衛星用太陽電池


人工衛星のエネルギー確保に不可欠な電池で、そのほとんどが太陽エネルギーに依存しているが、日陰にはいると充電できなくなり、一部が日陰にはいるとその部分が60V以上の高電圧が逆方向に発生し、発生電圧が落ちたり、発熱して機能が劣化するといった事故が発生したため、ダイオードを接続し、逆電圧を迂回させるように回路を設計しています。

>> さらに詳細な情報はこちら