エンジェル

angel

ベンチャー投資家

ベンチャー企業に投資をする個人投資家の総称。創業まもないベンチャー企業にとって、資金提供する個人投資家は天使のように感じることからエンジェルと呼ばれるようになった。ただし、投資に失敗する例も多く、また、税負担もベンチャー投資を阻害していることから、通産省(当時)は投資先の倒産や株売却損が発生した場合、ほかの所得との相殺や翌年度以降への繰り越しができるように、エンジェルへの税制上の支援策を1996年7月10日に発表した。米国では中小企業への投資で発生した損失をほかの所得と相殺できる制度を1958年に創設し、エンジェルの急増につなげている。ただし、企業のトンネル会社をベンチャー企業に見立てて、税金を逃れようとする企業も登場している。ベンチャー企業と投資家をお見合させるサイトとして、元起業家や弁護士、投資銀行家がメンバーになって資金需要が250,000 2,500,000$程度のベンチャーを対象にして始められたGarage.ComというURL(http://www.garage.com)がある。詳細情報はURL(http://www.garage.com/howToContactUs.shtml)で知ることができる。イギリスでは今後5年間でビジネスエンジェルと呼ばれる個人投資家を倍増させる目的で、イギリス貿易産業省(Department of Trade and Industry: DTI)が支援して、イギリスのの5大銀行のHSBC=Midland Bank、Lloyds TSB、National Westminster Bank、Barclays Bank、Royal Bank of Scotlandや会計事務所、法律事務所などにより、スタートアップ企業など金融支援を必要とする企業と、有望な投資先を探している個人投資家の双方を支援するために非営利団体としてNBAN&National Business Angels Network)が設立された。日本でも日本債権信用銀行が1998年8月末から開始したデジタルコンテンツファンドは、一時国有化や不良債権額の虚偽報告問題などで騒がれたが、マルチメディア・コンテンツ事業ではゲーム開発会社サクセスがソニーのプレイステーション向けに制作したゲーム・ソフト「SIMPLE1500シリーズ」で、麻雀や将棋、囲碁など合計7タイトルに8600万円を援助し、1500円という低価格で消費者に受け、1999年10月22日の発売以来、7タイトルの累計で106万本以上を販売し、最初の投資案件の資金回収率が200%を突破するなどの実績をあげ、銀行がこれまで実施してきた担保主義以外に、マルチメディア・コンテンツなどの新しいエンジェル思考が必要になってきている。キャルでは、中小企業向け「公的資金データベース」検索システムを公開していた。博報堂(博報堂と大広、読売広告社の3社は2002年12月2日、2003年秋の経営統合発表した)インタラクティブカンパニーは、小口でも志のある「プチ投資家」のためのインターネットサイト「Angel Cafe(エンジェルカフェ)」を2000年2月1日に開設した。詳細情報はURL(http://www.angelcafe.gr.jp)で知ることができる。経済産業省は2003年6月17日に、高齢者・障害者への配慮に係る標準化の進め方について(提言書)-ISO/IECガイド71と新しいルール作りに向けて-を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004153/)で知ることができる。経済産業省経済産業政策局新規産業室は2004年4月1日に、エンジェル税制の実績及び改正内容について発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0005095/)で知ることができる。経済産業政策局新規産業室は2004年5月10日に、個人投資家からベンチャー企業への投資を支援するための税制優遇措置である「エンジェル税制」が2004年4月1日からその要件や手続を大幅に緩和し、ハンズオン型ベンチャーファンド認定制度に基づいて認定を行うハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度を創設したと報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/0005204/index.html)で知ることができる。ニューヨーク市の元市長ジュリアーニ(Rudolph W. Giuliani)が経営するコンサルティング会社ジュリアーニ・パートナーズ(Giuliani Partners)社と米国大手投資会社セイジ・キャピタル・グロース社は共同で、日本のIT関連などの成長性に期待して、2004年5月17日にUS$30億基金を設立し、企業投資に乗り出した。詳細情報はURL(http://www.giulianipartners.com/)で知ることができる。経済産業政策局新規産業室は2004年8月12日に、ンジェル税制におけるハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度の認定を行うことを公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/press/0005490/index.html)で知ることができる。経済産業省は2004年12月28日に、「エンジェル税制におけるハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度の認定について」を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20041227007/20041227007.html)で知ることができる。経済産業省は2005年2月15日に、「エンジェル税制におけるハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度の認定について」を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20050214007/20050214007.html)で知ることができる。経済産業省は2005年10月5日に、個人投資家からベンチャー企業への投資を支援するための税制優遇措置であるエンジェル税制において、ベンチャー企業に対して積極的な指導を行うこと(ハンズオン)が確実と見込まれるベンチャーファンドとして、「GPP第1号投資事業有限責任組合」を認定したことを報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20051004003/20051004003.html)で知ることができる。


