まるde専用線


NTT西日本が、フレッツ・ISDNやADSL接続サービス、携帯IP接続サービス(iモード等)等のインターネット・アクセスサービスの多様化にあわせ、これらの公衆サービスを利用しながら専用線のようなセキュリティを確保したイントラネットやエクストラネットが構築できるパッケージ商品群として2000年9月18日に発表したシリーズの名称。そのラインアップの1つとして携帯IP接続サービス端末からイントラネットへアクセスし、電子メールやスケジュール管理、施設予約等のグループウェアが利用できる「モバイル・イントラネット(TypeA/TypeB/TypeC)」を発売した。詳細情報はURL(http://www.ntt-west.co.jp/news/0009/000918.html)で知ることができる。DSL Forumが2004年3月2日に2003年の世界DSLユーザー情報「2003 Global DSL Subscriber Chart」を発表し、日本や米国などの市場をかわし、中国が1095万人となり、世界最大のDSLブロードバンド市場になったと報告した。2位は日本で1027万人、3位は米国で912万人、4位は韓国で643万人であった。
詳細情報はURL(http://www.dslforum.org/PressRoom/2003_GlobalDSLChart_3.2.2004.pdf)で知ることができる。