エコ・エコノミー

Eco-Economy

気候変動(climate change)と経済学(Economics)

経済中心主義で、その一部として環境問題を検討する時代から、環境問題が経済にまで影響することが明確になり、環境問題を中心に、その一部として経済問題を検討する時代になり始めたことから登場した「環境(ecology)」と「経済(economy)」という言葉の合成語。とくに環境変化によって起こる異常気象などにより、農作物の不作が、経済問題まで発生し、政情不安定の要素となり、2001年9月11日に米国で起こった同時多発テロ以降はテロの発生原因になることまで指摘され、イラクに攻め込んだ経済大国の米国が無理矢理テロを押さえ込もうとして、現実的にはイラク国民の反発を受け、解決できなくになっている。またインターネットの登場により、「共有」という考え方が浸透し始め、「共有」からきた「共存」という考えから、「エコ・エコノミー」という考え方が注目されるようになっている。ENS World Newsは2004年11月23日に、オーストラリアの研究者、環境機関、全国産業協会などが、過去の開発で廃棄された有害物質の排除と清掃を訴えて、オーストラリア産業、と安全で健康な環境の生成を開発するための構想を求めて調査した結果、有害物質が廃棄された地域は10万カ所に上ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/index.asp)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年1月23日に、国連によって任命された世界の19の国からの約1,360人の科学者と専門家により、4年以上の研究成果として、「Millennium Ecosystem Assessment(ミレニアム生態系査定)」の「Living Beyond Our Means」が公開され、世界の生態系の最初の主要なグローバル査定は、人間がどう地球の人生を可能にする生態系を誤用するかに関する厳格な警告の中に人類の楽観的な見解を提供したと報告した。ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)の湖沼学(limnology)の教授で研究者、「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」巻頭コメントの著者Steve Carpenterは、「安定したグローバルな衰退に似ているものにもかかわらず、これは希望の話です。私たちには、必要とするツールがあり、政治意志があるなら、私たちには、世界的規模でそれらを実行する能力がある。(Despite what looks like steady global decline, this is a story of hope, We have the tools we need. If we have the political will, we have the ability to implement them on a global scale.)」と解説している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2006/2006-01-23-10.asp)で知ることができる。「Millennium Ecosystem Assessment」はURL(http://www.millenniumassessment.org/en/index.aspx)にある。cellular-Newsは2007年4月27日に、Gartnerからの情報として地球規模のICT(Information and Communications Technology情報通信技術)は、航空機並みの2酸化炭素(CO2)を放出していると報告した。ガートナーのICTは責任は、使用中のPC、サーバー、冷却、固定電話、携帯電話、ローカル・エリア・ネットワーク(LAN)、オフィス・テレコミュニケーション、およびプリンタなどから放出される「CO2」は全体の2%にもなり、とくに大きな問題はPCと携帯電話であると指摘した。これまで地球温暖化問題では、なるべく話題にしようとしてこなかった「IT」と2酸化炭素(CO2)を放出問題に鋭く迫ってきた。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/23405.php)または、URL(http://www.gartner.com/it/page.jsp?id=503867)で知ることができる。
