連画

Renga


平安時代に宮廷文化として流行った和歌の世界で、上の句と下の句を読み、次の人が下の句を上の句にして、それに下の句を付ける日本独特の連歌を、コンピュータ・グラフィックスの世界で通信と組み合わせることによって実現したアートです。

>> さらに詳細な情報はこちら