結晶コンピュータ・チップ

Crystal computer chip


化学的に分子構造が変化する性質を持った液晶の構造を利用したコンピュータ用チップで、カリフォルニア州立工科大学ロサンゼルス校の研究者と米国のヒューレット・パッカード社のパロアルトにあるPhil Kuekesらのグループが共同で、液晶の分子構造が変化する性質を利用した分子コンピュータの開発をしています。

>> さらに詳細な情報はこちら


1970年頃に理化学研究所で開発されていた液晶
フロント式液晶投写型ディスプレイ
液晶ディスプレイの基本原理
STNカラー液晶ディスプレイの構造
TFT式カラー液晶表示装置
TFT式LCD
液晶ディスプレイ開発の歴史
液晶の分子配列の模型
CGSを利用したTFT液晶パネル
CGS液晶パネルの構造
CGSを利用した60インチ・ハイビジョン液晶リア・プロジェクター
LSIの設計効率の歴史
Poyetが19世紀に考えた万能コンピュータThe Forget-Me-Not Computer
Boris Artybasheffが1966年に描いた自動人間
VSIの概念図
LSIの設計効率の歴史
半導体が支えるマルチメディアの世界
マイクロプロセッサーの発達史
BMDOとVIGILANTE projectが開発した3DANNプロセッサ
NASAのJPLが公開したTerraによるLos Angelsの画像
UCLA Surveying the Digital Future 2001
米国政府が2003年度として要求した国防予算と1999年の25カ国国防予算
GAOが公開した米国国防省のにおける無駄、無能、無効な仕事のプロセス例
GAOが公開し正当な予算とインフォメーション・システムの適切な向上
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2002
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたLouis Lacombe
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたBreslau王立化学研究所
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
NHTCUが公開した「NOP Survey 2005 - The Impact of Hi-Tech Crime on UK Business」