ミッキーマウス保護法

CTEA>>Copyright Term Extension Act>>muscular Mickey Mouse

著作権延長法

CTEA(Copyright Term Extension Act)法案は、一部の裁判官は延長を認めれば、公衆の利益を阻害する懸念があると反対意見を出したが、歴史の短い米国で最大の文化財産であるミッキーマウスの著作権が切れる2006年の前に、最高裁判所が合憲と認めたことから、一部では最高裁判所がミッキーマウスを守るために強引に決定したと言う人までいたことから登場した比喩。
最近では、ハリウッドの著作権を守るために、ハリウッドに非合法なクラッキングを許可する法案「Hollywood Hacking Bill」まで登場している。これは一種のユニラテラリズムともいえる。
カナダの著作権委員会CBC(Copyright Boad Canad)は2003年12月12日に「Copyright Board Freezes Private Copying Levies for 2003 and 2004」を公開し、P2Pネットワークから著作権のある音楽をダウンロードするのはカナダの法律では合法とする判断を示した。ただし、アップロードは禁止で、Apple社のiPodのようなMP3プレーヤーをオーディオテープや空のCDと同じカテゴリーに分類し、最大US$25の税金を課すと定めた。詳細情報はURL(http://www.cb-cda.gc.ca/new-e.html)または、URL(http://www.cb-cda.gc.ca/news/c20032004nr-e.html)または、URL(http://www.cb-cda.gc.ca/news/c20032004fs-e.html)または、URL(http://www.cb-cda.gc.ca/news/c20032004list-e.html)で知ることができる。
日本文藝家協会、日本脚本家連盟、日本シナリオ作家協会、日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、日本漫画家協会、日本美術家連盟、日本美術著作権連合、日本写真著作権協会、日本写真家ユニオン、日本音楽作家団体協議会、日本音楽著作権協会(JASRAC)、音楽出版社協会、日本芸能実演家団体協議会、日本レコード協会、日本歌手協会の16団体は2006年9月22日に、著作権の保護期間を現在の「死後50年」から「死後70年」に延長することを求める共同声明を発表した。日本文藝家協会の三田誠広副理事長は、「欧米諸国などほとんどの先進国は著作権の保護期間を著作者の死後70年までとしており、日本もこうした動きに足並みを揃える必要がある」と共同声明の趣旨を説明した。
欧米に習うというのであるなら、当然「公的使用」も同様に導入することをいうべきで、これでは自己中心的な意見といえ、同時に70年になった場合は、著作物の権利が孫の代まで続くことになり、子孫の労働意欲にも影響し、不健康な精神の子孫を作り上げる可能性もあり、その点も検討に含まれることだろう。
PAIDCONTENT.ORGは2006年5月16日に、イギリスの著作権の内容が古すぎると社会問題化していると報告している。この問題はイギリスだけではなく、米国でも問題視されている。
つまり、16団体が欧米の著作権を前例にする前に、本来の著作権に対する考え方を明確にして検討しなければ、時代錯誤で自己欲だけの要求と言うことになり、意味をなさなくなる。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/author/rali/)または、URL(http://www.ncc.org.uk/cgi-bin/kmdb10.cgi/-load783797_nccviewcurrent.htm)または、URL(http://www.freelanceuk.com/news/1694.shtml)または、URL(http://www.out-law.com/page-6919)で知ることができる。
ABC Newsは2007年5月9日に、2007年5月8日に報告した偽ミッキーマウスを使った子供向け米国やイスラエル攻撃放送をパレスチナ情報大臣Mahmoud Abbasが中止したと発表したことを報告した。パレスチナ情報大臣Mahmoud Abbasは、今回のピッチの高い声に伴うキャラクタの巨大な白黒の齧歯動物(the character a giant black-and-white rodent with a high-pitched voice represented)を使ったのは、誤ったアプローチであったと報告した。あくまでもミッキーマウスとは認めていない!その番組は、省の要求によってハマス系列のAl Aqsa TVから、「placed under review(レビュー中に置かれた)」と言った。米国とイスラエルは、金曜日に放送された「Tomorrow's Pioneers(明日のパイオニア)」という番組に登場したキャラクター「Farfour」または、「butterfly(蝶)」は、紛れもなくディズニーキャラクターのコピーであると訴えた。その番組は、ハマスのライバルで過激派と共にパレスチナ政府で権力を共有すマフムード・アッバス(Mahmoud Abbas)パレスチナ大統領と、ハマスの両方と提携している独立企業のPalestinian Broadcasting Corp.にも反対されたと報告してる。考えると、ミッキーマウスは凄い権力者で、世界の著作権を変更させた「ミッキーマウス保護法」、今度は過激なハマスの口まで封じたことになった。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=3156835)または、URL(http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=3152692)または、URL(http://fr.kingofsat.net/freqs.php?&pos=68.5E&standard=All&ordre=freq&filtre=no&aff=zap)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=6077)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=6085)で知ることができる。
