マイクロターゲティング

Political microtargeting>>Microtargeting>>SilentMarketing


政党や選挙キャンペーンで、現状や傾向を図示する複数のチャート図を参照し、有権者の行動を予測できるデータ・マイニング技術の総称。
1992年にカリフォルニア州で使用され、その後2002年にAlexander P. Gageが実践的なPolitical microtargetingツールを開発し、バージニア州AlexandriaにあるTPC(TargetPoint Consulting)社を2003年に創設した。2004年の大統領選では全国レベルで使用が始まった。詳細情報はURL(http://www.targetpointconsulting.com/)で知ることができる。
米国の大統領予備選では、各州の有権者データベースや人口調査資料といったさまざまなソースから情報を取得し、InfoUSAおよびExperianなどの企業が提供するマーケティングデータと組み合わせて、所定地域における有権者の基本像を浮かび上がらせる「マイクロ・ターゲティング」を使い、データマイニングおよび予測分析ツールを独自開発したアルゴリズムと併用して、自陣に引き入れられる可能性の最も高い無党派層に近づく最良の方法を模索するなど、情報戦が展開された。
政治キャンペーンでは、有権者個人の郵便番号や基礎資料を基にして、国勢調査区のデータなど、特定の地域に居住している有権者の収入、年齢、所属業界といった無数のデータポイントを取得して、ブルーカラー人口とホワイトカラー人口の数、労働者の通勤時間、農村部居住者と都市部居住者の比率、出身地などを把握して、できるだけ多くの有権者意識調査をして、有権者個人のバックグラウンドを知り、データ入力の完了後、アルゴリズムを用いて多種多様なシナリオをモデル化して、教育、医療ケア、移民、経済などの諸問題に関して、どのようなメッセージを発信すればよいのかを検討した。詳細情報はURL(http://www.sourcewatch.org/index.php?title=Political_microtargeting)または、URL(http://www.politicsandtechnology.com/2006/08/the_new_wave_in.html)または、URL(http://www.wpp.com/NR/rdonlyres/4D3A7EB2-9340-4A8D-A435-FDA01DD134D0/0/PSB_SilentMarketing_Mar07.pdf)で知ることができる。

The core process for micro-targeting entails:
1. Inventory available relevant data sets for the target population and determine costs; identify which variables will most likely predict purchase or voting behavior
2. Develop psychographic segmentation model to understand what drives behaviors in the target population
3. Using the psychographic model, create a range of feasible messages and offers (feasible are ones a company or political candidate can reasonably claim and deliver) a strategic message / offer matrix
4. Create message and offer mock-ups
5. Test vs. competing messages and offers
6. Develop an algorithm that assigns each individual to a segment and predicts how likely each person in the target population will be to vote or purchase based on what message and offer combination they could be shown
7. Create influencer model (who and how much various people, organizations and media influence the decision maker) and develop marketing communications mix strategy - typically a combination of targeted media direct mail, Internet, targeted events, and PR
8. Develop final concepts and test vs. competitors
9. Finalize benefits and costs
10.Field micro-targeting campaign by delivering the optimal message, proof points and offer to each individual using techniques such as direct mail event invitations, call center scripts, PR and internet ads
11.Track impact and update as needed

New York Timesは2008年3月12日に、Kate Phillipsのコラムを紹介し、オハイオで起こった民主党のオバマとクリントンが展開したテレビ広告の分析は、いくつかの教訓になるかもしれなかったと報告した。
民主党によるオハイオ州のテレビ広告はUS$800万が費やされ、その15%は労働組合と新しい527の組織のようなグループから提供された。
TNS Media Intelligence Campaign Media Analysis GroupによるWisconsin Advertising Projectによると、ヒラリー・ロダム・クリントンは約6,000あまりのスポット広告でUS$230万を投入し、オバマ上院議員の広告費は約 10,000あまりのスポット広告でUS$440万を投入して、倍近くになった。
ヒラリーンの広告が、オバマより多くの広告をしたのは、オハイオの都市部ヤングスタウンだけであった。
しかし、オハイオの結果はヒラリーが54%(121万2362票)で、オバマが44%(982,489)であった。
これは、ヒラリー戦略の勝利といえると報告している。
さらに、広告だけではない別の要素もあったと分析している。
オバマは11連勝した後で、オハイオはオバマが2008年の大統領候補者選挙で初めて、団結した連合例えば、サービス従業員国際組合と国際食品商業労働組合などがUS$100万を費やし、US$何百万も投入した最初の州の1つであったと報告している。
また、クリントンはオハイオで、最近作られ、テキサスで彼女を助けたAmerican Leadership Projectによる527組織が、彼女の広告のためにUS$8万ドルを融資した。
また、広告の内容も大きく影響し、2人の候補は大きい仕事の意味で決闘し、クリントンははるかに批判的になっていた。
Wisconsin Advertising Projectの分析によれば、Naftaへの言及広告は、オバマが1,108であったのに対し、クリントンは1,190であった。
さらに、クリントンの広告で1/5以上が否定的内容を含んでいたと指摘し、オバマは否定的内容が5%以下だった。
また、クリントンの「3 a.m. phone call(午前3時の電話)」という広告は、テキサスだけで放送され、オハイオでは放送されなかった。オハイオでは、全国的に注意を引きつけたテキスト広告だけであったとも報告している。
テレビ広告は金額ではなく、分析結果による作戦上の展開が重要であるという最も忘れ難い広告戦略の勝利であったと報告している。
ますます、これからの選挙は、政党や選挙キャンペーンで、現状や傾向を図示する複数のチャート図を参照し、有権者の行動を予測できるデータ・マイニング技術の「マイクロターゲティング(Political microtargeting)」の重要性が求められる時代になった。
つまり、政治能力より、いかにデータベースを構築し、そのデータベースを分析する能力データ・マイニングの時代になった。
まさにデータベースから構築されたマッピングデータから、詳細な演説内容から仕草、広告作戦までを展開する選挙時代になった。
選挙のリモート・センシング時代の到来である。
衛星画像分析技術をマッピングデータに置き換えることで、選挙に勝つ時代になった。
恐ろしい時代に突入した!
候補者の人望や思想ではなく、彼らをいかにロボット化し、データ通りに操作管理するかと言うことである。
これは、これからの広告作戦でもある。
日本ではそのころ、武部さんが、「おててつないで」を岐阜で歌っていた!
この人が前回の郵政衆議院選挙で、自民党の選挙対策委員長であった。詳細情報はURL(http://thecaucus.blogs.nytimes.com/2008/03/12/the-ohio-ad-wars/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9115)で知ることができる。選挙マッピング分析は、URL(http://theelectoralmap.com/2007/11/)にある。