エルビウム・ドープ・ファイバー増幅

Erbium dope amplification


イットリア鉱石から、モサンダー(C.G. Mosander)によって1843年に分離された、室温で常磁性がある灰色金属結晶で六法細密構造の元素エルビウムを液体化させて光ファイバーの潤滑剤として 利用し、0.98μmまたは1.48μmの励起光を用いてエネルギーを与え、1.5μm帯の信号光を増幅する技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら