裸眼立体視ディスプレイ


特殊なメガネを使用しないで、立体テレビなど、3次元画像を立体的に表示できるディスプレイの総称。
日立製作所ではこれまで、画像を立体的に表示できるIP(Integral Photography)方式を動画用に拡張した、IV(Integral Videography)方式の開発を進めてきた。
高精細な液晶ディスプレイ上に多数の小さな凸レンズ(マイクロレンズアレイ)を載せた構造で、左右だけではなく、上下方向にも視差があることから、複数の人が多方向から同時に、特殊な眼鏡などを装着せずに自然な立体映像を観察することができる。
IV方式では、液晶ディスプレイ・パネル上の一つのマイクロレンズから60方向の光を出力し、立体映像を表示する。
このため、立体映像を表示させるには、60方向から3次元空間を撮影した60の視点をもつ映像が必要のため、これまでIV方式に表示するコンテンツは、事前に作成したCG映像に限られていた。
日立製作所は2008年6月2日に、国立大学法人東京大学大学院情報理工学系研究科の苗村健准教授と共同で、東京大学が開発した「可搬型カメラアレイシステム」と、日立が開発した「裸眼立体視ディスプレイ」を組み合わせ、64台のネットワーク・カメラで映像を撮影した映像を高速で処理し、特殊な眼鏡をかけずにかつライブで立体映像として見ることができるシステム「裸眼立体ライブ映像システム」を開発したと発表した。
縦・横8列に並べた64台のネットワークカメラで構成した移動式のシステムである「可搬型カメラアレイシステム」で撮影した映像を1本のギガビットEthernetケーブルで送信し、リアルタイムに60視点の映像に変換する。
被写体の表示位置や、どのくらい立体的に表示させるかも調整でき、一般的なPCでデータ処理が可能ということである。
日立が開発した「裸眼立体視ディスプレイ」は、液晶ディスプレイに多数の小さな凸レンズを載せた「IV方式」と呼ばれる構造で、凸レンズから60方向の光を出力して立体映像を表示する仕組みで、複数の人が多方向から同時に立体映像を見ることができる。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2008/06/0602a.html)で知ることができる。
富士フイルムは2008年9月24日に、3Dデジタル映像システム「FUJIFILM FinePix Real 3D System」を開発し、このシステムを利用して立体映像を裸眼で楽しめる「3Dデジタルカメラ」を2009年に製品化すると発表した。詳細情報はURL(http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0226.html)で知ることができる。