これまで企業中心に、気候変動を軽視してきた米国連邦政府のブッシュ政権であったが、米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年6月9日に、気候変動に対する経済学として専門家意見を紹介し、政策選択を提示したレポート「Climate Change: Expert Opinion on the Economics of Policy Options to Address Climate Change. GAO-08-605」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-605)で知ることができる。
パネリストは皆、議会が、地球温暖化ガス放出で価格を証明するのに市場ベースのメカニズムを使用すると考えるべきであるのに同意し、低エミッション技術の研究開発への投資など、18人のパネリストのうちの14人はポートフォリオの一部としての追加動作として、気候変動を記述することを勧めたと報告している。
つまり、19世紀から続けられてきた産業革命の考え方であった生産性を中心とした世界から、企業の生産による利益より、それに対する地球温暖化ガス放出の価格が追い抜いてしまったことに気がつき始めた。
つまり、市場のメカニズムが、低エミッション技術の研究開発、地球に優しい技術開発の方が利益率が高いことが実証され始めている。
単純な大量生産技術で作った製品から得た利益では、そこから出てくる弊害処理の方が高額になってしまった。
このようなメカニズムを理解できなかったこれまでのブッシュ政権の愚かな行動が表面化してきている。
専門家は、18人のパネリストのうちの14人は、放出のトンあたりUS$1ドル未満とUS$20間で売り出し価格を推薦し、市場ベースのメカニズムの初期の逼迫について異なる意見をもっていた。
さらに、18人のパネリストのうちの14人は、それらの動作のお勧めポートフォリオの利益が、コストより重いのを少なくとも適度に確信していた。
放出で価格を証明するために、パネリストの大部分は税金とキャップ・アンド・トレード・プログラムの両方の特徴を取り入れる放出税金か、ハイブリッド方針のどちらかを選んだ。
税金はあらゆる放出トンに定価を設定し、キャップ・アンド・トレード・プログラムが、総排気量に制限するか、またはふたをしていて、特定の量の地球温暖化ガスを放つ取り引き(売買する)許可証の市場を確立して、キャップ・アンド・トレード・プログラムの下で、市場は放出の価格を決定する。
ハイブリッドシステムは、政府が放出にふたをするという点において、伝統的なキャップ・アンド・トレード・プログラムと異なっているが、許可証価格が予定されたレベルを超えて上昇するなら、追加放出に許可証を販売するかもしれない。
また、パネリストは利益の一般的なカテゴリを特定し、変化で破損を避けた気候、コストなどのように、エネルギー価格の増加などのように、お勧め動作に関連している。
全体的に見て、何人かのパネリストが制限として気候変動の将来の衝撃に関連している不明確なことを利益から、見積もっていることに引用して、委員会は利益の見積りより議会意志決定を知らせるのに役に立つコストとして見積りを評定した。
さらに、パネリストの大部分は、米国ができるだけ早く他国に同様の方針を採り、地球温暖化ガス放出で価格を確立するべきであることに同意した。
つまり、これまで地球温暖化ガス放出の価格と「0」と勘違いをしてきた。
同時にパネリストの大部分は、気候変動の国際交渉に参加することが、少なくともいくらか重要であると言った。
米国連邦政府であるブッシュ政権は、参加さえ拒否してきた。
パネリストは、気候変動を記述するための異なった方針の潜在的利益と、価格の重さがある際に議会の役に立つべき代替的政策アプローチの主要な長所と短所を特定した。
多くのパネリストが、税金と異なって、放出があるレベルを超えていないだろうという確実性を提供し、必要なレベルの地球温暖化ガス放出を達成することにおいて、キャップ・アンド・トレード・プログラムが、より効果的であると言った。
しかし、何人かのパネリストは、変動を売り出すときの放出の価格は、影響されないで、税金がキャップ・アンド・トレード・プログラムより費用対効果に優れていると言った。
したがって8人のパネリストは、税金とキャップ・アンド・トレード・プログラムの両方の特徴を取り入れるハイブリッド手法を推奨した
平均的に、パネリストは様々な政策選択を評価するために最も重要な評価基準として、費用効果を評定した。
最終的にパネリストは、市場原則による取り組みを使用する重要な強さが、政府による放出許可証の税金か販売で収入を上げ、方針の悪影響を相殺するのにその収入を使用する能力であると言った。
それはどうか、ここで前提になっているのが、放出があるレベルを超えていないとしているが、米国は確実に出遅れてしまった。
このギャップを埋め、同時に従来からの企業意識が、この数値を修正しようとするエネルギーとして放たれ、進化を遅らせ、悪影響を相殺する能力をそぎ取る。と予測した方が妥当ともいえる。