米国やイギリスのエンジェル優遇税制
1998年と1999年の中小企業のインターネット利用方法比較
中小企業のインターネットへの影響
インターネットユーザーのオンライン金融の利用率
米国におけるビジネスで必要になるため、勉強する分野の比較
米国の中小企業がインターネットを使う時代の流れ
米国の中小企業がインターネットを使う目的
米国の小規模企業が利用するインターネット・サイト
小規模企業と中小企業、大企業が取ったe-Commerceの契約数の伸び
テネシー大学のDonald Bruce助教授の1979〜2003年個人税収計算
E-Commerceによる価格と税収の変化
E-Commerceの発達による税収の変化
E-Commerceの形態と経験年数の比較
米国の年齢別インターネットユーザーの利用時間
米国のシニア・マーケット予測と、ほかの世代の比較
米国サイトで海外から購入する国々の比率
AmExの2000年オンライン購入者の傾向
企業サイトから判断する投資家の眼
Modalis Research Technologiesの中小企業調査報告
2000年7月と2001年7月のオンライン銀行利用の比較
総務省による情報公開法の施行後1年間の速報
米国エレクトリックシティ・マーケット動向情報調査報告書2002/05/24
1997年のIMF対日経済審査報告
1998年のIMF対日経済審査報告
1999年のIMF対日経済審査報告
2000年のIMF対日経済審査報告
2001年のIMF対日経済審査報告
2002年のIMF対日経済審査報告
高齢者・障害者に配慮した国際指針「ガイド71」のJIS規格の制定
高齢者・障害者への配慮に係る標準化の進め方について(提言書)概要
高齢者・障害者への配慮に係る標準化の進め方について(提言書)
米国のコインと流通、偽金製造セキュリティに関するレポート
PIP Seniors Online 2004
2004年4月1日に公開したエンジェル税制の実績及び改正内容
ハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度創設の報告
エンジェル税制におけるハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度の認定について-1
エンジェル税制におけるハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度の認定について-2
2005年2月15日のエンジェル税制におけるハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度の認定について
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載されたミュンヘンのカフェ
経済産業省が2005年10月5日に公開したエンジェル税制におけるハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度の認定報告

ETS
ベンチャーキャピタル
ワールド・テル
Java基金
IR
メトカルフェの予言
シニア・ネット
証券情報発信サイト
モデム・カウボーイ
電子ブローキング
先物パソコン・ホームトレード・システム
テクニカル・グル
メガ・メディア
EDGAR
アフリカ・ワン
マルチメディア投資信託
エンターテインメント・ソフトウェア・パブリッシング
インターネット・エクイティファイナンス
WebBroker
Stocknet
東証取引システムダウン
日本語Java
情報公開法要綱案
日本版ビッグバン
国際金融取引の環境整備
景気関連インフォメーション
IBS21
テレコム・ベンチャー投資事業組合
leafflog competition
情報スーパーエクスプレス構想懇談会
ドロッピーズ
全国デジタル・オープン・ネットワーク事業協同組合
先進技術型研究開発助成金制度
ベンチャーキャピタル
デジタル・ヒッピー
筑波塾
経済構造改革
ファブレス経営
エンターテインメント・ソフトウェア・パブリッシング
EEPC
Tradix
デジウッド
千歳Photonics Valley構想
インターネット起業情報
アジア・マニュファクチャリング・オンライン
ACTS
EDGAR
知的所有権担保融資
韓国の超高速情報通信網構想計画
アニモネットワークサークル
ゲームやろうぜ!!プロジェクト
AME
新産業創造データベース・センター
先物パソコン・ホームトレード・システム
Quicken Business CashFinder
データベース保護法案
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
エコマネー
NPO向けのクーポン
PFI
FOIA
Wild@Start
Solutionmax for Finance
ネットワーク・オブジェクトプラザ
J-NET
ToSTNeT
リモート・コントロール・ソフト
Motley Fool
ヘッジ・ファンド
情報操作
不良債権処理ディスクロージャーの日米比較
NTVP
SMB(Small and Medium Business)
情報公開法推進バケツリレーメール
IB
Venture Capital Lists
東京マルチメディアファンド
デジタルコンテンツファンド
ベビー・ビル
インターネット・インベスター
インキュベーター
IFA
東京エンジェルズ
コンピュータ技術者の定年
デイ・トレーディング
クロスエイジング・ウィーク
中小企業向け「公的資金データベース」検索システム
VAR(Value at Risk)
国際インキュベートセンター
銀行、証券、会計監査(Auditor)関連のURL
インデックス運用
インキュベーション・マネージャー
NSF helps grow Africa's internet
スタートアップ
Technological Entrepreneur
NPOデジタル情報産業振興会
リスクヘッジ
ACELINK WORLD
早稲田大学インキュベーション推進プロジェクト
コレクティブ・ハウジング
QDII(Qualified Domestic Institutional Investors)
シルバーハウジング
IMF(International Monetary Fund)
CFA(Computer for Africa)
アフリカのインターネット利用状況
WSSD(the United Nation World Summit on Sustainable Development)
ハゲタカ・ファンド
誤解を招く、単語の並べ方
IFS(International Financial Statistics)
ISO/IEC ガイド71
若者自立・挑戦プラン
電子債権法