衛星海洋インターネットサービス


JSATが2005年2月と日に開始すると発表した、2005年4月1日から海上の船舶からの通信衛星(Kuバンド)を使い、最大1Mbpsの高速インターネット接続や、船舶と会社を結ぶイントラネット構築を実現する実験サービスの仮称。この実験は2005年8月まで実施され、その後実用化する計画である。詳細情報はURL(http://www.jsat.net/release/20050210-1.html)で知ることができる。宇宙通信が提供する「海洋ブロードバンドサービス」が備えられ、海上でもWebやメールを閲覧できる日本最大の客船「飛鳥II」が2006年3月17日に横浜港から初クルーズに出航した。「飛鳥II」が利用するる「海洋ブロードバンドサービス」はファイル要求にインマルサットが利用され、大量ファイルや映像ストリームにはスーパーバードが利用される。詳細情報はURL(http://www.superbird.co.jp/news/2006press01.html)で知ることができる。客船「飛鳥II」についてはURL(http://www.asukacruise.co.jp/asuka2/news/news1.html)で知ることができる。