International Herald Tribuneは2008年2月14日に、パフォーマーが晩年に失敗することを防ぐ目的で、EU(ヨーロッパ連合/European Union)が歌手とミュージシャンの著作権保護を現在の50年から、95年拡大することを計画していると報告した。
この提案は国内市場委員のCharlie McCreevyから出され、50年の著作権保護では、より長い平均余命と共に保証された生涯所得をアーティストに与えなかったと言った。
しかし、その分野ではすでにヨーロッパでロイヤリティ支払いへの資格が、著作権保護で70年間の資格がある。またそれは米国や作曲家、パフォーマーにまで影響する。
EU政府と欧州議会から承認を必要とする提案は、クリフ・リチャード(Cliff Richard)、チャールズ・アズナヴール(Charles Aznavour)のような著名人だけではなく、セッションと、あまり知られていないミュージシャンのためになるように設計されていると、McCreevyは言っている。
EC(European Commission/欧州委員会)が指導した調査では、多くのヨーロッパ・パフォーマーや歌手が、早めの20歳ごろから歌い始めていることを示したと言っている。
彼らは17歳から、バンドのメンバーではなく、セッション・ミュージシャンとして、しばしば働き始めていた。
著作権保護が終わったとき、彼らはは70代である。
この提案は、音楽産業によって広く歓迎された。
問題は、この著作権保護で稼ぎ出すのは、歌手とミュージシャン以外の著作権管理団体だったりすることで、さらにその子供が働かなくても親の著作権で収入を得て、先日来続く、働かない子供の麻薬問題など、生活が荒れたときの責任をこのような提案者が持つというのだろうか?
例えば、歌手とミュージシャンが死亡したと同時に、著作権を放棄すると言うことで、さらにそれらの管理は民間の著作権管理団体ではなく、国税庁などが責任を明確にして実施することが望ましい。
さらに、他に拡大しないことを明確にすべきだろう。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2008/02/14/business/copy.php?WT.mc_id=newsalert)または、URL(http://ec.europa.eu/commission_barroso/mccreevy/index_en.htm)で知ることができる。
LA Times(Los Angeles Times/ロサンゼルス・タイムズ)は2008年8月22日に、「Disney's rights to young Mickey Mouse may be wrong(若いミッキーマウスへのディズニー権は間違っているかもしれない。)」を公開し、ミッキーが今秋に80歳になるとき、ショービジネスで最もいとしい齧歯動物は、広く国宝になると報告した。
しかし、彼は天才創造者ウォルト・ディズニー(Walt Disney)の法人相続人に所有され、錠とス株と彼のよる商標の耳になっている。
ブランドの専門家は、ウォルトディズニー帝国にとっての彼の値をUS$30億以上と計算している。
知的所有権の究極のシンボルをミッキーに作って、最高裁判所に挑戦し、拡大した長い著作権を国会制定法でかく得した。
ディズニー弁護士は「軽薄である」として考えを捨てたが、何人かの専門家がディズニーの長く開催された著作権を無効にすることができたと言う著作権クレームにおける不正確を明らかにした。
アメリカ大学のワシントン法科大学(American University's Washington College of Law)の著作権学者Peter Jaszi
ジョージ・ワシントン大学(George Washington University)の著作権専門家Roger Schechter
ピッツバーグ大学法律学校の副学部長Michael J. Madison
20年間の間にハリウッドの同じ1寝室のアパートに住んでいる元ディズニー研究者Gregory S. Brown
アリゾナ州立大学教授Dennis Karjala
ジョージタウン大学の法科学生(Georgetown University law student)Douglas Hedenkamp
などの意見を紹介している。詳細情報はURL(http://www.latimes.com/news/printedition/front/la-fi-mickey22-2008aug22,0,7474694.story)で知ることができる。
面白いのは、ミッキーが80歳になるなるにもかかわらず、誰もミッキーの80歳の姿を描けないという悲劇といえる。
永遠に若いままで死ねないミッキーは、もしかすると永遠に死ねないことで苦しんでいる中国のかぐや姫「嫦娥」に似ているのかもしれない。
不老不死の霊薬を盗んだ「嫦娥」を一種の妖怪という見方もあり、ミッキーも妖怪なのかもしれない。
確かに、金の亡者が裏で操られた妖怪ミッキーは、歴史の浅い米国の国宝にもっと似合うのかもしれない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10781)で知ることができる。