる。また、Wi-Fiがどこで利用できるか国別、州別、市町村別、ネットワーク名などを指定すると検索できるサイト「Wi-Fi411」も登場した。詳細情報はURL(http://www.wifi411.com/)で知ることができる。米国国防総省(DOD/Department Of Defence)が、ファーストクラスとビジネスクラスの旅行カードに差を付け、コントロールの内容が異なる方式を採用していることについてレポートして、米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)が2003年11月6日に、「Travel Cards: Internal Control Weaknesses at DOD Led to Improper Use of First and Business Class Travel. GAO-04-88」を報告した。また、Gregory D, Kutzの実証実験結果報告「Travel Cards: Internal Control Weaknesses at DOD Led to Improper Use of First and Business Class Travel, by Gregory D, Kutz, director, financial management and assurance, before the Permanent Subcommittee on Investigations, Senate Committee on Governmental Affairs. GAO-04-229T」も公開された。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-88)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-229T)で知ることができる。NTT-MEとNTT東日本東京支店は2003年12月4日に、羽田空港「ビッグバード」で大規模公衆無線LANシステムを構築し、NTT-MEの「ネオモバイル」のプラットフォームを利用したした公衆無線LANインターネット接続サービスを2003年12月8日から開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.ntt-me.co.jp/news/news2003/nws031204.htm)で知ることができる。経済産業省商務情報政策局情報セキュリティ政策室は2004年4月12日に、社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が策定し2003年8月に無線LANのセキュリティ啓発に関してパソコン・無線LANの機器メーカ等が遵守すべきガイドラインを、さらに簡単・確実なセキュリティ設定の実施に向けて改定したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0005134/)で知ることができる。米国のハイテク市場調査会社In-Stat.は2005年7月5日に、これから数年は携帯電話会社の苦しい状態が続くが、携帯電話基地局は2004年の180万から2009年には350万へと倍増すると報告した。今後大きな問題になるのは、必要な容量の新技術、基地局アップグレード、増加、どの技術を基地局に持たせるかといった競争時代が到来し、大きな携帯電話市場の揺れが起こり、さらにインフラ設備の価格は低下し続け、設備の効率が増加し、より少ない設備で多くの加入者を扱うことができるかも大きな問題になり、基地局効率の増加は加入者の絶えず増加する数について行くことができなくなると予測している。ただし、これは現状のようなそれぞれの技術によって基地局を構築するという旧来の無線基地局構築思想のままであり、基地局の複数技術共有という考え方が登場することで大きく変わってくるはずである。詳細情報はURL(http://www.instat.com/press.asp?ID=1388&sku=IN0502119GW)で知ることができる。米国のMAP(Media Access Project)は2006年1月30日に「MAP Files Comments in Massport/Continental Airlines OTARD Proceeding」を公開し、「ラストワンマイル」の権利を空港が取得するのか、それとも航空会社が管理するのかという巨大空港とコンチネンタル航空(Continental Airlines)の攻防がつばぜり合いを開始したと報告した。航空機内でインターネット接続ができるようになり、空港に降り立ったとき、設定を変えるなどという面倒なことがないようにシームレスな環境を提供してくれるなら、ユーザーとしてはどこが管理しても問題はないといえる。詳細情報はURL(http://www.mediaaccess.org/)で知ることができる。


街角無線インターネットの概略
MISの事業計画
2001年10月31日の近畿地方のケーブルテレビインターネットの現状
eTForestsによるPDAを利用した無線インターネット接続予測
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
ファーストクラスとビジネスクラスの旅行カードとコントロールの差
Gregory D, Kutzの実証実験結果報告
羽田空港「ビッグバード」の無線LANサービス・エリア
NTIAの3650-3700MHz帯域を無線ブロードバンドで利用意見一般募集
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載されたStrassburg駅-1
Strassburg駅-2
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載された1845年11月30日のLondonの鉄道計画局前
利権を求めて集まった鉄道関係者
鉄道計画会議
鉄道計画室
鉄道企画室で図面を奪いあう関係者
Illustrirte Zeitung1846年4月11日号に掲載された北ドイツの鉄道信号サイン
鉄道手信号
鉄道信号操作風景
Telegraphで指示された鉄道信号
Telegraphの指示で信号を動かす鉄道員
鉄道緊急停止
Illustrirte Zeitung1847年3月6日号に掲載された列車事故防御服
米国北東部を走るAmtrakのIntercity乗客安全管理に関するレポート
輸送システムにおけるセキュリティ確保規制広報活動に関するCORRESPONDENCE
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphの海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphのGrinez Klippe海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDover側のTelegraphターミナル
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDoverとGalais間のTelegraph出力器
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph印字機
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph解読印刷機
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegrapheテープ
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegraphで書かれた絵と文字
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-1
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-2
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-3
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-4
Illustrirte Zeitung1851年11月29日に掲載された大西洋横断海底ケーブル敷設計画
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車のブレーキ・テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車の重量測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された車輪間隔測量
Illustrirte Zeitung1851年12月16日に掲載された枕木テスト測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された列車の昇降テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたBavaria汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたSeraing汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたVindobona汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたWieenerNeustadt汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたドーバー海峡トンネル計画図
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-1
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-2
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-3
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版概要
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版
総務省が2004年4月26日に公開した無線LANのセキュリティ・ガイドライン概要
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン資料
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたベルギーでの海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたSpezziaとCorsicaの地中海海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機温度表示器
Illustrirte Zeitung1856年3月8日に掲載された急行汽車
列車方向転換装置
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載されたミュンヘンのカフェ
Illustrirte Zeitung1856年6月14日に公開されたポツダム橋列車落下事故
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言