日本でも、多くの経済効果があると信じている自動車メーカー規制ができていない。
まだ、21世紀経済を自動車メーカーが担えると信じている。
この考えが根底にある限り、未来を冷静に見ているとは言い難い。
先日も未来の人間を取り上げた助産婦のドキュメント番組が放送され、その番組の合間に流された広告は、自動車メーカーとソフト・ドリンク、ビールのスポンサー広告で、広告規制対象にあげられているスポンサーでした。
この分裂気味の考えに、先は長いと感じざる負えなかった。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10009)で知ることができる。
NASAのJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory)は2008年10月9日に、地球の中間地域のジェット気流や気象システムのような地球の中間の対流圏での二酸化炭素の分布が、大規模な大気中の循環パターンによって強く影響を及ぼされたことが判ったと報告した。
また、二酸化炭素分布パターンは多くの人が住む北半球の陸地と、南半球の間で有意差があるのが判った。
南半球は海洋で主に二酸化炭素分布パターンをカバーしていた。
この地図は、2002年9月〜2008年7月までのNASAのAqua宇宙船に搭載されたAIRS(Atmospheric Infrared Sounder)によって集められたデータに基づいている。
機器科学の班長であるMoustafa Chahine、「研究機器が地球の大気の中で二酸化炭素の輸送過程のモデルを洗練するために科学者によって使用された。」
「これらのデータは時間がたつにつれて、二酸化炭素分布のグローバルな変化を得ることがます。」
「これらの変化は二酸化炭素がどこで作られ、格納されるかを決定するのに使用される4つの化学物質輸送モデルだけで表されていません。」と言っている。
Chahineは、地球の炭酸ガス・サイクルと気候を研究する今度の衛星任務と同様に、AIRSデータが存在の補足となると言って、二酸化炭素の地面と航空機測定値を計画していた。
新しい衛星任務に含まれているのは、2009年1月に着手するために計画されているNASAのOrbiting Carbon Observatoryがある。
科学者はAIRSとOrbiting Carbon Observatoryからの二酸化炭素データの組み合わせることで、地球の表面の下層大気における二酸化炭素の分配を決定できる。
彼は、「二酸化炭素を測定して、追跡するのは難しいです。」
「どんな場所も影響に免疫がありません。」
「多くの独立している測定値を取り、隠れて居る部分を導き出して、創造から格納まで進化を追跡するためにAIRSのデータを含んでいます。」と、言いました。
新しい地図は、北半球ジェット気流が北緯30〜40度のバンドで、南半球の二酸化炭素が高められ、濃縮を明らかにした。
これらの高められた集中は、北半球の中間地域で汚染が記録されたベルトに対応していた。
チームはこれを、西北大西洋上に暖かい大気中の「コンベヤベルト」が、東南米国から輸送された放出で検出された増加するレベルの二酸化炭素の結果と考えた。
これらのベルト中央、そして、上側の対流圏に地球の表面から二酸化炭素を持ち上げた。
北米、ヨーロッパから生じて、地図で表示したAIRSは地中海上空で二酸化炭素を高めた。
東アジアからの二酸化炭素が太平洋上空を流れたが、南アジアからの二酸化炭素は中東上空で終わった。
南半球では、二酸化炭素の高められた濃縮を含む中間対流圏の空気ベルトが南緯30〜40度で現れた。
この研究で使用される4つの化学輸送モデル・ベルトはこれまでに、見られたことがなかった。
研究者は、植物の呼吸などのように、合成燃料生産と発電に使用される山火事と施設と同様に、南米の高いアンデス山脈にわたるこのベルト状の空気の流れが地球の表面の主要なソースから二酸化炭素を剽窃すると言っている。
この持ち上がっている二酸化炭素の一部が、次に中間の対流圏まで運ばれて、急速に世界中に輸送される。
そこでは、中間の緯度ジェット気流で捕らえられるようになる。
Chahineは、「対流圏は公海に似ています。」 「1つの場所で作られ、ほかの場所に移動するでしょう。」と言った。詳細情報はURL(http://airs.jpl.nasa.gov/)または、URL(http://airs.jpl.nasa.gov/story_archive/Measuring_CO2_from_Space/)またアニメーションは、URL(http://svs.gsfc.nasa.gov/search/Animator/LoriPerkins.html)で知ることができる。
また、JPLの歴史研究家エリック・コンウェイ(Erik Conway)は、この出来事で系列の概観を提供している。詳細情報はURL(http://airs.jpl.nasa.gov/story_archive/Measuring_CO2_from_Space/History_CO2_Measurements)で知ることができる。
すべてが、地球は壊れ始めていることを証明し、かなり読み応えがある検証を提供している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11272)で知ることができる。
WWFは2008年10月29日に、「Living Planet Report(惑星の健康の主な評価)」の最新版を発行し、世界が地球が支えることができるように要求している。
世界のおよそ1/3の自然資本で生態の貸し渋りに向かっている。
レポートは、世界の人々の四分の三以上が現在、生態の債務者である国で生活していることを示した。そこでは、国家の消費が、彼らの国の生物学的容量を追い越したということである。
ただし、朗報はもし意志があるなら、私たちが私たちの幸福と生態系を保証している間、私たちの惑星の収入の中で暮らすことができるということを証明していることになる。詳細情報はURL(http://www.panda.org/news_facts/publications/living_planet_report/lpr_2008/index.cfm)また、レポート「Living Planet Report(惑星の健康の主な評価)」の最新版はURL(http://assets.panda.org/downloads/living_planet_report_2008.pdf)で知ることができる。


気候変動(climate change)と経済学(Economics)
エコロジカル・フットプリント
ローテク・ハイコンセプト・テロ
ローテク・ハイコンセプト・テロ-2
ローテク・ハイコンセプト・テロ-3
ローテク・ハイコンセプト・テロ-4
ローテク・ハイコンセプト・テロ-5
ローテク・ハイコンセプト・テロ-6
ローテク・ハイコンセプト・テロ-7
ローテク・ハイコンセプト・テロ-8
ローテク・ハイコンセプト・テロ-9
ローテク・ハイコンセプト・テロ-10
ローテク・ハイコンセプト・テロ-11
ユニラテラリズム
地球科学関連のURL
Kyoto Protocol
マルチメディアと地球環境
森林火災情報システム
PowerMizer
Green-eプログラム
EARTHDAY
循環型社会
EcoISD
地球温暖化問題
地球温暖化問題/2004年
地球温暖化問題/2005年
地球温暖化問題/2006年
地球温暖化問題/2007年
地球温暖化問題に関するURL
FSS(Financial Sous-Sherpa)
G7(Group of Seven)
G8(Group of Eight)
GEF(Global Environment Facility)
エントロピー
情報エントロピー
OPEC(Organization of Petroleum Exporting Countries)
マニフェスト
日本経済団体連合会
UNEP(United Nations Environment Programme)
UNDP(the United Nations Development Programme)
RoR(Recognition of Responsibility)
化学天気予報システム
ESMF(Earth System Modeling Facility)
SECOQC
米国同時多発テロ事件補足資料
Show the Flag!
GOVNET
ANDROS
対テロ特別法
2001年9月11日以降の世界のデータ規制
ハゲタカ・ファンド
ミッキーマウス保護法
CTEA(Copyright Term Extension Act)
Hollywood Hacking Bill
著作権保護とプライバシー保護
自由利用マーク
EYEマーク
ジェファーソンの著作権、特許権導入の悩み
PNAC(Project for the New American Century)
マニフェスト
Talon
IPマッカーシズム
CAN-SPAM Act
スパイウェア
This World: One Day of War
100万人のキャンドルナイト
発信元特定ソフト
Asymmetric Warfare
Advancing Knowledge and the Knowledge Economy
炭素万博 2005
CCB Standards
気候変動に対応するための長期的協力の行動に関する対話
ロハス
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス